整形外科医で2回目の注射

2020年12月21日(月)・晴れのち曇り/最高気温7度

8時起床。

今日も日中はほとんど下の部屋で本を読んだり You Tube を見たりして過ごす。朝食のあとヴォルタレンを服用したので膝の痛みは全くなし。

17時15分から整形外科医の予約をしていたので16時半頃にブリギッテの運転で街中へ向かう。公共の交通機関に乗ってコロナに感染する危険を避けるため。

これまでの経験で18時までは掛かるだろうと、ブリギッテはわたしを下ろしたあと友人宅へクリスマスプレゼントを届けに行く。

しかし、なんと待合室には誰も居なくてわたしはすぐに診察を受けることができた。医師にヴォルタレンのことを説明すると「痛む場合には服用してもかまわないし、何日も続けなければ良い」ということ。安心した。そのあと2回目の注射を膝に受けて帰宅。

ブリギッテに電話をして帰りは S-Bahn とトラムを使う。さいわいに両方とも車内はガラガラでこれならば感染の危険性も薄いだろう。

夕食はブリギッテが自分で焼いたパンと瓶詰めのイカの酢漬けでおいしく食べる。

今日は「冬至」である。明日からは日照時間が長くなる一方なので、とても嬉しい。嫌なことの多かった2020年が速く過ぎ去ってくれれば良いと願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。