今日もビアガルテン

2018年7月31日(火)・快晴/最高気温32度

7時半起床。

昨日に増して暑い! 涼しいうちにと庭の草花にタップリと水をやる。この暑さだと夕方にも水やりをしたくなるが、それは夜になって畑の草花を食い荒らすナメクジに協力するようなものだとブリギッテが園芸店で聞いてきた。

ナメクジは夜になって這いだしてくるのだ。夕方に散水しなくなってからは気のせいかナメクジの量が少なくなった。

ブリギッテは10時から近所に住む昔の同僚 Frau J. と朝食を約束していたのでお茶を飲んだだけで出ていった。わたしはそのあと引き続いて芝生に散水を続ける。

数日前から読み返していた小説「錦繍」(宮本輝 著) を午後になって読み終わった。これを読んだのは確か三回目だと思う。この前に読んだのは10年以上も前だったから細部はほとんど憶えていなかった。手紙の交換で進んでいく内容はやはり秀逸だったし、あと味の良い終わり方で読後感も気持ちの良いもの。

13時に帰宅したブリギッテと昼食。今日もトマトとアボカドにドレッシングを掛け、粉チーズを上から振って食べた。今日のように暑い日にはこのようなものがおいしいと感じる。ちょっと酢の効いたドレッシングのせいか。そのあと1時間の昼寝。

夕方は18時からブリギッテの親戚と約束していたのでビアガルテンへ。先日のお葬式のあと会食した Schwaiger というレストランに付属する小さなビアガルテンである。

IMG 8608

今夜はスペアリブを食べた。骨に付いた肉はそれほど多くなかったけれどソースがおいしかった。
IMG 860922時近くまでいて帰宅。例によって最後の方は女性2人の会話を聞いているだけで退屈で仕方がなかった。(-_-;)

今日もビアガルテン” への5件のコメント

  1. 懐かしいビアガーデン
    とにかく日本は熱帯?と思うくらい気温の上昇がすごい
    もうお昼寝が一番、今スペアリブに凝りだしていろいろやってい観ていますがなかなか自分の味にならなくて、次回は是非ミュンヒエンのスペアリブ食べたいですねー。
    どうぞお体おいといください

    • スペアリブはその店によってハッキリと違いが分かる食べ物だと思います。ミュンヘン及びその近郊で食べたわたしの経験から言うとお肉屋さんを経営していて裏側にビアガルテンがあるという店がおいしくて骨についている肉の質、量も良いようです。

  2. [
    「錦繍」懐かしいです。私も若い頃初めて読んだ書簡体形式の本でした。手紙に綴る優しさ・想いの深さ・心を寄せる・・・ことに心惹かれて夢中になって読んだものでした。本は処分するのに勇気がいるものですね。もう文庫本は文字が小さくて読めないでしょうから、当時のハードカバーを探すのは難儀でしょう。家の中から探してみましょう。あれだけ執着したのだから在る筈!
    先日最近読む本がなくて・・と嘆く姉に「時雨の里」を送ったら喜ばれました。

    • わたしは「時雨の記」も「錦繍」も文庫本を持っているのですが、字が小さすぎてもう無理でした。そこでAmazonから電子書籍をダウンロード購入して iPad と Kindle PaperWhite で読みました。これだと文字の大きさを自分に合ったものに設定できるのでとても楽です。今日から「羊と鋼の森」を読み始めます。(^_^)

    • 説明不足でした。 ダウンロード購入した書籍は iPad でも Kindle PaperWhite でも読めます。わたしは昼間は画面の広い iPad で読み進め、ベッドに入ってからは軽くて小さくて夜でも眼が疲れない Kindle PaperWhite で読んでいます。テクノロジーの発達が老人にも優しいことをしてくれるのは嬉しいです。
      でも日本に住んでいて自由に単行本が手に入るのならやはり実際の本が一番かな?図書館で借りられれば家の中に物も増えないですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です