映画「釣りバカ日誌・スペシャル」を観た

2020年1月31日(金)・曇り/最高気温14度

7時15分起床

久しぶりに目覚めが快かった。明け方に深く眠れたからかもしれない。

ブリギッテは10時からの講義の前に眼科医に行くと言って早めに家を出ていった。風邪の影響が少し右眼の炎症を起こしている。実はわたしも似たような症状。

午前中は日本旅行から戻って初めてのアイロン掛け。孫のお守りやら自分の風邪などで今日まで出来なかったから,文字通りの山のような洗濯物だった。1回では片付かないので今日はブリギッテのものだけをアイロン掛けする。わたしのものは明日に回した。

昼食は讃岐うどんを食べる。胃に優しい。疲れて UNI から戻ったブリギッテと同時に昼寝。このお昼寝も気持ちよかった。

夜は久しぶりに DJG(独日協会) 主催の日本映画。
今日は「釣りバカ日誌S」(1994)

D14d5f799910df89

わたしは原作のマンガも読んでいなかったし、映画も初めて。面白そうだと思って出掛けてみたが期待は裏切らなかった。どうしても「男はつらいよ」と比較してしまうが、今回の「釣りバカ日誌・スペシャル」の方が泥臭い。これは渥美清と西田敏行の差だろう。

会場でもかなりの笑い声が聞かれたので、ドイツ人の観客にとっても面白かったようだ。

Blu-ray Disk を購入

2020年1月30日(木)・晴れときどき曇り/最高気温11度

7時起床。

穏やかな気候の一日だった。ようやくひとりの時間も出来、体調も元に戻りつつあるので、今回の帰郷でお世話になった兄夫婦へのお礼状書きを始める。

PC で書いてそれを印刷すればずいぶんと手間が省けるのだが、お礼状のような場合はそれでは心が伝わらないような気がする。そこで手書き。

しばらく振りに字を書くのはやはり大変だった。書き終わった時には目もショボショボとして、毎日少しでも手書きをする習慣を付けなくてはいけないと反省。

11時頃に UNI に行くブリギッテと同時に家を出てキオスクへ。郵便を投函してキオスク止めにしておいたAmazonからの郵便物を引き取ってくる。一つはブリギッテの iPad Air 関連商品、そして Blu-ray Disc 。

41DKxLuXLsL

この Blu-ray Disk は2012年にわたしが参加したバイエルン放送交響楽団の日本公演を記録したもの。この時はマリス・ヤンソンスがベートーベンの全交響曲を演奏した。私は第9の合唱の一員として歌っている。

1年前の2011年3月11日に東北を襲った大震災があった。福島原子力発電所破壊による放射能の影響を懸念したバイエルン放送合唱団の中には日本に行くのを躊躇した団員も何人かいたようで、その穴埋めにと声が掛かった。日本人であるわたしには、自分の出来ることでお役に立てるならという思いと、この世界最高水準のオーケストラ公演に参加出来ることは喜び以外のなにものでもなかった。

これまで購入しなかったのは、自分の演奏した映像とか録音は見たくなかったから。しかし最近になって映像とか記録とかは残しておくべきだ、という考えに変わってきている。孫達が大人になった時に見てくれるかもしれない。(笑) ちなみにお値段は49.99€。

帰宅してから再生してみようと思ったのだが、これまで使っていた再生ソフトウェアの Mac Blu-ray Player が消えている。Mac OS が62ビットのカタリーナに変わった時に消えたか捨てたかしたのかもしれない。

それからあとは再生ソフトの情報集めで時間を費やしてしまった。

午後2時過ぎに家庭医の診察を受けてくる。夜中の咳がひどいというのでブリギッテに追い立てられた。家庭医の診察でも異常は無く,時が経つのを待つだけらしい。

ウォッシュレットの故障はいろいろと原因を探ってはみたが、依然として進展がない。やはり内部の管のカルキによる目詰まりだろう。明日にも販売店に連絡しなくては。気が重い。

生活のリズムが戻りつつある

2020年1月29日(水)・曇りときどき雪/最高気温4度

7時半起床。
午前0時過ぎに咳が出て目ざめた。しかし4時頃からはけっこうよく眠れたような気がする。

朝食のあとブリギッテは下の部屋に移り勉強。2月14日、18日、に試験があるのでそれに備えなくてはならない。ここ10日ほどは彼女も孫の面倒見で時間を取られたので心に焦りがあるようだ。

反対にわたしは今日から平常運転ということで凄く気分が軽い。外のお天気が少々悪くても心身の自由に勝るものは無い。

午後1時頃に Rosenheimerplatz まで出て、中国人のお店で買い物。納豆、インスタント味噌汁、キャベツ、大根、を購入。そのあと久しぶりに「金魚飯店」での昼食。なんだか凄い量が出てきて食べられず。日本から帰ってきて思うのはやはりドイツのレストランで食べる時に料理の量が多いこと。

帰宅途中にクリーニングに出しておいた小さなカーペットを受け取ってくる。(31€) 脇に抱えてトラムで帰れるほどの小ささ。

4時過ぎに昼寝。

夕食はブリギッテの希望で魚と白いご飯、そして茄子とネギの味噌汁。

10日間のベビーシッターから解放された

2020年1月28日(火)・曇りときどき雨/最高気温7度

6時起床。

17日から預かった二人の孫達が帰っていった。孫達が可愛いというのは確かだけれど、10日という時間による心身のストレスは半端ではなかった。午後13時過ぎに見送った時には正直「万歳!」と叫びたい心境だった。(笑)

