雷雨の中 Castello di Ama へ

2017年11月5日(日)・雨/最高気温16度

7時半起床。

今日の予定は9時に朝食。その後10時半に昨日から泊まっていた2人のお客と Castello di Ama というワイン醸造所・レストランに行くというものだった。

例によって出発は30分ほど遅れる。^^; かなりの勾配の道路を走ったのだが、途中から雨脚が強くなり、ワイパーを最速にしても前が見えづらいほど。そのうちに稲光が光り出しアラレ混じりの雨になった。トスカーナでもこんな天気があるんだと新鮮な感じ。

雨の中をようやく到着してまずはこのワイン醸造所でコレクションした美術品を見て回る。下はある中国人の作品でワインの樽が並んでいる地下室の天井にしつらえてあった。

その他にも改装された昔からのトスカーナの部屋に作品が独立して置かれているのだが、それぞれに面白かった。下は庭に作られた巨大な鏡の壁。これも作品のひとつ。この芝生の上でパーティなども行われるらしい。

このワイン醸造所の持ち主の女性がひとつずつ丁寧に解説してくれたが英語だったので全てが理解できたわけではない。Hiroshi SUGIMOTO という日本人芸術家の作品もあった。

建物のひとつには下の写真のように巨大なワインタンクが立ち並び、かなりスペクタクルな眺め。

一通り観終わってからここのレストランで昼食。ここで作られたワインとおいしいトスカーナ料理に満足。

わたしが注文した牛の頬肉をコトコトと煮込んだものが絶品だった。

夕方にフィレンツェから飛行機でドイツに戻るというお客を見送ったのが午後4時過ぎ。

本来ならトスカーナ最後の夜である今夕にわれわれが別荘の持ち主夫妻を食事に招待する予定だったのだが、皆お腹が一杯でまったくその気が起こらない。今夜はチーズとパンで簡単に済ませようということになった。

食べ終わったあと居間でテレビを見ることになったが、わたしは8時過ぎまで付き合って自室に引き上げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です