義弟の葬儀があった

2018年2月23日(金)・晴れ/最高気温3度

7時起床。

今日は義弟の葬儀が行われた。ミュンヘンから約150Km ほど離れた Straubing という小さな街の教会で行われた。14時からということだったので朝はゆっくりすることが出来た。

11時頃にアンナとカローラをピックアップして出発。ミュンヘン空港を過ぎた地点までわたしが運転し、そのあとはブリギッテと交代。教会には13時20分頃の到着。

幸いにも今日は晴れたので氷点下にはならなかったが、最高気温は3度でただ外に立っていると寒い。教会の中はいちおう暖房が入っていたようだがコートを着ていてちょうどの暖かさ。

式は簡潔に終了し、そのあとは10Km ほど離れたレストランでの会食。親戚・縁者が駆けつけてけっこうな人数になった。

18時過ぎにそこを引き上げて車は全行程ブリギッテに運転して貰う。20時過ぎの帰宅。

今夜から義妹が3泊するのでブリギッテもホッとする時間がない。まあ、話し相手が出来て気が紛れるのかもしれない。

寒かった!

2018年2月22日(木)・曇りときどき雪/最高気温マイナス2度

7時起床。

今日はおそらく今年いちばんの寒さだった。おまけに風が吹いていたから体感温度はマイナス4〜5度くらいの実感があった。

13時に人と待ち合わせていたので街中へ出掛ける。この時の気温はマイナス2度で久しぶりに胴体がブルッと震える寒さ。約束した場所が Lehl にある St.Anna 教会の前の広場で、ここは木曜日に小さな Markt が立つ。

約束の時間より20分ほど前に着いてしまったのでしばらく市場を見て歩いたがあまりの寒さに地下鉄のホームに一時避難する。^^;

13時に約束した人物と会って、焼きソーセージを食べながら用事を済ませる。この寒さの中で食べる焼きソーセージは絶品だった。そこでケーキを2つ買って帰宅の途につく。

夕方から住まいの片付けと掃除。明日は義弟の葬儀で、月曜日が義母の葬儀なので、なにかと人の出入りがあるから少しはきれいにしておきたい。

ブリギッテの妹、ベティーナが明日の夜からわが家に3泊するので彼女の泊まる部屋に掃除機を掛けてベッドメーキングもする。

これから先のことを考えると頭がクラクラするが、月曜日の葬儀が終わるまでは機械的にひとつひとつ片づけていくしかない。

今見てみると、この日記を書いている20時の外気温はマイナス4度である。義母の葬儀を予定している月曜日のミュンヘンの気温を調べてみたら葬儀時の午前10時の外気温はなんとマイナス10度!80歳以上のお年寄りの参列者も多いのでそれも心配。

ブリギッテ、 Regensburg を往復

2018年2月21日(水)・曇りのち晴れ/最高気温1度

6時起床。

今日はブリギッテが Regensburg を往復するというのでわたしも早起き。朝食を用意して食べさせ、彼女を7時に送り出した。

わが家のルーターが二週間ほど前から挙動がおかしくなっている。これは新しくルーターを買い替えたほうがいいかなと、数日前から情報を集めていた。葬儀の準備などで連絡事項が多くなっている今、ルーターにダウンされると電話も使えなくなってしまう。

久しぶりに SATURN に出向いて FRITZ!Box というドイツではメジャーなルーターを見てきた。フラグシップ機 7590 は250€ぐらいするのだが、わが家の使い方だとそれほどの性能は必要としない。どうやら7430(93€)で必要にして充分な気がしてきた。

SATURN を出たあと先日昼食をとった中華料理店 FUYUAN 福源酒家 で食べることにした。わたしが到着したのは12時半頃だったが全て満席。わたしは少し待たなくてはならなかった。ミュンヘンではちょっと珍しい。

今日は飲茶をとってみた。なかなか美味しい。

帰途、スーパーマーケットに立ち寄り今夜作るビーフシチューの為に牛肉、そして明朝のトーストを購入。

夕方からビーフシチューを作り始めた。ブリギッテは19:12にミュンヘン着。今夜は冷凍の枝豆を茹で、カローラが日本から持って来てくれた「八海山」の2合瓶を開けた。おいしい!

IMG 6791

ヨハナが39度3分の高熱を発したというので心配。インフルエンザなどでなければ良いのだが。明後日の葬儀(ブリギッテの弟)には大事をとって出席しないで欲しいと思っている。

ハラハラと粉雪の舞う1日

2018年2月20日(火)・雪/最高気温0度

7時起床。

今日は一日中粉雪がハラハラと降り続いた1日。しかし積もる雪ではなかったので傘も差さずに歩くことができるほど。

今日も朝から電話を掛けたり、掛かってきたりしてその応対にとブリギッテは忙しく立ち働いていた。

午前中は彼女の手首の手術予定が入っていたのだが、その日程を延長して貰いがてら診察に出掛けて行った。しばらく前から右手親指にしびれがあって字を書いたりするときには痛いらしい。

女性にはよくある故障で7〜8分の簡単な手術で済むということなので、今日の午前中に予定を入れていた。しかし、今週木曜日は弟の、来週月曜日には母親の葬儀があるので、そのあとにズラして貰ったらしい。

午後、外気温がマイナス1度になった頃、わたしは1時間ほどのウォーキングに出掛けた。ストックを持って雪道の散歩だからあまり速くは歩けない。しかし新鮮な空気が吸いたかった。

IMG 6780

そのあと快い疲れで昼寝。

夕食は先週の水曜日に食べるはずであったカレイを蒸し焼きにして食べる。付け合わせはドイツ風ジャガイモサラダ。

ブリギッテは明日 Regensburg を往復するらしい。葬儀の準備、連絡などはほとんど済んだらしいので、気分転換に孫の顔を見るのもいいだろう。家に居ても親戚、知人からお悔やみの電話がしょっちゅう掛かってくるのでそれから逃れたいという気持ちもあるかもしれない。

今回の経験で感じたのだが、お悔やみを電話で、というのは当事者にとっては有り難くもあり、迷惑でもある。残されたものにとっては悲しみもあるけれど、葬儀までの準備がこれまた大変。その時間を奪われることになるので、やはり文書でのお悔やみがいちばんありがたいと思う。

気晴らしに散財

2018年2月19日(月)・曇り/最高気温マイナス1度

7時半起床。

今日も遅い起床。どうやら義弟と義母の葬儀が終わるまでは以前の生活リズムが戻らないような気がする。まあ、それはそれで仕方がないとは思う。

庭には先週降った雪がまだしっかりと残っているが、その表面を突き破ってクロッカスが顔を出している。雪が消えたらいっぺんに花開くのだろう。

IMG 6773

朝食のあと、溜まっていた洗濯物のアイロン掛けを始めた。少し量が多かったけれどどうということはない。12時にブリギッテに頼まれた用事で人と会うことになっていたので11時半頃に家を出た。

彼と一緒に昼食をとったあと GRAVIS に立ち寄りiPad Pro12.9インチ用のドイツ語版キーボード SLIM COMBO(Logicool製)を購入してくる。(148.9€)

夕方3時半頃に今度はミュンヘン郊外の Taufkirchen に車を走らせて追加注文した死亡告知の印刷物を受け取ってくる。

夕方、ブリギッテは久しぶりに整体体操へ。これも気分転換には良いことである。

わたしは夜になって購入してきたキーボードをiPad Pro12.9インチに取り付けて試験してみた。まだいろいろと慣れない点もあるが、今回の散財は失敗だったかもしれない。もう少し使ってみる。

無為の1日

2018年2月18日(日)・曇り/最高気温1度

7時半起床。

今日のわたしは無為の1日だった。日曜日だからいつもなら義母と一緒のブランチであった。それが無くなってなんだか穴があいたような感じだ。

今日はアンナが来てくれて3人でのブランチ。アンナはブリギッテの悲しみを少しでも和らげようとしてか、ここ数日はわが家に通ってきている。

昨夜のうちにまた雪が降ったので庭の雪はかなり積もってしまっていた。わたしは昨夜4時少し前に眼が覚めてからなかなか眠れなかったので、朝の寝覚めも良くなかった。それを引きずって日中も何かをするモチベーションが湧かず。

