Schloss Lomnitz ⇒ München

2021年8月30日(月)・曇りときどき雨/最高気温16度

7時起床。

何日ぶりかでちょっと贅沢な部屋での目覚め。朝食のバイキングの品質もこれまでとはちょっと違う。タップリと時間を掛けて楽しんだ。

そのあとちょっとしたお土産品を買い、このお城の MUSEUM を観る。

IMG 8374

じつは、わたしがここの施設で一番気に入ったのは庭だった。広々とした適度に手入れされた空間が美しい。

IMG 8363

12時過ぎにそこを出発して一路ミュンヘンに向かう。ミュンヘンに向かう道は2つあって、ひとつはチェコを横切っていくもの、そしてもう一つはポーランドから直接ドイツに入る道。どちらも時間的にはそれほど違いはない。約7時間の道のり。

しかしチェコはコロナ感染で疑問のある国なのでチェコとドイツの国境で面倒なことになるかもしれない。そこでちょっと北上して Görlitz からドイツに入ることにする。

それからはひたすら走り続ける。ポーランドで事故に巻き込まれたりすると面倒なので、ドイツに入国するまではブリギッテが運転し、ドイツ領に入ってからわたしが数時間運転を替わった。

途中で食事をしたり、ガソリンを入れたりしたのでミュンヘンの自宅にたどり着いたのは20時半を過ぎていた。

今回の旅はブリギッテの希望で挙行したもので、わたしは同行したに過ぎない。用心棒にもならなかっただろう。😅 しかし、彼女にとっては成果のあがった旅だったようだ。わたしは無事に帰宅できたのでホッとしている。わが家が一番!

Dzierżoniów ⇒ Riesengebirge

2021年8月29日(日)・曇りときどき雨/最高気温17度

7時起床。

わたしがまだベッドにいる間にブリギッテは早起きをして情報を収集してきたらしい。またまた、重要な情報を見つけたと興奮気味に話してくれた。

今日は日曜日なのでこの街全体がとても静か。昨日朝食をとった Café がまだ開いてないので、コンビニのような店でパンとコーヒーを買って、アパートの部屋で食す。

荷物をまとめて10時半頃にアパートを引き払い、車で10分ほどの MUSEUM に向かう。ここで彼女のご先祖様に関する情報を集めていたら、偶然にこの街の市長さん(女性)と遭遇。ブリギッテが書こうとしている本についてお互いに意見の交換をし盛り上がる。12時過ぎにそこを去る。ブリギッテは偶然とはいえ、その結果にとても喜んでいる。

ここまでで彼女の要望がほぼ叶えられた。このあとは同伴したわたしへのねぎらいで Riesengebirge のホテル Palac Lomnica-Karkonosze に一泊することになっていた。

その途中にある世界遺産に指定されている二つの教会を見学。

そのあと途中でまたかなり激しいスコールに遭ったけれど、17時頃に到着。ひと休みしてここのレストランでゆったりとした夕食をとる。

IMG 8369

今回の旅で一番ゆったりとした部屋に泊まり,彼女も満足気。

Kamieniec zabkowicki Kloster の見学

2021年8月28日(土)・曇りときどき雨/最高気温11度

7時半起床。

朝食はこのアパートから歩いて行けるところにある Café で取る。現在泊まっているのはアパート形式のホテルなので自分たちでも朝食は出来るのだが面倒くさい。

朝食のあとでビールとソーセージなどを購入して帰る。どんなビールがあるのか興味深かったが、アルコール度数の高いビール(9%)もあったりしてポーランドらしい。わたしはアルコール6%のものを買って試してみる。

IMG 8176

わたしが部屋で休んでいる間にブリギッテは精力的に動き回り、今回の目的をほぼ果たしたかのようだ。午後から30Kmほど離れたところにあるKamieniec zabkowicki Kloster に出掛ける。

IMG 8191

この往き帰りはかなり激しい雨の中を走ることになって、ワイパーを全速で働かせてようやく視界が晴れるほど。

いったんアパートの部屋に戻り一時間ほど休憩。17時半頃に部屋を出てこの街の中心へ。折りから夏祭りらしく舞台が出来ていてポーランドの歌や踊りをやっていった。しかしお天気がもう一つのせいか盛り上がりに欠ける。

18時に予約しておいたイタリアレストランで夕食。二人でしっかり食べて飲んで34€という安さ。

20時頃にアパートに戻る。明日はまた移動で Jelenia Góra という所に行く。

Dresden ⇒ Dzierżoniów (ポーランド)

2021年8月27日(金)・雨/最高気温17度

7時半起床。

シャワーを浴びたあと出立の用意をしてから朝食へ。3回目の朝食も余り変わり映えはしない。チェックアウトをして充分な余裕を持って Dresden を後にする。

今日の目的地はポーランドの Dzierżoniów (発音が出来ない) でドイツ領だった頃には Reichenbach という地名だった。

1741-1819 に生きた Friedrich Sadebeck というブリギッテの父方の先祖が生まれ育った町。彼は木綿の商売で財をなした人で、この地方の経済発展に尽力した人らしい。彼はイギリスの産業革命に遅れまいと努力したけれど、時のプロイセン政府に聞き入れて貰えず衰退していったという。

