孫のお守りで Regensburg を往復

2018年7月4日(水)・曇りときどき晴れ/最高気温30度( Regensburg )

6時半起床。

ブリギッテが自転車旅行に行っているので、恒例の水曜日である今日はわたしが孫の世話のピンチヒッターを勤める。11:44発の列車に乗れば良いので時間的にはとても楽。その前に庭に水をやったり、家の中を片づけたりと家事をしたあとでゆったりと出掛けた。

列車もかなり空いていて、遅延もなく定刻通りに Regensburg に到着。ミュンヘンよりもかなり蒸し暑いような気がする。 (今日のミュンヘンの最高気温は26度)14:00に幼稚園にヨハナを迎えに行く。わたしが着いたときにはまだお昼寝から覚めていなくて15分ほど待った。

幼稚園の先生に抱っこされて現れた時にわたしを見つけてニコッと笑う。実は最初に顔を合わせたときに泣かれるのではないかと心配だったのだが、3日前に顔を見せておいたのが良かった。

家に連れ帰ってからわたしが Regensburg 駅で買ってきたパンと、ユリアが冷蔵庫の中に用意していった果物を与えるとおいしそうに平らげた。結構な食欲である。そのあとひとしきり部屋の中で遊ばせてから16時頃に彼女を乳母車に乗せて近くの公園へ向かう。

公園では45分ぐらい遊んでいたのだが、空模様が怪しくなってきたので家路につく。幸運だったのは家について3分もしないうちに夕立が降ってきたこと。全く濡れることがなかった。

17時少し過ぎた頃にユリアが帰宅してわたしは今日のお役御免。17:54発の列車でミュンヘンへ。6分ほど遅れたけれど、ドイツの鉄道はこんなことは日常茶飯事だからこの程度の遅延は良い方である。

帰宅してまずは Hellesbier で喉を潤す。夕食は昨日の残り物の「炊き込みご飯」と漬物で済ませた。列車の中では眠らなかったから、今夜は早寝しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です