ブリギッテは今日も教会の神父に葬儀の相談に行ったり、義母宅の冷蔵庫の中を整理したりと忙しく動いていた。こういう時には身体を動かしていた方が気が紛れて良いのかもしれない。

夕食にはまたアンナが来訪。先月購入したデンマーク製の「鰻の蒲焼き風」をうな丼にしてみたのだが美味しくなかった。鰻の脂が完全に抜けていないので臭みが残っている。やはり日本で食べる鰻が最高だと思う。無性に日本に帰りたくなってきた。(笑)

お心遣い、ありがとうございました

義弟の突然の死から9日、義母の永眠から3日が過ぎて、ようやくブリギッテの心も少しずつ平常に戻りつつあるようです。

義母の逝去はいつかは来るものと心の準備もしていたのですが、小さいときから可愛がっていた弟の場合は寝耳に水のことでした。ショックも大きかったのです。

現在は来週、再来週に予定されている葬儀の事務的な準備に追われているので、悲しみに浸らずに済んでいるようです。

このブログを読んでくれていて、お悔やみ、励ましのコメントを付けていただいた方々、本当にありがとうございました。ひとりひとりにお礼の返事を書かずに、まとめて感謝の気持ちを書くことを心苦しく感じています。

雪模様

2018年2月17日(土)・雪/最高気温1度

7時半起床。

ユリアとヨハナが一週間わが家に滞在していた空気に慣れてしまったのか、今朝は眼が覚めたときになんとなく物足りなさを感じた。居ればうるさいと思うときもあったり、肉体的にも大変なのだが、面白いものである。

今日は朝から雪が降ったり止んだりのお天気だった。ブリギッテが朝食時に「お母さんの世話をする必要が無くなった今、わたしのこれからの日常生活のリズムを考えなくては」と言ったことがわれわれの今後の問題である。

午前中、雪の降る中をカローラの住まいまで届け物があって車を走らせる。ブリギッテは義母のお葬式のための遺影を納める額縁を買いに街へ出掛けた。

夕食はわたしが冷やご飯を使いキャベツ、タマネギ、ソーセージを入れた炒飯を作る。前菜には、以前に買ってあった山芋をおろしてワサビ醤油で食べる。ブリギッテが生野菜サラダを作って、まあまあの体裁が整った。

夕食のあとブリギッテの親友が電話を掛けてきて57分の長電話。これでここ数日の彼女の精神的なストレスが少しは発散されたのなら嬉しい。

今日も気が抜けなかった

2018年2月16日(金)・小雨/最高気温5度

7時半起床。

今日も朝からブリギッテは義母の住まいのあと片付けと葬儀の準備に関する雑用で飛び回っていた。ユリアもそれを手伝っていたので、わたしの役目はもっぱらヨハナの子守。

今日は朝から小雨が降り続いていたので外へ散歩に連れ出すことも出来ない。ここ数日のヨハナはかなり行動が活発化していて目が離せない。幼稚園に勤めているアンナの眼から見ても、ヨハナはかなり活動的らしい。

午後、昨日注文した死亡告知の印刷が出来たので、それを受け取りに車を走らせる。帰宅して少し遅い昼食を食べたあと Regensburg に帰るユリアを送り出した。

夕方、葬儀を取り仕切る予定の神父が主催するミサがあるので一緒に行こうとブリギッテに誘われたが、彼女とアンナに行って貰う。カトリックのミサというのは形式的でキリスト教徒でないわたしには退屈なだけ。

帰宅したブリギッテが言うには、その神父はドイツに来てまだ間もないインド人の神父で、ドイツ語が不明瞭だったと彼女は気に入らなかったようだ。

今日は朝食も昼食もわたしが用意したので夕食を作る気がまったく起きなかった。アンナと3人で Gartenstadt で外食。週末は少しゆっくり出来るかなぁ。

事後処理と葬儀の準備で忙しい

2018年2月15日(木)・曇り/最高気温4度

7時15分起床。

昨夜わたしは23時頃には就寝してしまったのだが、ブリギッテと妹のベティーナは午前0時過ぎまでいろいろと立ち働いていたらしい。わたしが起床してみると台所は大方片付いていた。

朝食はまたアンナを加えて5人。沈みがちな空気も一歳に満たないのヨハナが居るおかげでずいぶんと助かった。世の中は良く出来ているなぁと思う。

昨日義母が亡くなって、一夜明けた今日は朝から葬儀の手配、教会への連絡、等々、朝から忙しく立ち働いていた。

11時頃にわたしはまた頭の中がボヤーッとなってしまい、少し眠った。午後から少し雪になる。

夜は予定してあったバイエルン放送交響楽団の定期公演に出掛けた。ブリギッテも疲れてはいるが、気分転換になると言うので出掛けることにしていた。

しかし夕方になってみると彼女はさすがに疲れていてコンサートに行くのは諦めた。切符を無駄にするのも勿体ないのでわたしだけ行くことにする。意外に早く終了して帰宅は22時25分。

帰宅してみるとブリギッテとユリアは友人、知人への「死亡通知」の宛名書きで奮闘していた。

バイエルン放送交響楽団の定期公演5回目

今夜はバイエルン放送交響楽団の定期公演5回目。ブリギッテも気分転換をしたいということで聴きに行くことにしていた。しかしその時間になるとブリギッテの疲れが目立ったので結局わたし1人で行くことになった。

今夜はヤナチェックのオペラ「利口な女狐の物語」のコンサート形式である。わたしはもう日本を離れていたが、1978年二期会による公演で長野羊奈子さんが歌ったという記事を読んだ。わたしにとっても懐かしいオペラだが、コンサート形式というのはどうなんだろう。

スクリーンショット 2018 02 15 12 51 30

体調がイマイチないせいか音楽が始まっても集中できず、休憩時には帰宅しようと考えていたら、休憩無しの演奏だった。(汗) 指揮者の Franz Welser-Mest は初めてのライブ経験だったが華が感じられなかった。

スクリーンショット 2018 02 15 12 50 59

義母、永眠

2018年2月14日(水)・晴れ/最高気温2度

6時半起床。

これまでさまざまな病気を抱えながらも頑張って生きてきた義母が、今日の朝9時に永眠した。87歳。

ブリギッテの用事を彼女に替わってわたしがするために午前中、街へ出掛けようとした。義母宅に立ち寄ったのが9時少し前。

その前に義母の様態が急変したらしい。数分あとに介護婦さんが寝室の扉を開けて義母の永眠を告げてくれた。ちょうど9時だった。偶然だったが、わたしも立ち会うことが出来て良かった。

わたしはしばらくしてから街へ出掛け用事を済ませ、11時頃に再び義母宅に戻る。アンナも仕事場から急遽駆けつけ、ユリアとヨハナ、そしてカローラも来ていた。

介護婦さん二人が義母の身体を洗い、彼女の好きだったブラウスを着せていた。これ以上時間をおくと硬直が進んで着せることが出来ないらしい。

家庭医にも連絡をしていたが来てくれたのは12時半頃だった。ドイツも病院以外で死亡した場合は、かなり厳格に警察などの調査がある。家庭医にちゃんと書類を作って貰うことは重要なことである。

わたしとユリア、ヨハナ、カローラはここでわが家に引き上げてきた。今夜は8人がわが家で夕食をとることになるだろうから、スパゲティ・ボロネーズを作ることにした。その材料を買いにユリアとカローラは出掛けて行った。ブリギッテはベティーナとお葬式の段取りとか親類への連絡などで忙しい。

