朝霧の濃い曇り空で始まった一日

2018年11月25日(日)・曇り/最高気温6度

8時起床。

ハッキリ憶えているのだが、4時40分に目覚めてしまい、それからなかなか眠れなかった。7時半頃からようやく眠ったが8時頃に目覚めてしまい、午前中はどうも気分がスッキリしなかった。

ブリギッテは朝食のあと10時から近くの Emmauskirche のミサへ。彼女の母の葬儀の時にお世話になった神父が「今年亡くなった人々のためのミサ」をするというのでお礼がてら出掛けたのだった。

彼女が帰宅して報告してくれたのだが、今年はずいぶん多くの人が亡くなっていて少し驚いたそうである。

お昼過ぎになってわたしの気分も少し良くなり、新鮮な空気を吸いたいと思いウォーキングに出掛けることにした。珍しくブリギッテも一緒に行きたいというので曇り空の湿った空気の中を歩いてくる。

彼女は17時から教会で行われる演奏会に出掛けるので3時過ぎに出掛けて行った。旧職場の同僚の数人が所属するアマチュア合唱団の演奏会で今年はモーツアルトのレクイエムだそうだ。わたしはまだ人混みの中に行く気にならないので彼女に1人で行って貰った。

それを聴いたあと18時43分発の列車で Regensburg へ。昨日ユリアから電話があって孫のヨハナが病気らしい。ユリアは会社勤めがあるのでこんな時に頼りになるのは”おばあちゃん”だ

夕食は「茅の舎の野菜だし」を使ってスパゲッティ・ペペロンチーノを作ってみた。おいしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です