ストレスだと感じたのはやはりわたしが体調を崩してしまったことから来るものだった。わが家に来た日には孫たち2人、そしてその母親のユリアも風邪を引いていて,それをもろに貰ってしまった。わたし自身が日本から帰国して二日目のことだったので疲れていたのかもしれない。何をするにも一番大事なのは健康であるということを再確認。

午後はユリア一家の去ったわが家のあと片付け。彼女たちなりに気を使って片づけて行ってくれたけれど、やはりそれだけでは済まない。

おまけに今朝、急にウォッシュレットが作動しなくなったりしてその原因追及に時間を費やした。いろいろやってみたが、やはりまたカルキの多い水質による管の目詰まりだと思う。

ブリギッテは9時過ぎに家を出て UNI へ。帰宅は17時過ぎだった。彼女も今回は肉体的にストレスを感じたようで,再び平常に戻りホッとしている。

明日からは以前の生活リズムに戻れると思う。

穏やかなお天気

2020年1月27日(月)・晴れ/最高気温11度

6時起床。

昨夜も咳に悩まされて熟睡出来なかった。まあ、完全に元通りになるのにはもう少し時間が必要かと思う。

ヨナスは10時から12時まで2時間ほどしっかり眠ってくれたので気が楽だった。

午後からはブリギッテがヨハナを連れて買い物へ。彼女たちが買い物から帰った時にカローラから電話。彼女の住まいの近くのスーパーマーケットでミアを連れて買い物をしている時に気分が悪くなったという。

ブリギッテは取るものも取りあえずすぐに車で駆けつける。さいわい大事には至らなかったようで一安心。

夕方、 Regensburg のこれまでの住まいの引き渡しを終わってユリア夫妻が戻ってきた。

アンナも来て、またまた大人5人、ヨハナ、ヨナスと大人数での夕食。今回はこれが最後の夕食。明日からは夫婦2人の生活に戻る。

咳が出る他はほぼ平常運転

2020年1月26日(日)・晴れときどき曇り/最高気温8度

6時起床。

明け方の咳で目が覚めたあと眠れないので起きてしまう。起きて動いている時にはそれほど咳は出ないのだが、横になって、身体が温まると出てくる。

朝食のあとブリギッテはヨハナを連れて動物園へ出掛ける。二人の小さな子供を連れて動物園に行くのは困難だから、わたしがヨナスの世話をすることにする。

さいわい、10時から12時までしっかりと眠ってくれたので,わたしは何をすることもなく楽なベビーシッターだった。

彼が目ざめたあと,ブリギッテが用意していってくれた離乳食を食べさせる。これもスンナリと完食してくれた。このところ抱き上げるとかなりずっしりと腕にくるので,何キロぐらいあるのだろうと体重計で測ってみた。 9.3 Kg である。これを重いと感じるのはわたしの体力の衰えか。

今日は風もなく穏やかな日なので,新鮮な空気を吸わせなくてはと、ヨナスを乳母車に乗せて散歩に出掛ける。帰宅すると動物園から戻ったブリギッテとヨハナは疲れて昼寝をしていた。

ブリギッテは18時からの講演会を聴きに行きたいというので、夕方からまたまたアンナの応援を頼む。二人の乳幼児の世話(オムツ替え、夕食、寝かせ付ける、その他)をわたしひとりでこなすには荷が重い。今回は本当にアンナに世話になった。

夜になるとまた咳が出始める。今日はなんとか声が出るようになったので、明日はもう少し回復しているだろう。

体調は上向き

2020年1月25日(土)・晴れときどき曇り/最高気温8度

昨夜はときどき目が覚めて気持ちの良い眠りではなかった。それでも少し咳がおさまってきたような感じがする。体調は底をついて上昇気味になってきた感じ。

一昨夜から泊まっているユリア一家、アンナと一緒の朝食。それが終わってからユリア夫妻は Regensburg に向けて出発。わたしはそのあと少しベッドに横になったけれど眠りはしなかった。

日中も咳はときどき出るけれど,これもあと数日で治まるだろう。

ダウン!

2020年1月24日(金)・晴れ/最高気温10度

今日は一日中ベッドの中でウツラ、ウツラして終わった。予防注射が効いているのか発熱もなくインフルエンザではないようだ。

咳がひどくて夜眠れないのがちょっと辛い。そのせいで日中はときどき起きて見ようかと試してみたが,頭がフラフラするので無理をせずにベッドの中にいた。

新しい iPad Air の復元に成功

2020年1月23日(木)・曇り/最高気温0度

5時半起床。

昨夜はベッドに入ったのが21時頃。かなりよく眠れたので早朝に起きてもそれほど違和感はない。

早起きした理由は、交換して新品になったブリギッテの iPad Air の設定・バックアプからの復元を静かな環境でしたかったから。小さな二人の子供が起きている昼間は全く神経が集中出来ない。

しかし新しい iPad Air の iOS のバージョンアップでトラブル発生。この iPad Air は iOS は 13.1.3 で出荷されている。 iCloud のバックアプデータは iOS 13.3 の状態でバックしてあるので、新しい iPad Air もそれに合わせなくてはならない。

ところがソフトウェアをダウンロードしようとするとエラーが出る。何度やっても駄目。結局、そこから前に作業が進めないまま。わたしの予想ではわが家の無線LAN環境がおかしいのではないかと思う。

さいわい、今日は13時に眼科医の検診があって Apple Store の近くまで行くので、そこで試してみようと iPad Air を鞄に入れて出発。

眼科医の検診は経過良好ということで次は2021年の1月にということだった。一安心。

帰り道 Apple Store に立ち寄りそこで iPad Air の設定を試みる。ここではなんの問題もなくソフトウェアのダウンロードが完了し、無事に iOS 13.3 にバージョンアップ出来た。そのまま続けて iCloud のデーターを復元。

