旅の二十一日目・森鷗外記念館を訪ねる

2020年1月9日(木)・快晴のち曇り/最高気温15度

6時半起床。

5時前に目が覚めてから朝風呂が始まる6時半までベッドの中でポッドキャストを聴いていた。早朝の風呂は外部からの客が少ないのでゆったりと楽しむことが利点。今朝も一時間弱をタップリと楽しんだ。

朝食は今回初めての「大戸屋」で焼きサバ定食だった。数年前の前回利用時よりも、内容が改善された印象がある。快晴の空から明るい光が差し込む内部で食べる和食は気持ちよかった。

部屋に1度落ち着いてから上野へ。ブリギッテと訪れた時には大学院の入試があって入れなかった構内も今日は大丈夫。

しかし構内の建物がずいぶん変わってしまっていて懐かしさを感じることはできなかった。新しい奏楽堂の前に少し列が出来ていたので何事かと思ったら、指揮科の公開卒業試験だった。

そこを出てから昔なつかしい喫茶店「カヤバ」でコーヒーを飲む。

IMG 2911

外観は変わっていなくとも内部はかなりの変化。店内の壁に架かっていたのが下の写真。確かにこうだった。

IMG 2910

そこから「森鷗外記念館」へと歩く。そこに着いてみると、以前来たことがあるのに気がついた。しかし現在展示されている特別展「荷風生誕140年・没後60年記念 永井荷風と鴎外」が面白そうだったので入ってみる。

Uid000001 201908301328310706c7b2

わたしは永井荷風の作品をまだ読んだことがない。読まなくては。

IMG 2912

そこから根津神社を廻って上野御徒町までバスで戻る。

今日も一万歩を超える歩数・13192歩で満足。夕食は軽いものが食べたかったから、このホテルの側にある「富士蕎麦」でうどんを食べて済ませる。思いの外おいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です