手術翌日は快晴

2020年2月22日(土)・快晴/最高気温17度

6時起床。

2月にしては暖かい一日となった。庭のクロッカスも全開。ブリギッテは昨日同様に7時には家を出てカローラの病室へ。わたしはそのあと、片付けを済ませて9時過ぎに家を出る。

わたしは昨日の手術後、初めてカローラに会ったのだが、身体が数本の管に繋がれていて痛々しい。

乳児がいるせいでたまった母乳を吸い出さなくてはならない。それをしないと乳房が炎症してしまう。わたしが病室に着いた時にはちょうどブリギッテがポンプを使って搾乳していた。

3時間ほど病室にいてから帰宅。わたしがいても何も手伝うことはないのだ。

それでも帰宅した時にはやはり疲れていて1時間ほどグッスリと眠った。

夕食はゲオルクの奢りで近くのレストランで食べる。

2 thoughts on “手術翌日は快晴

  1. 娘さん長い時間の手術を無事に済んだこと安堵しました。
    周りの方もお疲れにならないようご自愛ください。
    こんな時の男は役に立たないのは自身も同じです

    • ありがとうございます。手術後の様態の推移が心配ですが、本当にわたしは何の役にも立ちません。
      付き添っている妻の健康に支障がなければ良いがと思っています。

okobay にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です