夜になってユリア夫妻が来訪。新しい住まいへの家具の持ち込みはほぼ完了したらしいが、まだこれまでの部屋(Regensburg)を元に戻して貸主に引き渡すという仕事が残っているらしい。

iPad Air を新品交換

2020年1月22日(水)・晴れときどき曇り/最高気温0度

7時起床。

懸念したがやはり風邪を引いた。症状としては声が出ない、背中にときどきゾクッという悪寒が走る、熱は無い、身体が少しだるい、といったもの。アレルギーの季節に感じるのとちょっと似ている。

用心して午前中は2時間ほどベッドの中にいた。

しかし先週 Apple Store に13時25分の予約を入れておいたので Marienplatz まで行かなくてはならない。

12時40分頃にしっかり防寒対策をして家を出る。今回の目的は、ブリギッテの使っている iPad Air のホームボタンが物理的に沈み込んだままになってしまったのを診て貰うため

Apple Store の店員がそれを触ってみて、すぐに新品と交換してくれた。購入したのは昨年2019年の3月29日だったからまだ保証期間である。交換費用は全くかからなかった。😀

帰宅してみるとやはり身体が辛くてすぐにベッドに潜り込む。 iCloud にあるバックアップデータから戻すのは明日になりそう。

ブリギッテは午前中の講義は休んだが、16時からの講義には出席しなくてはならないので出掛けた。16時過ぎにアンナが来てくれてヨハナとヨナスの面倒をみてくれる。

20時を過ぎてもヨナスが眠ってくれないのでアンナは手こずっていた。わたしひとりだったらちょっと無理。

ベビーシッターで終わった1日

2020年1月21日(火)・晴れ/最高気温1度

6時半起床。

今日はユリアの誕生日。彼女は朝食のあと新しい引っ越し先に車で出発するので朝食が誕生祝いの場となった。わたしは早起きしてまだ暗い中を Semmel を買いにキオスクまで往復する。

カローラ達もお祝いにと8時頃に来訪してまた賑やか。朝食のあとユリアとほとんど時を同じくしてブリギッテは UNI へ。

わたしはヨナスを乳母車に乗せて散歩に出る。今日は空気が冷たい。。

そのあとは休暇を取って手伝いに来てくれているアンナと手分けして家事とヨハナの世話。

わたしの風邪は昨日の状態で留まったまま,それ以上は進行していない。

夕方、ヨナスを寝かせる時に嘔吐があって手こずった。さいわいブリギッテがいてくれたから良かったようなものの、わたし1人だったらかなりのトラブルになったかも。

ようやくヨナスが眠ったあとはヨハナの夕食。時間はかかったけれど上機嫌で食べてくれ、20時30分頃にベッドへ。

生後8ヶ月のヨナスと間もなく3歳になるヨハナの二人の世話はわたしひとりでは不可能だ。今週はブリギッテも UNI の講義を休まなくてはならないかも。

ちょっと疲れ気味

2020年1月20日(月)・曇り/最高気温2度

7時半起床。

今朝はわれわれ夫婦とヨハナ、ヨナスの4人での朝食。アンナは10時頃に手伝いに来てくれた。

今日はヨナスを乳母車に乗せて午前と午後の2回、散歩に出掛ける。乳母車の適度な振動が眠気を誘うのか、乳母車に乗せて10分ほどすると気持ちよさそうに眠り始める。

午後、ユリアが Regensburg から戻ってきた。

夕方頃から体調が少し悪くなったのを感じる。風邪を引いたかもしれない。ユリア一家の3人が風邪を引いている状態なので、それがうつったとしても不思議ではない。

夕食は「インド料理の出前」をとって食べる。まあまあのおいしさ。食事を作ったりあとかたづけをするストレスから解放されるからこれは良い選択。

今日も早寝するつもり。明日はまた元気になっていると良いのだが。

ミュンヘン日本人会の新年会

2020年1月19日(日)・曇りときどき雪/最高気温2度

7時半起床。

日曜日なので8時過ぎに近くのキオスクまでヨハナを連れてパンを買いに行く。昨日降った歩道の雪はきれいに除かれていた。

朝食のあと11時頃に家を出てミュンヘン日本人会 (Japan Club) の新年会へ。

今年も Max-Weber-Platz 近くにある Hofbräukeller で催された。合唱、ピアノ演奏、書道、和太鼓、と盛りだくさんのアトラクションを楽しませていただく。

そして最大のイベントは「福引き」。ミュンヘンに駐留している日本の会社とか、航空会社 (JAL,ANA)、和食レストランなどから提供された賞品をクジ引きするもので、これが楽しい。わたしは今回はちょっと残念な結果に終わったが、くじ運の強いブリギッテが同伴出来なかったからかもしれない。

17時頃に帰宅すると娘三人と孫三人、それにゲオルクが来ていてかなり窮屈な夕食となった。日本から買ってきたお土産をそれぞれに渡すことが目的で集まって貰った。

カローラ夫妻は生後4ヶ月のミアがいるし、アンナも疲れた様子と、それぞれに予定があるので20時過ぎのお開きとなった。

ユリアは明日が引っ越しなので孫達を寝かせ付けてから21時過ぎに Regensburg に向けて出発した。そして明日の夜はまたミュンヘンに戻ってくる。彼女たちも大変だが、われわれ老夫婦も二人の幼い孫を預かって少しばかり不安ではある。

