夕食のタコがおいしかった

2021年1月16日(土)・晴れのち曇り/最高気温マイナス1度

8時40分起床。

7時半に目を覚ましたのだが二度寝をして起床は8時半過ぎ。ブリギッテはすでに週末の買い出しに出掛けたあとだった。朝食はわたしひとりでゆっくりと。

帰宅する直前にブリギッテから電話連絡があり、車に積んだ買い物を家の中に運び込む手伝いを頼まれる。その量に驚く。

なんでも昨日の Tagesschau を観ていて、間もなく現在以上に厳しいロックダウンが始まると思った彼女は4週間、家の中に籠もっていても大丈夫なだけの食料品を買い込んだらしい。その中にはわたしの飲むビールも2ケース(20×2=40本)あった。😀

家の中に運び込む食料品はかなりの量と重さで、終わったときにはわたしも息が上がった。彼女が買ってきたクロワッサンでコーヒーを飲む。

午後、ブリギッテに頼まれていたものをカローラ宅に届けるために車で家を出た。この頃から太陽が照り始め運転していてもまぶしいほど。帰宅して紅茶を飲んでホッとする。今日も外の空気を吸えたのが嬉しい。

夕食はしばらく前に茹でて冷凍しておいたタコを食べる。ニンニクをタップリきかせたオリーブオイルとトマトでソースを作り、タコを入れて一煮立ちするだけ。食べる直前にしっかりとレモン汁を注ぐ。一口食べたときにイタリアの空気を思い出した。バゲットを手でちぎりながら、ソースを絡めて口に入れると2度おいしい。😀 ワインはイタリアの赤。

IMG 5794

今夜も Tagesschau のあと、他愛も無い内容のテレビドラマを観る。俳優達が皆、達者で楽しめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です