蕎麦はやはり蕎麦猪口で

2021年2月24日(水)・快晴/最高気温18度

7時45分起床。

今朝は9回目の OSTEOPATHIE 治療があった。わたしは10時からだと思っていたので、それに充分間に合うようにとシャワーを浴び、朝食をとっていた。そこへ治療師から電話。「9時からの予約なのですが、今日は来られませんか?」

驚いてカレンダーを見たら確かに9時からの予約を取っていた。一瞬、認知症か!と自分を疑った。😅 というのも、わたしの人生の中でこういうことは5回もないと記憶している。

朝食を途中で投げ出して、9時半には治療室に到着したので、30分の損失で済んだ。来週の最後の治療は10時半に予約しているので、それを間違えないようにしないと。

昼食は蕎麦(上州・赤城蕎麦)を食べる。先日買ってきた「蕎麦猪口」を使って食べてみたかった。わたしひとりなら蕎麦だけを食べても良いのだが、ブリギッテには寂しいだろうと、だし巻き卵焼きを作る。

わたしひとりだったら、これに蒲鉾を加えて昼から熱燗で日本酒を飲み、そのあと蕎麦を食べるということにしていたかもしれない。(笑)

気のせいかもしれないが、やはり蕎麦猪口を使って食べると、ひと味違うような気がする。そのあと、そば湯を入れて飲むこともできて今日は大満足。

IMG 6179

昼食のあとブリギッテはカローラとミアに Hirschgarten で待ち合わせがあると出掛けていった。わたしも誘われたが断って昼寝。

ブリギッテは18時頃の帰宅。夕食は昨日の残り物を温めて食べることに話し合っていた。 Tagesschau を観ながらそれを食べる。今日のドイツ国内の COVID-19 新規感染者数は、一週間前よりも若干増えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です