バイエルン放送交響楽団を聴いた

2018年7月5日(木)・曇り/最高気温25度

7時40分起床。

昨夜はまた足の痙攣が、それも2時間おいて2度目もあったりした。しかしそれが治まってからはグッスリと眠れた。今年になってからどうも睡眠の質が安定しないのは年齢のせいもあるのだろう。それを受け入れて身体に馴染ませなくてはいけない。

ふと庭を見ると庭の扉が外れて地面に転がっている。はて、昨夜はそんなに強い風だったかな、と不思議に思ったら上の階に住む奥さんが下りてきて説明してくれた。昨日、わたしが Regensburg に行っている間にこのアパートの最上階(3階)に住む男性が部屋の中で倒れたらしい。

すぐに消防署に連絡したらしいが運悪く玄関の戸ををピッシリと閉めていたらしく、倒れた当人が動けないので駆けつけた救助員も中に入れない。

そこでわが家の庭からはしごを伸ばして彼の住まいのバルコンに昇りそこからたまたま開いていたガラス戸から入ることが出来たそうだ。そのはしご車が入るには庭の木戸があると狭くては入れないので外したのだそうで、それがそのままになっていたというわけ。

最近ひとり暮らしの老人が住まいの中で倒れてどうのこうのという記事をよく目にするが、それが身近で起こってしまった。幸い、彼は救急病院に担ぎ込まれたが亡くなったわけではない。しかし、もう1人だけで住むのは限界だろう。わたしも自分の老後をいろいろと考えなくては。

午前中は少量の衣類をアイロン掛けした。そのあと12時過ぎから昼寝。今日は1時間以上をグッスリと眠れて起きたときには爽快。

今夜は友人が行かなくなったバイエルン放送交響楽団公演の切符をもらったので聴いてくる。友人夫婦がキャンセルしたのは彼達がメシアンとブルックナーの両方が嫌いなため。^^;

スクリーンショット 2018 07 06 0 14 02

ブリギッテが自転車旅行で留守なので彼女の代わりに友人に付き合って貰うことにした。メシアンはわたしも好きな方ではないので 18:45 からの Einführung を聞くために少し早めに家を出る。

演奏会は両曲とも楽しめた。これはヘラクレスザールの音響効果が大いに関係していると言える。この両曲が GASTEIG での演奏だったらどんな風に聞こえるのだろうかと頭の中でシミュレーションしながら聞いていた。

終演後、久しぶりに Ratskeller で Weißbier を飲んでから帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です