18時に葬儀社から二人の男性が来て義母を引き取っていった。

そのあとわが家に集まり、ユリアとカローラが作っておいてくれたスパゲッティ・ボロネーズと生野菜サラダで夕食。

介護婦さんは明日からお役御免となる。介護事務所から迎えのバスが来るのが午前0時ということで、ブリギッテとベティーナがそれまでお付き合い。2人とも疲れているけれど、最後のひと踏ん張り。

義母、昏睡状態に

2月13日(火)・晴れ/最高気温2度

7時起床。

今日もブリギッテは朝食をとらずに義母宅へ。彼女は義母宅で介護婦さんと一緒に朝食をとる。わたしとユリア、ヨハナの3人で朝食を済ませる。

10時過ぎにブリギッテから電話。義母が昏睡状態に入ったとの知らせだ。駆けつけてみるとちょっと苦しそうな息はしているもののまだ亡くなったわけではない。

そのうちに家庭医も来てくれて症状を診て貰う。義母はヘルスメーターを埋め込んでいるので、それが規則正しく動いているうちは血液を体内に送り込んでいるので大丈夫らしい。

ユリアもヨハナを乳母車に乗せてきてくれた。12時過ぎに帰宅してわたしは1時間の昼寝。ここ数日は午前11時頃にもの凄く眠くなる日が続いている。生活のリズムが崩れているのだろう。

眼が覚めてからヨハナを乳母車に乗せて新鮮な空気を吸いに出掛ける。

今夜はユリアが友人に招かれているのでわたしがベビーシッターを引き受ける。皮肉なもので、彼女が出掛けてすぐにヨハナがグズりだした。ミルクを150ml作って飲ませるとようやく眠りについた。

さてこれから少しゆっくり出来るかなと思ったら今度はアンナとカローラが来訪。義母の様態が心配で見に来た帰りらしい。夕食を食べていないという彼女たちのために焼きそばを作ってあげることになってしまった。

ブリギッテの健康も心配

2018年2月12日(月)・曇りときどき晴れ/最高気温2度

6時半起床。

昨夜はブリギッテも自分のベッドで寝ることが出来て、熟睡できたようだった。自分の母の面倒を見てあげたいのは心情的に理解できるが彼女自身の健康には気をつけて貰いたい。

介護婦さんが付いているにしても、もうベッド上で義母を動かすのは大変だし、食べるものも口まで持っていってあげなくてはならない。

介護婦さんを手伝うので朝食は義母宅でとると言って出掛けていった。運悪く折った鎖骨は右側で左手はパーキンソンの影響で震えがひどく役に立たないのだ。

現在わが家に泊まっているユリアは午前中にヨハナを連れてブリギッテの買い物を手伝うために出掛けた。Weißwurst を買ってきてくれたのでそれで昼食とする。

その後、わたし、ユリア、ヨハナの3人は1時間ほどの昼寝。わたしは3時頃から森へのウォーキングに出掛けた。まだ道にはしっかりと雪が残っていて歩きづらく、滑って危ないのでいつもより短いコースを1時間(約5Km)歩いて帰宅。

ここでわたしまで風邪をひいたりしたら、いざというときに何も手伝ってあげられなくなってしまう。自分の健康はしっかりと自己管理しなくては。

夜は疲れて帰宅したブリギッテを待って残り物での夕食。仕事帰りのアンナも立ち寄り4人での食事。

不幸が重なった夜

いずれなんらかの形で書かなくてはならないのだが、今日までそれをする気にならなかった。今日になってわたしの気持ちも周囲の状況も少し落ち着いてきたのでここに書いておく。

不幸は先週の木曜日(2月8日)に重なって起きた。ブリギッテの弟がこの日の午前中に仕事机に座っていて急死した。死因はまだわからないけれど「心筋梗塞」だろうという。59歳だった。

弟の娘から電話でそれが知らされたときのブリギッテはショックでまさに半狂乱の状態。彼女の頭の中は自分の母親の死が近いと云うことで一杯だったから、昨日まで元気だった弟の死は藪から棒のことだった。

それを就寝前の義母に知らせたりしたら、彼女の受ける心の打撃もいかばかりかと、明朝知らせることに決めた。そしてその夜23時を過ぎた頃に介護婦さんから義母がベッドから落ちて動けないという知らせ。

急いでわたしも駆けつけたけれど、素人では動かせない状態。救急車を呼んでわが家の近くの病院に搬送して貰った。右側の鎖骨が折れたという。

義母には次の日にブリギッテが弟の急死を知らせたが、思いのほか冷静に受け止めていたそうだ。もしかすると痛み止めの薬が働いて良く理解できていなかったのかもしれない。心の中はともかく表面上はこのニュースによる義母のショックが少ないようなのはありがたかった。

これからいろいろな問題が出て来ると思うけれど、ひとつひとつ片づけていくしかない。元気でいなくては。

人の出入りが多くて疲れた

2018年2月11日(日)・曇り/最高気温4度

6時半起床。

ブリギッテは昨夜から義母宅泊まり。9時にカローラとアンナ来訪。ユリア夫妻を混えて5人での朝食をとる。

昨夜はよく眠れなかったので、11時ぐらいから昼寝を試みる。しかし眼の痒みが気になって眠れず。ハーゼルナッツの花粉が空気中に飛んでいるのかも。

午後はブリギッテの妹夫妻が義母の見舞いにDarmstadtから訪れた。彼達夫婦もそれぞれに仕事を持っているので3時間ぐらいの滞在で帰っていった。

夕食には150個の餃子を作った。今日は娘たちが包むのを手伝ってくれたのでそれほど大変でもなかった。今日は焼き方に専念したので、あまり食べたような気がしなかった。

22時に全てが終了してお開きとなる。ユリアとヨハナは水曜日まで泊まっていくらしい。わたしはなんだか人疲れ。

体調は少し持ち直す

2018年2月10日(土)・曇り/最高気温2度

6時半起床。

昨夜、わたしが就寝したあと家族が台所の整理をしていてくれたので今朝はほとんどあとかたづけをしないで済んだ。

朝食のあとブリギッテはすぐに義母宅へ。わたしは明日の日曜日は餃子を作ってくれと家族に頼まれていたので、餃子の皮を買いに街へ出る。25枚×6個を購入した。帰宅途中の Tram の中では眠くて参った。

帰宅してたまらずにベッドに倒れ込み、1時間以上タップリと眠った。これでどうやらリセットできたようだ。

同じ時間に目が覚めたヨハナを乳母車に乗せて散歩。今日の森の中は雪が積もっていたので Hochleite を歩く。1時間少々歩いて帰宅。

夕食はユリアとフローリアンがイタリア料理の Ossobuco リゾットを作ってくれた。トマトソースとホロホロの肉が美味しかった。

IMG 6734

義母の様態が心配なのでブリギッテは今夜は義母宅に泊まると言って22時過ぎに出ていった。

もう、無理はきかないなぁ

2018年2月9日(金)・曇り/最高気温1度

6時半起床。

昨夜はいろいろとあって就寝が午前3時過ぎ。日中は1人でいる時間があったので、足りない睡眠を補おうとしたのだが、結局ウツラウツラしただけで眠れなかった。

夕方から娘たち3人とヨハナ、少し遅くなってからフローリアンが来てくれる。夕方5時過ぎにまたブリギッテは義母宅へ行き、彼女の帰宅を待って夕食。

簡単に魚を焼いて(鯛に似た魚は堂々として立派なもの)、ジャガイモサラダを付けて食べた。淡泊な味でおいしいと思った。ブリギッテの気持ちも賑やかな空気の中で少し紛れているようで少し安心。

22時過ぎにカローラを彼女のアパートまで車で送っていく。わたしも少し疲れ気味で注意力散漫だったか、途中、2度ほど危うく赤信号を見落としそうになり、カローラに注意された。(汗)

帰宅して23時頃にブログを書かずに就寝。この日記は翌日、2月10日の早朝に書いている。

雪が積もった

2018年2月8日(木)・小雪/最高気温1度

6時半起床。

朝からサラサラとした粉雪が降っていた。このまま降り続いたら積もるなぁ、と思っていたが時間が経つにつれて小降りになっていった。下の写真は午前中に台所の窓から写したもの。