時差ボケがまだ取れない

2020年1月18日(土)・曇りときどき雨/最高気温4度

7時半起床。

昨夜から泊まりに来ている二人の孫が風邪気味。夜中にヨナスの面倒をみなくてはならないので、ユリアがわたしのベッドを使う。わたしは下の部屋のベッドで寝た。

昨夜も2度ほど眼が覚めたが明け方に少し眠れた。

朝食のあとブリギッテとユリアはヨハナを連れて週末の買い物へ。わたしはヨナスを乳母車に乗せて散歩に出掛ける。彼は散歩が始まって5分ほどで眠りだした。

途中で小雨が降り出したので帰宅。眠っているヨナスは乳母車に乗せたままテラスで引き続き眠らせる。

ブリギッテ達が買い物から戻ったので、わたしは下の部屋で昼寝。ちょっと時差ボケの影響を感じる。

夕方からアンナも加わり、久しぶりにムール貝の夕食。あと片付けを終わったのが21時頃で,またフワッと眠気が射してきた。

独日協会主催のコンサートを聴いた

2020年1月17日(金)・晴れ/最高気温12度

6時半起床。

昨夜も2度途中で目が覚めた。ブリギッテが10時から UNI があるのでいつもの時間に朝食。

わたしも10時過ぎに家を出てまずは眼鏡の Fielmann へ。ここであつらえた眼鏡の鼻パッドが、日本旅行中に紛失していた。それを修復して貰う。

そのあと ALDI に立ち寄り携帯のプリペイドカードを購入。そして Rosenheimerplatz のケバブ屋で昼食。これを食べるとミュンヘンに戻ってきたという感じになる。(笑)

午後になって強烈に眠くなってきたので昼寝。よく眠れた。

今日から10日間の予定で二人の孫を預かるので、昼寝のあとは住まいの掃除と片づけ。ちょうど良い機会なので懸案だった絨毯を洗濯して貰いに車で持っていく。

17時過ぎにユリアとヨハナ、ヨナスがやってきた。

わたしは独日協会主催のコンサートがあるので18時過ぎに家を出る。津軽三味線というので大いに興味を持って出掛けたのだが、ピアノと歌が入るコラボレーションだった。

スピーカーを通した音に最後まで馴染めずに21時過ぎに帰宅。わたしの耳には三人の出す音のバランスがもう一つ納得いかなかったのである。これはわたしの時差ボケのせいかもしれない。

旅の疲れは感じない。

2020年1月16日(木)・晴れ/最高気温9度

8時40分起床。

時差ボケを心配していたが、午前2時と4時に目が覚めたあと、グッスリと眠れて8時半頃に目ざめた。日本に滞在中も午前3時頃には一度目が覚めていたのでほぼ変わらない。まあ、このまま時差ボケが出ないということはないだろうけれど。

それから以後は全く違和感も無くスンナリとミュンヘンでの生活に戻れた。朝食のあとはもう一度旅行鞄の中身を点検して、残っているものが無いかどうかを確認。今回はほとんど食料品を持って帰らなかったからトランクはひとつで済んだ。

そのあと、留守中に届いていた郵便物を開封。これもそれほど量は多くない。

昼食は「茅の舎のだし」を使ってうどんを作る。午後に眠くなるかと思ったがそれほどでもない。しかし夕方になって眠気が襲ってきた。

夜は豚肉をソテーにして生野菜サラダと白いご飯を付ける。

Regensburg のユリアたちは来週の月曜日に引っ越すので,その準備、引っ越し後の整理もあり、ヨハナとヨナスを10日間わが家に預かることにしたそうだ。賑やかなことになるだろう。

今日も早寝する。

旅の二十七日目・日本 ⇒ ミュンヘン

2020年1月15日(水)・晴れ/最高気温12度

6時起床。

常滑のホテルでの起床。朝食に一階の食堂へ行ってみたらそこは中国語で一杯だった。駐車場には団体用のバスが3台ほど止まっている。バイキングの朝食を食べたあと9時半のシャトルバスで中部国際空港まで送って貰う。

充分の余裕を持っていったので、空港の待合室では少し時間を持て余した。定時に飛び立つ。

それから9時間ほどは機内で映画を三本ほど観た。ヘルシンキで乗り換えなのだが、その頃になって急に眠気が襲ってきた。この乗り換えの時がかなり距離があり歩いているうちに汗をかいた。

ヘルシンキからミュンヘンまでの飛行機も問題なし。ただ、窓際の席だったのでちょっと寒かった。

ミュンヘンの空港から S-Bahn 、 Tram と乗り継いで20時近くの帰宅。機内では軽食も出なかったので少しお腹が空いていた。

帰宅して Weißbier とハム、チーズ、生野菜サラダの軽い食事。食後はトランクを空けて整理。

22時過ぎの就寝。

旅の二十六日目・東京 ⇒ 常滑

2020年1月14日(火)・晴れときどき曇り/最高気温14度

6時半起床。

深夜4時頃に目が覚めてしまった。東京に来てからはほとんど同じパターンである。そのあとは眠れないままにポッドキャストを聴いていたのだが、グラ〜ッと揺れを感じた。思わず時計を見ると4時54分。さいわいにも二度目の揺れは無かった。今回もこのホテルの最上階である29回に部屋を取ったので、覚悟はしているもののやはり怖いものは怖い。

スクリーンショット 2020 01 14 5 02 41スクリーンショット 2020 01 14 5 03 02

6時半になるのを待って今回最後の朝風呂へ。入浴しながら「次はいつ来られるかな」と考えていた。

9時過ぎにチェックアウトをして荷物をフロントに預かって貰い、両国の「江戸東京博物館」へと向かう。特別展は「大浮世絵展」をやっていたが、今日は常設展を観る。数年前に一度見ていたので、目新しいものはなかった。加えて中学生らしい団体が入っていて、余り落ち着いて観ることは出来なかった。

IMG 2979

高齢者割引でなんと300円で入場。

IMG 2987

2時過ぎに再び大井町に戻る。やはり東京最後の食事はトンカツの「丸八」で食べようと行ってみたら、昨日の成人の日の影響で今日は休業だった。残念!

