いかにして目の酷使を防ぐか

2018年11月27日(火)・雪/最高気温2度

8時起床。

朝起きて見ると庭は一面の雪。しかし雪は被っている程度でそれほど積もってはいない。今日もブリギッテは Regensburg 。わたしも特別な予定は無いので外出はせずに家の中で過ごす。

かと言ってMacBook Proや iPad の画面ばかり見ているのは手術後の眼に良くないし辛いのでさて、どうするか。

先日から Audio Book に関心を持ち始めている。本を読むのではなく聞くというやつだ。調べてみると Amazon の Audible というのが良さそう。しかしこれは会員制で毎月1500円払わないといけない。最近はこういうサービスが多くなっていて気をつけないとあっという間に一月1万円ぐらいかかってしまう。

その他にも無料のものもあるようで試してみたのだがクォリティーがイマイチ。やはり読み手はプロの話し手がよい。

そんなことをしているうちにふと You Tube のことを思い出して検索してみた。するとかなりの「朗読」がアップされていてクォリティーも申し分がない。

それで今日は藤沢周平の短編集を探してそれを聴いていた。これだと窓の外の雪を眺めながら楽しく聴くことが出来て快適。しばらくはこの方法で眼の疲れを減らそうかなと思っている。

そんなことをしていたから今日は時間の流れがとてもゆっくり感じた。夕食も5時半頃から作りだして6時過ぎには食べ終えてしまった。

久しぶりにご飯を炊く。お豆腐の半分をタマネギとの味噌汁の実にし(茅の舎だし)、もう半分を冷や奴にする。2週間ほど前にブリギッテが日本人会バザーで買ってきた「いわしの丸干し」2匹をサッと焼いて醤油を垂らす。おいしくて、ご飯を少し食べ過ぎた。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です