IMG 6706 JPG

ブリギッテは相変わらず午前中は買い物。12時から義母宅に医者が来るのでそれに間に合うように義母宅へ行った。

午後、プリンターを使うことがあってインクが切れそうになっているのを見つけた。わたしの経験ではインク切れは週末に起こったことが多いので、 Conrad に出向いて購入。

明日からはどうやら少しずつ暖かくなりそうだ。

氷点下の一日

2018年2月7日(水)・曇りのち雪/最高気温マイナス1度

6時半起床。

一日中氷点下の寒さ。わたしがいつもの通りの時間に目が覚めたときにはブリギッテはすでに Regensburg に出発したあと。彼女は昨夜よく眠れなかったらしく5時頃には起きてしまったようだった。

今日はお昼に知人と会食する約束だったので朝食は控えめにとる。しかし9時過ぎに彼が腹痛のために病院に行くというので会食は来週に延期することになった。この寒さに外出するのはあまり気が進まなかったからホッとした。

昼食はうどんを作って食べた。久しぶりのうどんである。寒いときにはこういう熱い汁物が嬉しい。

そのあと、アンナから電話があり体調が悪いので勤めを早引きしたという。ドキッとしたが今回は内臓の方では無かったようでちょっと安心。近所の医者まで車で連れて行き、わたしは待合室で待つ。診察のあと彼女の住まいまで送り届けた。明日はまた仕事に戻れるようだ。

午後3時に Weißbier を買いに家を出る。この頃には雪がかなりの勢いで降りだした。

ブリギッテは19時半頃に Regensburg から帰宅。昨日餃子を作ったときに残った餡を昨日のうちにホロホロと炒めておいた。それを使って今夜は炒飯。もう一品はアジアショップで買ってきた山芋をすり下ろしてワサビ醤油で食べた。

思いっきり餃子を食べた

2018年2月6日(火)・曇り一時晴れ/最高気温5度

6時起床。

朝食のあとブリギッテは昨夕とは違う体操教室を試してみると言って出掛けて行った。しかしそのコースはあまり気に入らなかったらしい。

1度帰宅してから今度は亡くなった義父のお墓参りへ。今日は義父の誕生日なのだ。生きていれば97歳になる。

今夜は餃子を作ろうと思った。数日前に冷凍庫の中に餃子の皮(25枚入り)が3パックあるのを見つけた。参考にしたレシピは「小林カツ代の永久不滅レシピ101」という本の中から。

作り方はずいぶん簡単そう。とにかく試してみようと豚の挽肉とキャベツを買いにいく。帰途、ブリギッテに頼まれ Klapfen を買って義母宅に届ける。

帰宅してわたしのぶんの Klapfen をひとりで食べながらお茶を飲んだあとウォーキングへ。今日もいつものコースだ。3時過ぎのこの時間はちょうど太陽が出ていて、それほど寒くはなかった。

夕方から作り始めて75個の餃子が出来た。

IMG 6694 jpg

今回のレシピでいちばん嬉しかったのは、具の中に片栗粉を入れたためか自ずと羽根付き餃子のようになったのと、焼き上がりでフライパンにまったくこびりつかなかったこと。

IMG 6695 jpg

わたしはこれまで焼き色を付けてからお湯を入れて蒸していたのだが、このレシピは最初に水を入れて蒸してから最後に焼き色を付けるのだった。これって誰でも知っていることだったんだろうか。

今日は白いご飯も何も食べず、ひたすら餃子だけを攻める。これ、いちどやってみたかったのだ。食べたあと数えてみたら二人で50個を平らげていた。(汗)

底冷えのする日だった

2018年2月5日(月)・曇り/最高気温0度

6時半起床。

寒い一日。朝食は義母にかかわる早い予定が入っていたのでいつもより早めに済ませる。ブリギッテが出掛けたあと、部屋に掃除機を掛けたりした以外は11時半頃までゆっくり過ごす。

うどんなど麺類が切れているので Rosenheimerplatz にあるアジア食品店まで行ってみる気になった。外へ出ると身体を包む冷気に少したじろぐ。風がなくても冷え込んでくるこれは、本格的な寒さだ。

昼食は本当に久しぶりに Leberkäsesemmeln を食べてみる。これもたまに食べると美味しい。2€と安いのも良し。

あまりにも寒いので買い物を済ませてすぐに帰路につく。途中で薬局に立ち寄り皮膚クリームを購入。帰宅後1時間の昼寝。

ブリギッテはわたしの眠っている間に帰宅していた。彼女は夕方から体操教室へ。その帰りを待って今日は「トリ肉の生姜焼き」を作った。

IMG 6689 JPG

参考にしたレシピは小林カツ代の「豚肉のしょうが焼き」。今日はトリ肉が食べたかったので豚肉の代わりに鶏の胸肉を使用。これは簡単でいい。

義母の足が心配

2018年2月4日(日)・曇り/最高気温3度

6時起床。

今日は日曜日なので義母とのブランチ。ブリギッテは Patenkind とブリギッテの友だちでもある彼女のお母さんと
Stadtführung プログラムに参加することにしていたので、早めのブランチとなった。

彼女はいちおう食べ終わり、10:15頃に出ていったので、そのあとはわたしと義母、介護婦さん、それにアンナの4人でブランチを終えた。あとかたづけをして帰宅したのは11時半過ぎ。

義母の足の状態がかなり悪くて、もうほとんど歩けない状態。家の中でも車椅子を使っている。食卓から立つときにフラットよろけてわたしが後ろから支えたがかなり重かった。聞けば現在の体重は60kgだという。

帰宅してしばらくしてからわたしは45分の昼寝。目が覚めてからまたレンタル映画を観る。今日は日本映画「利休にたずねよ」というもの。3時半頃に終了。それからウォーキングに出掛けて昨日と同じコースを歩く。

わたしの帰宅とほとんど同時にブリギッテも義母宅から帰宅。夕食はムール貝を使った料理。だが、いつものワイン蒸しではなかった。

今日でレンタル期間終了の迫っていた映画を消化した。次のレンタル映画はまだ11日間の余裕があるのでひと休みだ。何だか借金の返済を迫られているような妙な感じ。^^;

一日に映画・三本を観た

2018年2月3日(土)・曇りときどき雪/最高気温2度

7時起床。

昨夜はどうしても家に帰れないという夢を見て寝覚めが悪かった。こんな夢は初めての経験。そのせいか、いつもより30分ほど遅い起床となった。

朝食のあと、ブリギッテはアンナと買い物へ。冬物一掃のバーゲンに出掛けたようだ。わたしはそのあと頑張って映画を2本観た。一本目は「コードネーム UNCLE」で、スパイ映画。007の2番煎じのようなものであまり面白くなかった。

続いて観たのは「マネー・モンスター」という株取引に関するもの。こちらはまあまあの緊張感があって楽しめた。俳優たちも達者だったし、現在問題になっているビットコイン問題を想像させるような面もありなかなか面白かった。

さすがに続けて映画を2本観ると眼も頭も疲れる。^^;

外の空気が吸いたかったから、天候が心配だったけれど、3時過ぎからウォーキングに出掛けた。昨日と同じコースを歩いて帰宅。

夕方、少しだけ溜まっていた洗濯物のアイロン掛け。これは30分も掛からずに終わった。今夜は「ムール貝のワイン蒸し」をと計画していたのだが、ブリギッテが義母宅から戻るのが遅かったから Kaltesessen とした。

そのあと頑張って映画をもう一本観始める。「わたしに会うまでの1600キロ」という自分探しの女性の長い旅を描いたもの。

数日ぶりのウォーキング

2018年2月2日(金)・晴れときどき曇り/最高気温5度

6時半起床。

ブリギッテは朝食のあとイタリア語教室へ。冬休み前の最後の授業らしい。

わたしは数日ぶりに10時半頃から森へのウォーキング。道がぬかるんでいるかと思いきや意外と乾いていた。途中でハーゼルナッツの花を発見。これが風に吹かれて空中に舞うとわたしは喘息になる。

