今年最後の演奏会?

今夜はバンベルガー シンフォニカーの演奏会。エッシェンバッハの指揮をライブで聴くのは初めて。20時開演の予定が大幅に遅れて観客に入場が許されたのは20時35分。入場してみてその理由が飲み込めた。舞台上には白いスピーカーが4本単位で11箇所に設置されている。この装置の設定に手間取ったのだと思う。

BAMBERGER SYMPHONIKER
CHRISTOPH ESCHENBACH
Cameron Carpenter, Orgel
Programm

Strauss Till Eulenspiegel
Rachmaninow Rhapsodie über ein Thema von Paganini für Orgel (Klavier) und Orchester a-Moll op. 43
Schumann Sinfonie Nr. 2 C-Dur op. 61

Eine Veranstaltung der Bell´Arte Konzertdirektion mit Unterstützung von Concerto Winderstein.

オーケストラも指揮も悪くはなかったが、今夜の圧巻はオルガン奏者のCameron Carpenterだった。ラフマニノフを弾き終わったあと、アンコールに応えて3曲演奏してその演奏時間は約30分。オーケストラ奏者たちも立ち上がって引っ込むこともできずに付き合って座っていたから、ちょっと同情してしまった。おかげで休憩の後のシューマンはなんだかボケた印象になってしまった。終演は22時50分。帰宅は23時半。楽しい演奏会だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です