半分、死んでた

2021年4月29日(木)・曇り/最高気温16度

7時起床。

今日は8時〜14時までこのアパートの下水管掃除があるため、温水、冷水、ともに停止になるという案内が先週からあった。毎年1度はある定例行事である。前もって知らされていたので数個の鍋とトイレの水洗用に赤ちゃん用浴槽に水を貯めておいた。

それでも水道水が使えないというのはかなりのストレスである。たった6時間のことで、前もって知らされていてもこの心理状態である。こんな時に思い起こすのは10年前の東北大震災のことである。被害に遭った人たちのその時の恐怖とストレスはいかばかりであったかと、胸が痛くなる想いだ。

10時から1時間「西日本日独協会」主催のZOOM講演があったので参加。九州大学の小黒康正 教授がドイツ映画「ウンディーネ」について語ってくれた。

わたしは全日、くしゃみ、鼻水、悪寒が続き、起きているのが辛かった。何度かベッドに横にはなったが咳が邪魔をして眠れない。花粉症は今日がピークだと思いたい。明日からは雨が降りそうなのでそれにかすかな期待をしている。

夕食は魚のスズキをグリルしたもの。わたし以外はレモンをかけて食べていたが、わたしは醤油を掛ける。2人の幼い孫に試してみたところ、醤油の勝ちだった。😀

ユリアと孫達は明日 Kirchheim unter Teck に帰るようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です