IMG 6684 jpg

それが2月一杯続いて、3月の半ば頃からは白樺の芽吹きで悩まされる。この時期に日本へ帰れれば喘息の時期をやり過ごすことが出来るのだが、今年はちょっと無理のようだ。7.4kmを歩いて帰宅。

昼食は昨日と同じように焼きそばを作った。残り野菜(白菜、ネギ、タマネギ)とソーセージを使って具タップリ。そのあとは45分の昼寝。

夕方近くなってレンタル映画「二つ星の料理人」を観始める。

夕食はブリギッテが昨年トスカーナで買ってきた、白い豆とトスカーナ・ソーセージをトマトソースで煮込んだもの。ソーセージがかなり塩辛かったが、トスカーナの農民が食べる素朴な家庭料理なのだろう。

明日からはグッと寒くなりそうな天気予報である。

DVD映画 「歩いても歩いても」を観た

2018年2月1日(木)・雨ときどき雪/最高気温6度

6時40分起床。

11:45に歯医者の予約が入っていた。先週、歯石取りをしたとき前歯の後ろに黒い点が見つかって、それを今のうちに塞いだ方がいいということで今日になった。

神経に障るような痛みが無い治療だというのはわかっていたから気が楽だった。地下鉄の駅から歯医者までの道は20分くらい歩くのだが、今日はかなりの雪が降っていた。

歯の治療は40分くらいで終了し帰宅。焼きそばを作って食べたあと1時間の昼寝。

午後、義母宅から帰宅したブリギッテと彼女が買ってきたケーキでお茶。夕食は納豆と鯖の開きを焼いて大根おろしを添えたもの。脂の乗った鯖は美味しかったがその後しばらく部屋が臭かった。二日ぐらいは匂いが取れないので、これだけがちょっと問題。

夜は先日友人からプレゼントされた DVD 「歩いても歩いても」をブリギッテと一緒にドイツ語吹き替え版で観る。ブリギッテは昼間の疲れか大方寝入ってしまっていた。^^;

次は一人で日本語オリジナル版で観直すつもり。

陽気に誘われて今日も街へ

2018年1月31日(水)・晴れ/最高気温12度

6時半起床。

今日も気持ちの良い1日だった。しかし明日からは一転してまた寒い日が続くようだ。

ゆったりと朝食をとったあと、ポカポカと窓から差し込む陽気を楽しんでいるうちに正午。こんな日に外出しないと後悔するとばかりに外へ出掛けることにする。

先日の新年会で何種類かの福引きが当たった。その中の1つが日本語DVDレンタルの一ヶ月無料券。そのほかにちょっとした買い物をブリギッテに頼まれた。

昼食は久しぶりに Opatja で昼の定食を食べる。相変わらずのボリュームだったが頑張って完食。その後で日本食品店 Y.SUZUKI に立ち寄り DVD レンタルの手続きをする。今日は TBS で放送された連続ドラマ「わたしを離さないで」10枚組をレンタルしてきた。

これはカズオ・イシグロ作品のドラマ化らしい。家に帰って早速第1話を観たが、テーマがテーマだけに最後の10巻まで観る気力があるかどうかちょっと疑問だ。

ブリギッテが帰宅してから、先日引っ越しをした友人夫妻の新居を「パン」と「塩」を持って訪ねる。ドイツでは家を建てたり引っ越したりしたときに「パン」と「塩」をプレゼントする習慣がある。

加えて食卓の上のゴミや食べかすなどを吸引する卓上掃除機をプレゼントした。たまたまインターネット上で見つけたテントウ虫の形が可愛らしかった。テントウ虫は幸運を呼ぶという意味あいがある。名称未設定 png

劇場の知人を訪れた

2018年1月30日(火)・曇り/最高気温9度

6時半起床。

昨夜は就寝する前にまた喉が痛痒くなり、これは明らかに風邪をひく前兆。入念に Salviathymol でうがいをしてからベッドに入った。

しかし午前0時過ぎ、午前2時過ぎに目が覚めたので、そのたびにうがいをした。6時半に起床してまたうがい。これでなんとか進行を食い止められるかなという感じになる。

今日は一日家に居ようと思っていたのだが、9時を過ぎる頃に家を出て街へ。ずいぶん前から劇場の知人に会わなくてはと思っていたのだが電話をしたら在籍していたので、今日済ませることにした。

お話しはほんの10分ほどで終わって、そこから  Marienplatz の Apple Store へ行く。iPad Pro12.9インチ用の純正 Smart Keyboard が気になっていてそれを触りたかった。試してみるとキーストロークが浅すぎてわたしにはちょっと合わない感じ。そして値段が高い!

そこから GRAVIS まで足を延ばし、ロジクール製の SLIM COMBO というキーボードカバーを見ようと思った。残念ながら店頭で触れる商品は置いて無くてパッケージだけを見た。

その後いつものケバブ屋さんで昼食を取り帰宅。1時間の昼寝。

夕方からブリギッテは病気で苦しんでいる近所の友だち宅へおしゃべりに。わたしはお腹が空かないのでさて夕食はどうしようかと考えている。喉のイガイガは多分良くなるだろう。

クロッカスの花が咲き始めた

2018年1月29日(月)・快晴/最高気温15度

6時半起床。

暖かい一日となった。それは嬉しいのだがちょっと身体が気温の変化に付いていってない感じで、夕方になったら疲れを感じた。

今日は朝食抜き。というのも久しぶりに友人と会って昼食を一緒に食べる約束をしていたから。最近は「1日2食」で充分な感じがしている。3食キッチリ食べるとお腹が空いていないのに詰め込む感じになる。これは駄目だろう。

11時に家を出たのだが、その前にふと庭先を見るとクロッカスの花が咲き始めていた。例年はもう少し遅いような気がしていたけれど、こんなものなのかもしれない。

会食したのは久しぶりに中華料理店の「福源酒家」(FUYUAN)。わたしはお昼の定食「麻婆豆腐」(6.9€)を食べながら、積もった話を進める。相手は午後からまた仕事があるので、1時間ほどしか話せなかったけれど、元気そうなので嬉しかった。

食後の運動を兼ねて5000歩ほどの距離を歩く。人が多い街中の歩きは疲れるけれど暖かさは空気の色もやわらかく変えてしまう。帰りの Tram の中では居眠りをしてしまった。家について改めてベッドに入り寝直す。

夜になってもお腹が空かないので、わたしはホワイトシチューの残りを食べて鍋を空にした。

ミュンヘン日本人会の新年会

2018年1月28日(日)・曇り/最高気温11度

6時半起床。

今日は11時半からミュンヘン日本人会の新年会があった。日曜日なのでその前に義母とのブランチがある。必要なものをカゴに詰めて9時過ぎには義母宅に到着し、ブランチの支度を始める。今朝はアンナも同席したので準備は意外と速く整った。

2時間後には昼食を食べることになるので、ここではごく控えめに食べる。

新年会会場はわが家から Tram 一本で行ける Hofbräukeller の2階で行われた。例年通りの進行で女声合唱の後日本人会会長と総領事館の副領事の挨拶。(領事はインフルエンザに罹って出席することができないということだった)

例年だと清酒の樽を使った鏡開きなのだが、今年は会場が会場だけにビールの樽開けとなった。ブリギッテは不満そうだったが、まあ、これも良いとしよう。

食事の終わる頃から日本舞踊、と太鼓グループのアトラクションがあり最後にお目当ての福引きである。今年は大物は当たらなかったけれどけっこうな賞品をゲットできて満足。

帰途、義母宅に寄るというブリギッテと別れて帰宅。ご飯を電気釜に仕掛け、ベッドのシーツ総入れ替えをして18時前にようやく落ち着いた。

夜になってもまったくお腹が空かないのでおつまみと Weißbier を飲んで今日はお終い。

クリームシチューが美味しい

2018年1月27日(土)・曇り/最高気温7度

6時半起床。

今朝はいざ朝食を食べようという段になって、ブリギッテが「ア〜ッ、今朝はYさんと一緒に Café で朝食を食べる約束だった!」と大声。

約束した時間は8時半だったが気がついた時は9時を少し過ぎていた。慌てて身支度をした彼女をカフェまで車で送っていった、そのあおりを食ってわたしの今日1日のリズムも混乱してしまった。

