SAMURAI 展を観る

2019年2月8日(金)・曇り/最高気温9度

7時半起床。

今日は10時から Justizpalast での講演会を聴きに行ってきた。この建物には初めて入ったのだが内面の素晴らしさに驚く。

IMG 0018

両側の階段の美しいこと!

IMG 0015

主題は Japan in der Edo-Zeit (江戸時代の日本) という興味深いもの。午前には4人の講師(全てがドイツ人)がそれぞれ30分の講演を行った。

日本人のわたしにとってはほとんど既知の内容だったけれど、ドイツ人の聴衆にとっては面白いものだったに違いない。

今日もプレゼンテーションの上手、下手で聴衆に伝わってくるものが天と地の差ほどあるのを痛感した。この講師は何を伝えたいのだろうと思う人もいて、だんだん自分が不機嫌になっていった。^^;

それとマイクとスピーカの性能ももう少し良い物であって欲しいと思う。機材もそんなに高価ではなくなっているので、もしかすると Youtuber の方が高品質なものを使っている。

昼食はこの建物の中の Kantine で食べる。カンティーネと名の付く食堂で食べるのは数年ぶり。(笑) そのあと2人の講演を聴いてからいったん帰宅して昼寝。

夕方18時からは市内の Kunsthalle で行われている SAMURAI 展 に出掛けた。

IMG 0024

これだけの鎧・兜をよく集めたなぁと感心しきりの展覧会だった。聞くところによると、これらは個人の収集したものだという。本当かなぁ?

今日は案内者がついての回覧だったが、少なくとももう一度1人でじっくりと観てみたい。美術工芸品として見た場合にはそれほど素晴らしいものだった。

2 thoughts on “SAMURAI 展を観る

  1. こんにちは!
    StaatsoperのKantineは広いですか?
    Herkulessaalのは、かなり狭苦しいです(笑)

    • わたしが退職してから変わっていなければ結構広いです。
      プローベの休憩時は一度に押しかける人数が多いですからね。
      昔は舞台作業員とか照明係とか合唱とかのシュタムティッシュ(Stammtisch)がありましたけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です