まるで Urlaub のような1日

2021年6月3日(木)・晴れ/最高気温26度

8時起床。

ここ数日、とても快適な日が続いている。

特筆すべきは、今年になって初めて朝から夜まで住まいのほとんど全ての窓を開け放ったままだったこと。風もなかったからとても快適だった。

昼寝をするのも勿体なかったから、一日中太陽の光の当たる場所に座って本を読んだりポッドキャストを聴いたりしているうちに1日が終わった。まるで Urlaub そのもの。

夕食はコロナ禍の規制も緩んだのでカローラ一家とアンナが来てお好み焼きを楽しむ予定だった。しかし、ゲオルクが喉が痛いというのでカローラ一家は来るのを遠慮し、アンナとわれわれ夫婦の3人でお好み焼きの鉄板を囲んだ。

Tagesschau のあと ARTE で広大なロシアを徹頭徹尾、俯瞰撮影した映像 “Russland von Oben” を観る。きっとドローンで撮影したのだと思うがその規模は圧巻。ロシアの国土の広さにはあらためて驚かされる。20:15 から21:45 まで1時間半の大作だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です