彼女は朝食のあと義母宅へ行ったが、そのあと Regensburg のユリアから電話があり Dingolfing という街で待ち合わせることになった。ちょうど週末だったのでカローラとアンナも同道。

家に残ったわたしはひたすら古いビデオフィルムのデジタル化と編集作業

彼女たちが戻ってくるのは夜の20時頃だというので、ホワイトシチューを作ることにした。お目当ての肉屋まで歩いて行ってみたら土曜日ということですでに閉店。そこから Tram を乗り継いで鶏肉とタマネギを買って帰る。

IMG 6670 jpg

ホワイトシチューというのはカレーライスと同じで無性に食べたくなるときがある。

今日は義母が食べたものを吐いたそうなので、それが心配だったブリギッテは帰宅してすぐにまた義母宅へ。アンナとカローラはわが家でホワイトシチューを食べた後、わたしが車で送っていった。

帰宅途中で義母宅に立ち寄りブリギッテをピックアップして帰宅。

ブリギッテ、カローラと一緒に Regensburg へ

2018年1月26日(金)・晴れ/最高気温11度

6時起床。

今日はブリギッテとカローラが二人でユリアの住む Regensburg へと出掛けていった。

ブリギッテはその前にイタリア語コースへ。わたしは午前中にウォーキングを済ませる。今日は冬靴を履いてキッチリといつものコースを歩いた。下の写真はシットリと濡れた苔の色感を狙ったのだがうまく表現できない。わたしの力不足。

IMG 6669

帰宅してから1時間のタイマーをセットして昼寝をしたのだが、なんと30分後には目覚めてしまった。しかしグッスリと寝足りた感覚で気分が良い。

午後はユリアの3歳の頃のビデオを整理していた。元々がビデオカセットに録画したものなので、それを現在のフォーマット(mp4) に変換するには、もの凄く時間が掛かる。

こんな時には高性能で速いPCを欲しくなる。わたしの MacBook Pro 15 は2013年初期のモデルだからそろそろ買い換えの時が来ているのかも知れない。(笑)

ブリギッテは21時過ぎの帰宅。

オーディオファイルの編集作業

2018年1月25日(木)・晴れ/最高気温15度

6時半起床。

晴れた。
最高気温は15度まで上昇したがどうやらフェーン現象らしい。

ゆっくりの朝食を済ませたあとブリギッテは義母宅へ向かい、わたしはウォーキングへと家を出た。しかし森の中の道はまだしっかり雪が残っていてウォーキングシューズではツルツル滑って危ない。

いったん家に戻りアイゼンを装着し再出発。しかし10分ほど歩いたところで足に異変を感じる。普段まったく知覚しない部分の筋肉が張ってきている。このまま歩き続けるときっと後で面倒なことになると思い近道をして帰宅した。それでも6000歩近く歩いたから良しとする。

帰宅して45分の昼寝。

目が覚めてから、数日前に作業を始めて解決できないままでいたオーディオデーターの編集をすることにした。

私の義父が彼の初孫であったアンナのために童話をカセットテープに録音してくれていた。それをデジタル化したのだが、冒頭に「可愛いアンナのためにおじいちゃんが朗読します」という彼のアナウンスが入っていた。

今回、わたしはそれを私の初孫であるヨハナにプレゼントしたいと思ったのだが、この冒頭の句はカットしたい。

インターネット上を探したらそういう作業に適した無料ソフト Audacity というのを見つけた。それをダウンロードして編集作業をし、出来上がったものをCDに焼いた。こういう作業は難しくはないのだが、時間が掛かる。

ブリギッテは夕方に帰宅。今度の介護婦さんは二度目だけれど有能で義母との相性も申し分ないと満足そう。それでブリギッテのストレスが少なくなるのならわたしも嬉しい。

夕食は二人ともあまりお腹が空いていないのでチーズの盛り合わせで済ませた。ブリギッテは明日、また Regensburg 行き。

日本人仲間でプチ新年会

2018年1月24日(水)・晴れ/最高気温15度

5時半起床。

今朝はブリギッテが7時に家を出て Regensburg へ行くのでわたしも早起きして朝食を作った。彼女が出掛けたあとであらためて1時間ほど寝直す。

というのは今日は13時から日本人仲間4人が集まってプチ新年会をしようという事になっていた。こういう場にはシャキッとして出たい。わたしを入れてこの四人は全員が70歳近辺でそれぞれ奥さんがドイツ人だという共通点がある。

日本料理店の「 HAGURUMA 」に集まりお昼の定食を食べながら日本酒で乾杯。それほど込み入った話ではなく世間話のようなもの。それでも楽しかった。

帰宅して少しゆっくりしてからまた遅い昼寝。やはり昼間のお酒は眠くなる。

夕食には鶏の胸肉を薄切りにして一口カツ風に揚げた。それと生野菜サラダ、ご飯。ブリギッテは20時ちょうどぐらいに帰宅。彼女なりにユリアの手助けが出来たので満足そうだった。

今日は昨日と較べて10度近く暖かい日となり体調を合わせるのは大変だったが、それでも暖かい方がいい。

お世話になった小児科医師の葬儀

2018年1月23日(火)・曇り/最高気温6度

6時半起床。

今朝は9時-10時に暖房機器のメーターを計る人が来るのでそれまでに朝食を済ませた。これは1年に一度あって、その時には誰かが在宅していなくてはならない。今は二人とも年金生活者なのでまったく問題がない。

そのあとブリギッテは義母宅へ。今日は12:45分から娘たちがお世話になった小児科医師のお葬式があった。92歳で亡くなったこの女医さんはとても親身に子供達を診てくれた人で、わが家の娘たちが急に熱が出たときなどは、すぐに往診してくれた。あるときなどは濡れた髪のまま来てくれて、ちょうどシャワーを浴びていたところだったと言われて恐縮したことがあった。

お葬式は Ostfriedhof で行われたがこのホールが石造りで暖房も入っていなかったから、時間が経つにつれて寒くなってきた。1時間近く掛かったセレモニーだったので最後の方はさすがに辛かった。

音楽は小児科医の隣人だったフルート奏者の András Adorjan 氏と彼の奥様が受け持って2曲演奏してくれた。

Christoph Willibald Gluck(1714 – 1787): “Reigen selliger Geister” aus “Orpheus und Eurydike” (András Adorjan, Flöte und Thomas Renner, HI.Kreuz – Giesing, Orgel)

Georg Philipp Telemann (1681 – 1767): Aus Sonate e-moll, opus 2 Nr.2 für 2 Flöten:Affetuoso – Vivace (Janne und András Adorjan)

セレモニーのあと、棺を先頭にお墓までの道を歩いたのだが、6度という外気温が温かいと感じた。それほどホール内の冷えは強烈だった。

埋葬まで付き合ったあと帰宅の途に着いたが、しばらく顔を見なかった親戚の女性も来ていたので彼女と三人でお茶を飲む。

3時過ぎに帰宅してすぐにベッドに入り昼寝。ベッドの暖かさがありがたかった。

夕食は冷凍のエビを解凍し、ニンニクのすり下ろしたもので焼き、サラダの上に乗せる。昨日ブリギッテが義母にと作ったジャガイモ・グラタンの残りを電子レンジで温めて添えた。

