落ち葉が絶え間なく降ってくる

2019年10月24日(木)・晴れときどき曇り/最高気温19度

7時半起床。

亡くなった義母宅をいつも掃除してくれていた女性が9時頃に訪れ、われわれの孫のために編んだというベビー用の帽子とか上着を届けてくれた。

彼女は旧ユーゴスラビアの女性でもう70歳近辺になる。最近は足とか背中とかが痛いそうで今日も両手に杖をついていた。彼女の偉いところはドイツで清掃婦として得た収入を故郷の孫たちに教育資金として送り続けたこと。それで孫たちも大学へ通うことが出来たとか。

亡くなった義母はこの掃除婦さんを陰に日向に援助していたので彼女もその恩を忘れないらしい。

そのあとブリギッテは UNI へ。わたしはウォーキングがてら2つ先の停留所近くにある薬局まで彼女の常備薬をとりに往復。歩道には落ち葉が溜まっていて、ちょっと風が吹くと絶え間なく降ってくる。これもあと一週間で終わり、そのあとには寒く長い冬がやって来る

少し早い昼寝をしたあと、ちょっとした買い物をしに Tram で出掛ける。イタリアの生ハム、オイル漬けにしたタコの足、柿ピー、トーストパンなどを買って帰宅。

夕方になるまで電子書籍を読み続ける。1度読んだ本なのだが、ほとんど憶えていなくて読み出したら面白くて止まらなくなった。

夜はバイエルン放送交響楽団の定期公演の2回目を聴きに GASTEIG へ。会場で日本から聴きにいらっしゃった旧知のご夫婦に再会。帰宅は23時。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です