未知の中華料理店を試してみる

2018年7月9日(月)・晴れ/最高気温26度

7時半起床。

今日も爽やかな気候の一日だった。朝のうちに庭の芝刈りを済ませる。そんなに伸びていないと思っていたが終わってみるとやはり刈る前とはずいぶん違う。写真はローアングルで撮ってみたが、わが家の狭い庭が大きく見える。(笑)

IMG 8381

ブリギッテは Seebauer に買い物に出掛けた。ここは植物の専門店でブリギッテの大好きな店。彼女は1度帰宅してから街中へ出掛けて行った。友人の医師とランチを約束していたらしい。

わたしもその1時間あとに家を出て街へ出掛ける。先頃 google + で目に止まった中華料理店の昼の定食メニューを食べるため。ミュンヘンにはかなりの数の中華料理店があるのだが、どこで食べても大体同じような味がする。しかし今日のお店はそれとはちょっと違うという事が書かれてあったので試してみる気になった。

お昼の定食メニューは10種類ほどあってその全てが7.8€。まあ妥当な値段である。わたしが注文したのは他店との比較のためにと、食べ慣れた「麻婆豆腐」。見た目は他店と較べてもそれほど変わらない。だが、一口食べてみると花椒と赤唐辛子がけっこう効いている。ちょっとピリ辛のご飯がすすむ味である。

これをご飯の上から掛けておいしく完食。確かにこれまでに食べたミュンヘンのレストランのものとはちょっと違う。豆腐も韓国風の固いのと日本風の柔らかいのとの中間ぐらい。また訪れてみたい店。

帰宅したのは17時少し前。 Tram の中が蒸し暑く、混んでいて少し不快だった。わたしの帰宅と入れ替わりでブリギッテが整体の体操教室へ。わたしはその間ベッドに横になって目をつぶる。しかし眠りはしなかった。

ブリギッテの帰宅を待ってテラスでの夕食。今夕はわたしの希望で Kaltesessen.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です