歯医者で歯石取り

2018年1月22日(月)・雪のち小雨/最高気温7度

7時15分起床。

目が覚めたのは5時少し前。トイレに行ってからまたベッドに戻って今日は二度寝してしまった。

今朝はブリギッテが朝食は要らないと言う。カローラと約束して Café で一緒に朝食をとるのだそうだ。母娘、いろいろと話すことがあるのだろう。

わたしは11時半から歯医者の予約を入れていた。歯石取りである。その前の一人朝食は一昨日作って余った豆腐とネギの味噌汁に玉子を2つ落とし、焼き海苔、ザーサイ(桃屋の瓶詰め)というもの。昨夜、寝る前からこれが楽しみだった。(笑)  歯石取りの跡は昼食を取れないのでしっかりと食べる。そのせいで家を出たあと猛烈な睡魔に襲われる。

10時半頃に家を出る。歯医者までの道は降った雪が溶け始めていてグチャグチャ。かなり歩きづらかった。途中で撮った運河の写真。氷が張っている。

IMG 6662

鴨だけを狙って撮ってみた。

IMG 6663

歯石取りは問題なく終わり、歯も歯肉も異常なしということだったのだが、前歯の裏に小さな黒い点があるのが見つかった。放っておいて拡大するといけないので来週もう一度訪れてそこを塞いで貰うことになった。まあ、痛くなければどうでもいいのだが。

帰宅途中で Klapfen を買って戻る。昼寝を1時間して起きたあと Klapfen と紅茶を一人で楽しむ。ブリギッテはカローラと会ったあと義母宅に行ったらしく17時前の帰宅。そのあと彼女は17時半からの体操教室へ出掛けた。

夕食は昨夜ブリギッテが作った Königsklops 。

購入した機器の会社が倒産

2年前の2015年11月に浴室の改造をした。その時に老後のバリアフリーを考慮して浴槽を取っ払ってシャワーだけにしたのだが、それだけでは物足りなさを感じてスチームサウナも取り付けたのだった。

IMG 6665

以前から何度も書いているように、ミュンヘンの水道水は硬水で恐ろしくカルキ含有量が高い。さすがに一般家庭で必ず使う洗濯機などはその対策も講じられているようでカルキによる故障という話は聞かない。

しかし、例えばわが家のウォッシュレットなどはまだドイツではあまり知られていないのでその対策がなされていない。わが家のウォッシュレット(TOTO) はきっかり2年後の昨年12月にカルキで管が詰まり総入れ替えとなった。

ちなみに以前使っていたTOTO のウォッシュレットを分解してみたことがあるのだが、水が通るウレタン製の管の細いのに驚く。これじゃ2年も使っていたら詰まるだろうな、と妙に納得。

その時、個人的に TOTO にはメールで報告したのだがその後も一向に改善される気配はない。TOTO がヨーロッパ市場を考慮するのならこの点に改造のメスを入れなくてはならない。

スチームサウナに話を戻す。この機種はイタリア製で TEUCO という会社の製品。現在のところスチームサウナはまだ機能しているのだが、そろそろカルキ除去をしてもいいだろうと思い、取り扱い説明書に書いてある通りにやってみた。しかし、動作しない。

購入した店に連絡して修理依頼をしたところ、このメーカーが倒産していることを知らされた。その後も何度か電話で対策を相談している最中なのだが、展望は暗い。

安息の日曜日

2018年1月21日(日)・曇り一時晴れ/最高気温2度

5時半起床。

今朝も早起き。昨夜はけっこう遅い就寝だったのに。

今日は日曜日で義母とのブランチの日。しかし彼女は一昨日、退院してきたばかりだし、わが家まで来るのが義母にはもうかなりの負担になっているのでわれわれの方から行くことにした。

食器とかは義母宅のものを使うけれど、それ以外にもわが家から運ばなくてはならないものがけっこうある。新鮮なジュースもこちらで作って持っていくことにした。

久しぶりに会う義母は思いのほか元気そう。話す口調にも力があってやはり自分の家に戻ってきたことが嬉しいのかもしれない。ブリギッテが言うには、これまでの折り合いの悪かった介護婦さんと一緒の数ヶ月が義母にはかなりのストレスだったらしい。

良い雰囲気の中でブランチを終わって12時過ぎにわれわれは引き上げてきた。満腹感に昨夜の遅い就寝が重なって眠かったので1時間ほどグッスリと眠る。

外は昨日の雪がしっかり残っているので、午後からはゆっくりと本を読んだりメールを書いたりして過ごす。今日は早寝しよう。

「屍人荘の殺人」(今村昌弘著/東京創元社)読了。

最近、本格ミステリー小説というジャンルから遠ざかっていたのだが、好意を持って読んでいるブログでのおすすめがあったので電子書籍を購入して読んでみた。そのブログ記事とは

「屍人荘の殺人」(今村昌弘著/東京創元社) – CLASSICA – What’s New!である。

このブログの筆者は音楽評論家(ファン)でもあるし、熱心なサッカーファンでもあるらしい。どちらの部門にたいしても基本的に温かい眼差しをお持ちの方で購読していてとても心が安まる。

で、このミステリー小説の読後感は100%満足とはいかなかった。そもそもわたしは映画でもホラー系のものは嫌いだ。見ていて心臓がドキドキしてくる。

ということはあってもこの本の骨格となっているところはやはり本格的な謎解きであって、ホラー系の話はあくまでも構成上の柱の1本なのだと納得させながら最後まで読んだ。ちょっと昔の謎解き探偵小説への懐かしさを感じさせる秀作。

夜は室内楽の演奏会へ

2018年1月20日(土)・雪のち曇り/最高気温3度

5時45分起床。

最近、目覚めが早い。しかし起床したときにはスッキリしているのでそれで良いと思っている。その代わり昼寝は必須になる。

今朝のブリギッテは何も予定が無いらしくゆったりとしていて週末らしい雰囲気になった。朝食もいつもよりもずいぶん遅い時間だった。

12時近くになって、彼女は買い物へ、そのあと義母宅に立ち寄るとかで出ていった。わたしは12時過ぎから45分の昼寝。1時間の昼寝はときどき起きたあともボンヤリしてしまうので45〜50分くらいがちょうど良いようだ。

夜はヘラクレスザールで室内楽を聴いてきた。室内楽というのはこれまであまり聴いてこなかったが最近、面白いと思うようになっている。このジャンルは圧倒的にライブがいい。

スクリーンショット 2018 01 20 14 03 40

下の写真は演奏会が始まる前のもの。舞台後方のいつもは合唱団が入る位置に客席がしつらえられていた。それだけ今夜は観客が多かったということなのだろう。

IMG 6659

降りしきる雪の中を出掛けたがそれを忘れさせてくれる気持ちの良い夕べだった。前半のモーツァルトはともかくフォーレはよくわからないままに通り過ぎていった。^^; 

しかし休憩後のドヴォルザークはきれいなメロディーがあちこちに散りばめられていて大満足。アンコールはショスタコービッチ、そして最後にブラームス。

それにしても観客は年寄りが殆どで、日本もドイツもその点では同じ悩みを抱えている。23:40の帰宅。

Netflix、恐るべし

2018年1月19日(金)・晴れときどき曇り/最高気温6度

5時半起床。

ブリギッテが午前4時頃から眠れなさそうだったのでわたしも眼が覚めてしまい5時半には起きてしまった。彼女はこのところいろいろ心配事があったり自分の体調が悪そうなのが気の毒である。

それでも早朝の体操をしたあとはいつも通りになったようで朝食のあとイタリア語教室へ出掛けて行った。

イタリア語教室が終わったあと、介護婦さんを伴って義母の入院している病院へ向かったようだ。義母も現在の病院がまったく気に入らないようで家に帰りたがっていたからブリギッテはその病院と医師に掛け合ったようだ。

午前10時過ぎ頃に数日ぶりにウォーキングに出掛ける。道は夜来の雨で湿っていたがどうということはなかった。1時間20分ほど歩いて帰宅。冷蔵庫の中の残り物で昼食。そのあと45分の昼寝。