そこで Atré 6階にある洋食屋「神田グルメ」店でランチメニューを食べる。注文したのは「オムライスとハンバーグのミックスプレート」。ちょっとなつかしい味。

IMG 2986

これで思い残すこともなく、今夜の宿である常滑に向かう。JR Pass は一昨日で切れているので今日は現金で切符を買い求める。(自由席券) それでも 10,560 円するのだから JR Pass がいかにお得かが実感出来る。

IMG 2990

常滑のホテルは先日ブリギッテと一緒に泊まっているので勝手知ったるところ。本当に周りにはなにも無い場所なので駅の側のコンビニで今夜の食料とビールなどを購入してからタクシーに乗る。折り際にタクシーの運転手さんが「このホテルの周りには楽しいところはなにも無いよ」と言う。はて、楽しいところとはどういう意味?

部屋に入って大相撲の3日目をテレビ観戦。今夜はゆっくりと眠って、明日は余裕を持って空港に行くことが出来る。

旅の二十五日目・荷造り

2020年1月13日(月)・快晴/最高気温14度

6時半起床。

今日も午前2時頃に目が覚めてからほとんど一時間おきに目が覚めていた。例によって起床後すぐに朝風呂。

例によっておにぎり2個とコーヒーの朝食。それから最終的な荷造りを始める。 RIMOWA のトランクにはまだ5kgほどの余裕があったのでUNIQLOに出掛けてシャツ3枚、ズボン3本を購入してきた。これでちょうど23kgになった。

2012年に日本で公演したマリス・ヤンソンス指揮/第九のブルーレイ・ディスクを買って帰ろうと思っていたので秋葉原のヨドバシカメラへ行ってみる。しかし、在庫は無かった。もう少し早く思い出していれば、と残念。

大井町に戻ると駅前には着飾った若い女性が大勢歩いている。今日は成人式だったのだ。

IMG 2960

お腹が空いていたのでこれも今回行こうと思っていた回転寿司「すし銚子丸 大井店」まで足を運び食べてくる。

IMG 2964

寿司ネタも新鮮で目の前で握ってくれる形式。値段もリーズナブルだと思う。お腹一杯食べて3619円也。

ホテルに戻ってから大相撲初場所・二日目の実況放送(NHK) を観る。途中で少し寝入ってしまったようだ。

夜になって眼下に広がる美しい夜景を観ながらビールと日本酒を楽しむ。今回の日本旅行も本当に楽しかった。特に1人になった1月7日以降の解放感溢れる日々は最高だった。人間はときどきひとりになるべきである。

窓の外には満月に近い月が輝いている。東京最後の夜。

IMG 2975

旅の二十四日目・ドイツに戻る準備を始めている

2020年1月12日(日)・曇り/最高気温10度

6時半起床。

今朝も午前4時過ぎに目が覚めた。6時半から朝風呂。

心の中ではそろそろドイツに戻る準備を始めている。まだ決めかねているのはやはり飛行機持ち込みの荷物のこと。今回の Finnair は23kg の荷物を二つ運べるのだが、持って来たのはトランク一つだけ。予備にとIKEAで売っている青いビニール袋を持って来たのだが、これは空港まで運ぶのに少し難がある。さて、どうしよう。

うまく詰めればトランク一つとリュックサックで収まるのだが、せっかくだからトランク二つ分を運びたいとも思う。しかし特別に持っていきたいと思うものは無い。明日は一日買い物日に決めているので明日になって決めよう。

今回の JR Pass は今日で切れるので最後にそれを使って楽しむ。今回も新幹線を使って長距離旅行もできたし、東京都内ではいちいち切符を買うこともなく、自由に動き回れることが出来たのはとてもありがたかった。

昨日 ZOFF で作り直して貰った眼鏡レンズが具合が良いので、これまで使っていたミュンヘンの Fielemann で買ったフレームにも同じレンズを入れて貰った。その値段は5500円で一時間ほど待っている間に出来上がる。素晴らしいサービス!

夕食は先日に続いて今回二回目の「まる八」でトンカツを堪能する。このおいしさをミュンヘンで味わうことは不可能だ。

旅の二十三日目・寅さんの映画を観た

2020年1月11日(土)・晴れ/最高気温11度

6時半起床。

今日も4時過ぎに目が覚めたあとは眠れなかった。6時半に起床して朝風呂へ。

昨日、映画「人生をしまう時間」を観たあとで思い出したことがあった。ミュンヘンに居る時にそのニュースを知り、帰国したら「男はつらいよ/お帰り 寅さん」を観ようと思っていたのだ。

気がつくとドイツに戻る日が迫っている。そこでインターネットで調べたら品川駅近くの Tジョイ Prince 品川 で現在上演されていることを知る。そこで 11:15 から始まる回を観に行くことにした。

20190701 01

結論は、「見て良かった!」 。若い頃の元気な寅さんの映像も見ることが出来たし、歴代のマドンナ達の輝いていた時代を改めて確認することも出来た。

今回の主役に「満夫」と「イズミ」を据えたのも良かった。これまで寅さんの映画で泣くことなどは無かったけれど、今回は最後に涙がこぼれた。とても良い後味の残る映画だった。

それにしても登場人物の多くが故人になっているのはやはり寂しい。

終わったのが12時半頃で小腹が空いていた。こんな時には品川駅構内にある「魚河岸日本一」。軽く食べて大満足。

そのあと一駅先の大井町駅に戻りユニクロでジーンズと冬用のズボンを購入。そして、先日作った眼鏡の再調整。今回の調整でだいぶ改善されたと思うのだが、結論はもうしばらく使ってみないと分からない。

