旅の八日目・奈良

2019年12月27日(金)・曇りときどき晴れ/最高気温11度

6時起床。

Apple Watchで目覚ましをかけておいたのできっちりと6時に眼が覚めた。すぐに朝風呂へ。お湯に浸かっていると気持ちが良くてこれはもう天国だと思う。(笑)

そのあと朝食バイキングへ。今日はどういうわけか客が少なかったのでその分ゆったりと食べることができた。下の写真のように好きなものを選んで、何度でも取り分けることが出来る。

IMG 2561

延長して今夜も一泊することにしたのだが、そのために別の部屋に移動しなくてはならない。そこで、いちおう荷物をまとめる。10時にホテルのリムジンバスで近鉄奈良駅へ。

今日の計画は「東大寺」-「二月堂」-「春日大社」-「興福寺」を廻るというもの。

振り返ってみると東大寺の大仏を最後に見たのは52年も前のことになる。本やテレビの映像のせいでそんなに時間が経っていたとは思えなかった。東大寺の大仏殿はその大きさにあらためて圧倒される。

IMG 2605

今日は風の強い日でかなり体感温度が低かった。二月堂にさしかかった頃には雨も降ってきた。

IMG 2619

途中の茶屋でひと休みする羽目になった。しかしここで休めたのは結果的に良かったと思う。無理をしないのが一番。

ブリギッテは今日も写真を撮りながら歩いて楽しそうだった。最後は 16141歩・12km 歩いたことになる。

「春日大社」を観終わった頃にはようやくブリギッテの顔にも疲れが見えてきた。しかし、わたしはどうしても「阿修羅像」が見たかったので「興福寺」行きを強行する。ちなみに今日もバスなどは使わず全て徒歩で廻っている。

IMG 3009

初めてまみえる阿修羅像は想像以上のインパクトを与えてくれた。少年の顔をしているからだろうが、何か遠い遠い記憶を呼び覚まされるような、安らかで、そして悲しいような幸せ感に浸れる。これを見れただけで今回の奈良は満足。

幸い、興福寺から近鉄奈良駅は歩いても数分の距離なのでそこまで歩き、そこでピックアップしてくれるリムジンバスでホテルへ戻る。

ホテルに着いてすぐに新しい部屋に入り、温泉へ。お湯に10分ほど浸かっていただけで今日一日の疲れがすうっと消えていく。

夕食は3日連続で近くの焼き鳥屋へ。相変わらずのおいしさ。顔なじみになったせいか頼んだ日本酒の量も多めに注いでくれた。(笑)

ブリギッテもホテルの部屋でもう少し飲みたいというので LAWSON でワンカップ大関を買い求める。ホテルの部屋に戻って酒盛り。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です