術後の様態は良好のようだ

2019年4月11日(木)・曇り/最高気温10度

6時起床。

昨日の手術後の最初のコントロールが8時20分にあったので今日も早起き。7時40分に家を出て診療所へ向かった。

今日もまた冬に戻ったかのような寒いお天気。白内障の手術というのは先回の「網膜剥離」の手術とはちょっと次元が違うような気がする。それほど術後の負担が軽い。あとしばらく点眼液と軟膏を一日に6度ぐらいささないといけないのは煩わしいが、それは仕方がないだろう。

帰宅してからも眼を疲れさせるようなことが出来ないので、することがない。仕方がないので You Tube の中の落語を音だけ聴いて過ごす。初めて聴いたのだが「立川志の輔」という落語家は面白い。

ブリギッテは10時から大学に行って新入生のための案内会に参加。お昼頃に帰宅。そのあと買ってきたケーキを食べて Regensburg に出発。どうやらユリアの出産がそろそろらしい気配がするらしい。

夕食は冷凍してある「鰯の丸干し」を焼いて大根おろしを添える。味噌汁の実はワカメとジャガイモ。それに玉子をひとつ落とした。

IMG 0364

写真だとちょっと寂しく見えるのは「香のもの」とかサラダが欠けているからかな。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です