夜になってもお腹が空かないので、「大井町食料品館」で肉ジャガ、煮物、ビーフンの炒め物、の3パックを買い部屋でビールを飲みながら食べる。

そのあとで日本酒を飲み出して、いつもより少し酒量が多かった。しかし部屋飲みだから誰に気兼ねすることもなく、帰りの電車も気にしなくて良いので凄く開放的な気分になる。

旅の二十二日目・映画、そして鎌倉

2020年1月10日(金)・快晴のち曇り/最高気温13度

6時半起床。

今日も4時過ぎに目が覚めてしまった。朝風呂が開く6時半までベッドの中でポッドキャストを聴く。朝風呂はいつもながら最高。

ホテルの下にある Family Mart でおにぎり2個とコーヒーを買って部屋に戻り朝食。このスタイルが胃腸にも一番シックリくる。

昨日「森鷗外記念館」を訪問した時に、小堀鷗一郎医師の講演会が11日にあることを知る。しかしそれはすでに満員で、なんとか入場出来ないかと掛け合っても駄目だった。それを気の毒だと思った記念館の係員が紹介してくれたのが「人生をしまう時間」というドキュメンタリー・フィルムである。

IMG 2939

今日はそれを上映しているという田端の小さな映画館「シネマ・チュフキ・タバタ」へ足を運んだ。足を運んだだけのことはあったと思う。

昼食を「富士蕎麦」でとってから次は鎌倉へと向かう。以前、見たテレビドラマ「最後から二番目の恋」の舞台になった江ノ電の「極楽寺駅」の現場を見てみたかった。

IMG 2919

この頃から曇って急に冷えてきた。そんな空気の中で訪れた極楽寺のひとけの無い境内と佇まいは忘れられないものになりそうだ。

IMG 2920

「極楽寺駅」に戻ると「稲村ヶ崎」まで1.1kmという案内板があったのでそこまで歩いてみる気になった。

IMG 2932

海はちょうど太陽が沈もうとしている頃でこれまた忘れられない時間となった。遠くには大島のボンヤリとした影が見え、その右には意外と小さく目に写る江ノ島も。

再び大井町に戻り、空腹を「大阪・王将」の餃子で満たす。今日も良く歩いてその歩数は13,860 歩

旅の二十一日目・森鷗外記念館を訪ねる

2020年1月9日(木)・快晴のち曇り/最高気温15度

6時半起床。

5時前に目が覚めてから朝風呂が始まる6時半までベッドの中でポッドキャストを聴いていた。早朝の風呂は外部からの客が少ないのでゆったりと楽しむことが利点。今朝も一時間弱をタップリと楽しんだ。

朝食は今回初めての「大戸屋」で焼きサバ定食だった。数年前の前回利用時よりも、内容が改善された印象がある。快晴の空から明るい光が差し込む内部で食べる和食は気持ちよかった。

部屋に1度落ち着いてから上野へ。ブリギッテと訪れた時には大学院の入試があって入れなかった構内も今日は大丈夫。

しかし構内の建物がずいぶん変わってしまっていて懐かしさを感じることはできなかった。新しい奏楽堂の前に少し列が出来ていたので何事かと思ったら、指揮科の公開卒業試験だった。

そこを出てから昔なつかしい喫茶店「カヤバ」でコーヒーを飲む。

IMG 2911

外観は変わっていなくとも内部はかなりの変化。店内の壁に架かっていたのが下の写真。確かにこうだった。

IMG 2910

そこから「森鷗外記念館」へと歩く。そこに着いてみると、以前来たことがあるのに気がついた。しかし現在展示されている特別展「荷風生誕140年・没後60年記念 永井荷風と鴎外」が面白そうだったので入ってみる。

Uid000001 201908301328310706c7b2

わたしは永井荷風の作品をまだ読んだことがない。読まなくては。

IMG 2912

そこから根津神社を廻って上野御徒町までバスで戻る。

今日も一万歩を超える歩数・13192歩で満足。夕食は軽いものが食べたかったから、このホテルの側にある「富士蕎麦」でうどんを食べて済ませる。思いの外おいしかった。

旅の二十日目・「ゴッホ展」を観た

2020年1月8日(水)・雨のち曇り/最高気温9度

7時起床。

4時頃に一度目が覚めて、しばらくそのあと寝付けなかったがまた眠ったようだった。今日も朝風呂を楽しむ。

そのあとこれまでも一人で泊まった時と同じように、下のコンビニでおにぎり2個と熱いコーヒーを買ってきて部屋で朝食をとる。

外を見るとかなり本格的な雨降り。ホテルに閉じこもっているわけにも行かないので懸案だった「ゴッホ展」(上野の森美術館)を観に行く。雨のためか、さいわい今日は並んでいる列も無く、すぐに入場することが出来た。

IMG 2938

音声ガイドを借りて観て回ったがゴッホの絵は数が少なくて、彼に関連する画家達の絵を添えてなんとか展覧会の形をとることが出来ていた。

美術館を出ると幸運なことに雨はほぼあがっていて、そこから浅草の浅草寺に向かうことにする。雷門に着いた頃には雨の心配も無く落ち着いて仲見世をひやかすことが出来た。

そこから徒歩で再び「かっぱ橋道具店街」へ。先日ブリギッテと来た時には半分ほどしか見る時間が無かったので、悔いが残らないようにと、あらためて歩いてみる。

17時前に疲れてホテル着。身体が冷えていたのですぐに大浴場へ。身体を温めてようやくホッとする。お風呂はやはり最高。

夕食はトンカツの「まる八」へ。相変わらずのおいしさで今回も満足。ホテルに戻り日本酒を熱燗にして楽しむ。13556歩を歩いた快い疲れで今日も22時前の就寝。

旅の十九日目・名古屋 ⇒ 東京

2020年1月7日(火)・曇りのち小雨/最高気温9度

5時半起床。

ブリギッテの乗る飛行機が8時20分発なので6時半には空港に着いていたかった。そこで早起き。ホテルのシャトルバスで中部国際空港まで送って貰う。

書類には Terminal 2 とあったのでそこへ行ってみたら書類の間違いで Terminal 1 からの出発だった。こういうことがあるから余裕を持って空港には着きたい。