午後から Netflix を観てみる。これはブリギッテの Patenkind である大学生の Fabian がクリスマスのプレゼントにと3ヶ月のクーポンをプレゼントしてくれたもの。家族だと5台までの機器にインストールできるらしいのでわたしもiPad Pro12.9インチにインストールした。

内容を調べてみるとジャンルの中に International というのがあってそこに数は少ないが日本映画も入っていた。もちろん日本語のオリジナルでドイツ語の訳が画面下に出て来る。

そこで「野武士のグルメ」というのを観始めた。これはシリーズになっているらしく、20分ほどの話が終わるとすかさず次の回が始まることになっている。ついつい見続けてしまうことになって終わるのが難しい。^^; なかなか考えるものだと、このアイデアに感心した。

夕方19時頃にブリギッテが帰宅。やはり義母を退院させてきたらしい。わたしがタラの切り身を焼き、大根おろしを添え、あとは納豆とご飯で簡単な夕食を作った。

介護婦さんの誕生日

2018年1月18日(木)・曇り/最高気温9度

6時半起床。

朝から強風が吹き、庭の扉は鍵を掛けてあるにもかかわらず開いてしまっている。風で鍵の部分がたわむと思われる。天気予報を見てみると10時を過ぎる頃からかなりの強風が吹くので頭上から木の枝が落ちてくるかもしれないから気をつけろ、とか家の周りを点検しろとか何だか穏やかではない。

その中をブリギッテは車で、介護婦さんを連れて義母の入院している病院へ。その介護婦さんは今日が誕生日とかでブリギッテは昨日のうちにケーキを焼いておいた。わたしもそれを持って義母宅まで付き合う。

誕生祝いの挨拶をしたあとわたしだけは帰宅。家の中にいれば時折空が明るくなったりするので危険は感じなかったけれど家の周りの木の揺れ方が凄い。

明後日、 GASTEIG でのコンサートの切符がまた回ってきたのでそれを受け取りに16時過ぎ頃ブリギッテの旧職場まで足を運んだ。 Tram と地下鉄を使ったので強風はそれほど意識しなかったけれど歩道を歩くときには帽子を押さえていないと飛ばされそう。

夕食は介護婦さんの誕生日を祝って近くのイタリア料理店 Antica Trattoria Nuova へ。今の介護婦さんはかなりいい人なので出来ればまた来て欲しいと思う。

ブリギッテと介護婦さんはほとんど7時間ほど病院にいたわけだが、市立病院もかなり人手不足らしく病室の清潔状態とか世話が行き届いていないとか、ブリギッテは不満があるようだった。

今の義母の状態なら自宅で介護婦さんが世話をした方が義母のためにも良いというので、医者の承諾さえあれば義母は明日退院してくるらしい。

夕食はカローラ夫妻と

2018年1月17日(水)・雪/最高気温3度

6時半起床。

今日は一日中雪が降ったり止んだりで寒い。雪はときどき止むのだが、つぎに降り始めるときには風を伴って吹雪のような感じになる。かなり積もった。

昨夜は病院から戻った23時半頃からチーズを肴に赤ワインを飲んで寝た。わたしは普通通りに眠れたのだがブリギッテは胃酸が逆流した感じでよく眠れなかったそうだ。

朝食のあと彼女は義母の入院している病院へ。わたしは今日は自宅待機。ミュンヘン日本人会の集まりに出ようかと計画していたのでお昼はほとんど食べなかった。

いったん戻って雑用を片づけたブリギッテがまた2時過ぎに病院へ。わたしも買い物があったので途中まで付き合って帰宅。それから45分の昼寝をした。

夕方、ミュンヘン日本人会からメールが届いて定員オーバーのために参加できないことを知らせてきた。わたしの参加申し込みが遅かったからまあ仕方がない。

5時過ぎにカローラ夫婦が来て、彼女が夕食を作って4人で食べる。彼女たちは20時頃に帰っていった。

義母、救急車で病院へ

2018年1月16日(火)・曇りのち雨/最高気温9度

5時半起床。

7時前にレーゲンスブルグに向かって出発したブリギッテを見送った後は自由な時間。今日はあまり良い天気ではないという予報だったが9時過ぎから太陽が出て来たのでウォーキングに出る。

風が強いのがちょっと気がかりだったので道の両側の木々が倒れてきたらすぐに逃げ出せるように気をつけて歩いた。7.4kmを歩いて11時に帰宅。

昼食はうどんを作る。午後はもっぱらiPad Proに向かって設定やら新機能を試す。3時過ぎから45分の昼寝。ブリギッテからの電話で1列車遅れるという知らせ。

19:30頃に夕飯を作り始めたら介護婦さんからの連絡で義母の容態が悪いことを知る。急いで料理の火を消し ブリギッテに電話してみると既にミュンヘンに着いて帰宅途中のトラムの中だった。彼女にはまっすぐ義母宅へ行ってもらいそこで落ち合う。

行ってみて心臓のあたりが痛いと義母が訴えるので心配になる。すぐに救急車を呼び病院に搬送してもらう。

今、これは病院の待合室で書いている。2時間近く待って義母の様子が落ち着いたのを見てようやく23時40分に帰宅。お腹が空いた!

気持ちの良いウォーキングが出来た

2018年1月15日(月)・晴れのち曇り/最高気温8度

6時半起床。

昨夜は9時過ぎに就寝したせいで早い目覚め。ブリギッテが起きてくるまでの時間は一人でメールを読んだり新聞の記事を読んだりで楽しい。

朝食のあとブリギッテは買い物と義母宅へ。わたしもウォーキングへ。今日はここ数日よりも少しだけ長い距離の道を歩いた。7.56km。途中の森の木々と地面の苔が朝日を浴びて美しい。

IMG 6648

昼食に焼きそばを作ろうと思っていたところにブリギッテが帰宅。彼女の分も作って二人で食べたあと昼寝を45分間。

夕方近くになってAmazonに注文しておいたiPad Pro 12.9 のケースとガラス製保護フィルムが届く。明日だと思っていたので意外と早い到着。

夕方からフィルムを貼ってみた。ちょっと埃が入ってしまったけれど気にしないことにする。^^; これにケースを付けたら重量が 1Kg を超えてしまった。手に持った感じでもちょっと重い。まあ、家の中で使う場合がほとんどだろうから良しとする。

夕食のあと iTunes のレンタル映画「帰ってきたヒトラー」を観始める。数年前に映画館で観たのだが日本語字幕つきなので再び観てみる気になった。面白い。最後まであと30分というところで眠くなってきたので残りは明日にして就寝する。

宴の翌日は少し脱力感あり

2018年1月14日(日)・曇り/最高気温1度

7時起床。

昨夜就寝したのは午前1時頃だったけれど睡眠不足という感じは無し。シャワーを浴びてから台所仕事を始める。昨夜のうちにブリギッテがおおかた片づけておいてくれたので思いの外台所はスッキリとした外観。まず食洗機の中身を出して収納棚にしまう。

そのあと昨夜使ったグラス類を手で洗浄し乾燥。単純な作業なのだが割らないように、手を怪我しないようにとけっこう神経を使う。1時間以上掛かって全てを片づけたときには立ちっぱなしだったからか疲れた。

9時過ぎにブランチのために義母宅へ向かう。けっこうわが家から持ち込むものが多い。これまではわが家に連れてきてのブランチだったのだが、2週間ほど前から彼女の足の状態が悪化していて歩くのが辛そうなので、われわれが出向くことにした。

アンナも義母と同じアパートに住んでいるので今日のブランチには彼女も参加。けっこう賑やかな空気の中の食事だった。義母の食欲も満足のいくもの。

帰宅してからブリギッテもわたしもベッドに入って昼寝。これで昨夜からの疲れもずいぶん取れた。

夕食は例によって昨夜の料理の残り物。そしていつものようにこれが美味しい。昨夜の客の1人が持って来てくれたチューリップの彩りが美しい。

IMG 6644