孫を観ていると面白い

2021年2月9日(火)・曇り/最高気温0度

8時起床。

昨日とは一転して、朝のうちは小雪がちらつき、そのあとは曇り空の拡がる寒々しいお天気。

朝食のあと、ブリギッテはヨハナを伴って買い物へ。まだ4歳に満たないけれど、やはり女の子。買い物は大好きらしい。(笑) 私は彼女たちが帰宅するまでの静かな時間を楽しむ。

昼食は子供の好きな Fischstäpchen と Pommes。(棒状の白身の魚のフライとフライドポテト) 娘たちの小さい頃にはよく食べたものである。

午後2時半過ぎにわたしは3時半頃まで昼寝。目覚めたあと散歩にいこうとしたら、ブリギッテとヨハナも付いてきた。自分のペースで散歩をしたいのだが仕方がない。今日は森の中の道を選んだのだが、ところどころ雪が残ってはいても、スニーカーで歩ける程度。

帰宅後、 Weißbier を飲み始める。今日はヨハナが買って来たサラミソーセージがおつまみ。飲んでいるとしょっちゅう横からヨハナの手が伸びてくる。「わたしが買ってきてあげたのよ」というのが彼女の言い分である。

来月で4歳になる幼児だけれど、観察しているととても面白い。時に中年女性のような機転が効くところもあったりして笑ってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。