彼女がパスコントロール・セキュリティーチェックを終わったのを見届けてわたしは再び東京へ。名鉄の名古屋行きの列車はちょうど発車間際でそれに飛び乗った。

名古屋駅に着いてから空腹なのに気づき「特大かき揚げ・きしめん」を食べる。

IMG 2893

それからみどりの窓口で東京行き9時26分発ひかり号の指定席を取り乗車。早起きした上にきしめんで満腹だったからすぐに眠り込んでしまった。。目が覚めたのは新横浜駅の辺り。新幹線の旅は本当に快適。11時10分に品川着。

アワーズイン阪急のチェックインの時間(14時)まではかなり時間があるので大井町駅近辺のいろいろな店を見て回る。

チェックインしたあと、夕方近くにまた眠ってしまったようだ。6時前にホテルを出てわたしの好きな駅向こうの飲み屋街へ食事に出掛ける。ようやく今回もわたしの好きなこの界隈に帰ってくることが出来た。

そのあとユニクロに立ち寄り午後に当たりを付けておいた衣類を購入する。ホテルに戻ってから大浴場へ行こうと思っていたのだが、とても疲れていたので今日はおとなしく寝ることにする。明日からは一人の旅を楽しもう。

旅の十八日目・東京 ⇒ 常滑

2020年1月6日(月)・晴れ/最高気温13度

6時起床。

ブリギッテにとっては今日が最後の東京。朝風呂を楽しんだあと明るい陽の射し込む朝食会場での朝食。

昨日のうちに旅行鞄を詰める作業は終わっていたので、精神的にもゆっくり出来た。10時少し前にチェックアウト。

14時ぐらいまでは時間があったので かっぱ橋道具街 に行くことにする。今日もお天気に恵まれて気持ちの良い散策となった。最後にはやはり疲れて甘いものが欲しくなリ、浅草通りのお店で栄養補給。

下の「磯辺巻き」はブリギッテが注文したもの。

IMG 2888

そして普段甘いものを食べないわたしが注文したのがお汁粉。それだけ疲れていたということだ。

IMG 2887

時間に余裕を見て13時半頃にホテルに戻り、預けてあった旅行鞄を受け取る。

ブリギッテは明朝早くに中部国際空港から出発するので,空港近くの常滑にある ホテルミラーゴ中部空港 に予約を入れていた。

常滑というのはJR名古屋駅から名鉄に乗り換えて40分ほどかかる。品川を15時過ぎに出たので、常滑のホテルに着いたのはとっぷりと日が暮れた18時半頃になった。

暗くて分からなかったがホテルの周りにはなにもないという感じ。コンビニさえもない。朝早く出発する飛行時間に間に合うように、前日から泊まり込むという機能に絞ったホテルのようだ。

明朝は5時半起床の予定。

旅の十七日目・東京、買い物(お土産)

2020年1月5日(日)・快晴/最高気温10度

6時起床。

今年最初の日曜日は良く晴れた一日。日陰に入るとヒヤッと冷たい空気だったがそれでも陽の当たるところにいると快適。

朝風呂のあと今日は Atré の中のパン屋さんで朝食。おいしそうなパンだったけれど食べてみるとそれほどではない。それにちょっと値段が高め。1度ホテルの部屋に戻ってから「いざ、出陣」

ブリギッテが子供達や孫達へのお土産を買えるのは今日が最終日。明日は名古屋への移動日である。効率的に無駄のない買い物が出来るのはやはり銀座だろう、と有楽町駅で下車。

ブリギッテが「おい、おい」に行きたいと言うのが分からなかったが、それは「マルイマルイ」のロゴ「○I○I」をドイツ読みにしていたものだった。(笑)

「マルイマルイ」のあとは銀座・三越、ITOYA、山野楽器、木村屋、ユニクロ、鳩居堂、と歩いてわたしはクタクタ!気がつくと6時間歩いていた。疲れで頭も朦朧としている。しかしブリギッテは元気に買い物を続ける。

IMG 2877

反対にわたしはこれだけのものが果たして旅行鞄に詰まるものかどうかも心配になってきて、だんだん不機嫌になってくる。

つかれ果ててホテルに戻り文字通り「バタン・キュウー」とベッドに倒れ込む。少し休んだところでブリギッテが絵はがきを出しに行きたいが切手が無いという。郵便局に1人で行かせても言葉が通じないのは困るので、また駅向こうの郵便局までお付き合い。

そのあとでまたまたこのホテルの下にある「大井町食料品館」で買い物。彼女の買い物パワーは凄い。ホテルに戻ってから荷造りに取りかかったが、パッケージや包装袋などを取り払ったらどうにか規定内の重さに収まってホッとする。

旅の十六日目・友人たちとの会食、そして買い物

2020年1月4日(土)・曇り/最高気温12度

5時半起床。

少し早めの目ざめ。そのあと朝風呂を楽しむ。

9時半頃にホテルからほど近い理髪店に出向き髪を切ってもらう。消費税(10%)込みで1870円。安い、そしてテキパキとして仕事が速い。

そのあとブリギッテの買い物に付き合う。買ったのは孫たちへのお土産。

いったんホテルに戻り少し休んでから大崎駅へ。2年ぶりに会う友人と南口で待ち合わせて昼食へ。83歳になる彼は少しだけ年をとったようだが元気そうで安心する。ブリギッテと一緒に彼の住まいを見せて貰い4時前に別れる。

ブリギッテがまた孫たちへの衣類を買いたいというので、品川駅で下車。駅前に立つ品川プリンスホテルの中の子供服店 Pick And Choose |ピックアンドチューズ | 品川駅前 ベビー・子供服 | という小さな店で3人分買いそろえる。ちょうど30%〜50%引きのセールをやっていた。

この頃から疲れが出てきて,ホテルに一旦戻る。19時からは以前ミュンヘンのわが家近くに住んでいた友人夫婦と落ち合って夕食。このホテルの下にある居酒屋風レストラン くいもの屋 わん 阪急大井町ガーデン店 でいろいろな種類の料理を楽しみ、歓談。22時のお開き。

旅の十五日目・いわき ⇒ 東京

2020年1月3日(金)・曇り/最高気温12度

5時半起床。

夜中の3時25分にベッドの中で揺れを感じて目が覚めた。一度目はけっこう長く、ちょっと間を置いてまた揺れた。さいわい隣で眠っているブリギッテは何も知らずに眠っている。すぐにiPhoneでニュースを調べてみると銚子沖が震源地で最大震度4.0ということだった。ここ、いわき市は震度3だったそうだが、体感的にはけっこう揺れた。

IMG 2857

今日は再び東京に戻る日。10:17の列車に乗り、13時少し前に品川に着いた。チェックインまでには一時間ほどあるので、今回の旅で初めてのラーメンを昼食に食べることにする。

IMG 2860

2時にチェックインを済ませたあと大船に住む姉宅へ向かう。義兄が今年の7月8日に癌で死亡していたので、遅まきながら線香をあげに。

IMG 2864

義兄が亡くなってからしばらく時間が経って、姉の心も落ち着いてきたのだろう、彼女は思ったよりも元気そうだった。2時間ほど話してから6時頃に辞去。帰りの電車では人身事故があったとかでかなり列車が遅れてしまった。

大井町に着いたのはすでに8時近く。余りお腹も空いていなかったけれど、何も食べないわけにもいかないので「刺身盛り合わせ」などを買って部屋で食べる。22時頃からお風呂に入って就寝。長かった1日が終わる。

旅の十四日目・新年一色

2020年1月2日(木)・晴れときどき曇り/最高気温11度

6時50分起床。

今朝は7時からホテルのロビーで「餅つき」のアトラクションが行われた。熟睡しているところをブリギッテに起こされたので頭がフラフラしたまま餅つきを見学し、朝風呂を浴びる。

そのあとは大広間で朝食。これはもう凄い!

IMG 2824

IMG 2825

IMG 2830

IMG 2834

IMG 2833

IMG 2826

上の写真のような新年の食卓。お屠蘇から始まって、お雑煮、そしてさまざまな趣向をこらした料理の数々。食べきれるかどうか心配だったが全てを平らげる。おいしそうな漬物があったので最後にご飯を二杯もおかわりしてしまった。(笑)

そのあとまた風呂を浴びに行く。11時にチェックアウト。最後に岡倉天心が好んで使ったという「六角堂」を写真に収める。これは2011年の津波で破壊され、そのあと再建したもの。

IMG 2839

帰りはまた兄宅に立ち寄ることにして姪の運転する車に同乗。途中にある いわき市石炭・化石館 ほるる に立ち寄る。ここは二度目の訪問。

そのあといわき市内の市場で寿司を初めとする食材を買い求め兄宅へ。またまた賑やかに料理が並んだテーブルを6人で囲み新年の縁を繰り広げる。

90歳になる兄夫婦も疲れている様子なので5時過ぎにお開きとし、また姪にホテルまで送って貰った。兄夫婦が元気なうちに会うことが出来たのはとても嬉しい。

旅の十三日目・初詣,海の見える温泉

2020年1月1日(水)・快晴/最高気温10度

6時半起床。

もうすぐ初日の出が見れるよ、とブリギッテに起こされた。窓が開けられないので思ったようなショットは撮れなかったけれどまあいいか。

IMG 2759

それから朝風呂を浴びる。朝食は元旦の特別メニューが出るのではないかと期待したが紅白の蒲鉾が加えられたのみ。かろうじて新年の感じ。

10時にチェックアウトしてから初詣に行く。神社はホテルから20分ほど歩いた飯野八幡宮といってわたしは何度か行ったことがある。

IMG 2770

それほど並ぶこともなくお参りをすることが出来た。わたしはほとんど半世紀ぶりの初詣である。それがこんな晴天の穏やかな日になるとは運が良い。😀

帰途はわたしの恩師が住んでいた家の前を通ってホテルまで戻る。街中の店は全てが閉まっているのでホテルのロビーでコーヒーをいただく。

12時48分発の電車で大津港へと向かう。今日、90歳の誕生日を迎えた兄が家族で祝う五浦観光ホテル別館 大観荘に招いてくれた。兄の家族たちとは午後3時にロビーで待ち合わせる。ここで通された部屋は今回の日本旅行で唯一の日本間。

IMG 2796

6時半からの夕食までの時間を海の見える露天風呂で楽しむ。何度も書くけれど、温泉は最高。

8人での会食はコース料理でとてもおいしかった。食事のあとは兄の泊まる部屋に集まり、彼の昔話の独演会となる。われわれの参加が彼にとって楽しいものであるなら,来た甲斐があって嬉しい。22時過ぎのお開き。

一風呂浴びてから寝ようと思ったらお風呂は灯を落としてしまっていた。せめて24時頃までは入れたらいいのに。