彼はこの街に市民のための墓地を提供し、その真ん中に自分の家族の墓を建てたという。下の写真はそれで,ベルリンのブランデンブルグ門を設計した建築家が作ったものだという。

IMG 6307

われわれは2018年に一度ここを通り過ぎていたのだが、今回はここに二泊してじっくりと彼の足跡を辿りたいという彼女の希望である。

いつものようにiPhoneの GoogleMaps に目的地をインプットして出発したのだが、着いてみるとなんとそこはまるで違った町だった。通りの名前を入力しただけで出て来た住所を早とちりして入力してしまった私の間違いである。そこから本来の目的地まではまだ200Km(約2時間半)の距離がある。

あいにくの雨の中をブリギッテは良く頑張って運転してくれ、目的地には16時頃に到着。今日と明日の二日間はこの街のアパート形式の宿に泊まる。

一応チェックインを済ませたあと、彼女は早速街へ繰り出す。ご先祖様の住んでいた家の辺りとかを早く見たいらしい。わたしも疲れていたけれどそれに付き合う。

古い町の城壁などを見て回ったあと、適当なレストランでようやく夕食。そしてその値段の格安さに驚く。二人でそれぞれにボルシチとグラス一杯のワインを頼んだのだがお勘定はチップ込みで60ズゥオティ(約13€)だった。

今日は車の助手席に座っていただけだからほとんど身体は疲れていないはずなのだが夕食後はやけに疲れを感じた。

ドレスデン3日目( Semperoper / Neues Grünes Gewölbe )

2021年8月26日(木)・雨ときどき曇り/最高気温17度

7時半起床。

どうやら昨夜の疲れは残っていない。朝食のあと、10時15分に切符を取ってあった Semperoper の内部見学に出掛ける。しかしホテルを出た途端にかなり激しい雨が降り始める。Marienbrücke を渡るときには強風も吹き始めて差していた傘がキノコになりそう。

しかし対岸について Semperoper に着く頃には雨も上がる。見学を先導してくれた女性は慣れているのかテキパキととても分かりやすく説明してくれた。

説明してくれるあらゆる部分で私の頭の中ではミュンヘンの Nationaltheater と比較していた。第二次大戦で爆撃を受けて破壊されたという点でも同じである。Nationaltheater に較べて規模は少し小さいけれど細部まで神経の行き届いた設計は観るに値する。

6E5C6C7A 8CC0 45B0 A774 933257892275

エレガントな膨らみを持った正面の中心から左右に流れる線の美しさがこの劇場を唯一無二の建築物にしている。

1時間ほどの内容の濃い案内が終わって外に出、近くにある Café Kreutzkamm に入りコーヒーとケーキを食べる。 Café Kreutzkamm はドレスデンが本店である。

IMG 8091

午後3時にブリギッテはまたミュラー氏と約束していた。それまでの時間を Neue Grünes Gewölbe を観ることにする。ここは工芸品の粋を集めた作品が揃っていて,それを間近に観ることが出来、圧倒された。

昨日見学した Grünes Gewölbe の棚にはどころどころ空白の棚があったけれど、それらはこの新しい Grünes Gewölbe に移されたそうである。

確かにここにある繊細を極めた工芸品の素晴らしさは近距離で観なくては理解できない。昨日より根を詰めて見て回ったせいか、とても疲れて足も棒のようになる。

いったんホテルに戻ることにしたのだが、今回も Augustbrücke を渡るときに強風と雨に会う。川面には強風が吹くものなのだろうか。ホテルに戻り文字通りベッドに倒れ込み30分ほど横になる。

ブリギッテがミュラー氏のためにとミュンヘンから持って来た資料がとても重いので、ホテルにタクシーを呼んで出掛ける。今回は私は同席しなくてもいいので、その帰り道にちょっとした買い物をして帰ホテル。

途中に Japanisches Palais という立派な建物があって、今回は気になっていた。

IMG 8108

もしかすると日本の陶器類が展示されているのかもと思って立ち寄るがそうではなかった。ホテルの自室に戻って、今度は本格的に身体を休める。

ミュラー氏との仕事が終わったブリギッテから電話連絡があり Hauptstrasse の入り口で待ち合わせる。そこでミュラー氏と最後の挨拶。また会う機会があるだろうか。

ちょうど夕食の時間だったからまた一昨日食事をした Am Thor で食べてから帰ホテル。

Dresden 2日目(市内観光)

7時半起床。

ベッドのマットレスが少々固い。起床したときには背中が痛かった。シャワーを浴びたあと朝食ルームへ。朝食の品質はまあ普通である。こんなものだろう。

10時40分から Grünes Gewölbe (緑の丸天井) を参観する。当日券は売り切れという事でミュンヘンを出発する前に入場券を買っておいて正解だった。

とても見ごたえのある内容でじっくりと見て回ったらかなり疲れた。そこを出てから近くの Café に座り、コーヒーを飲みながら道行く人を眺める。日陰に入ると寒いので、太陽の光が溢れる位置に席を取り14時近くまでゆったりする。これで疲れが解消した。

14時に約束していたミュラー氏と会い、彼にドレスデンの中心部の見所を説明付きで案内して貰う。またまた歩き回って疲れ、17時半頃にいったん解散。

わたしたちはホテルに戻り、文字通りバタンキュー。30分ほどしか眠れなかったけれど、これでまた疲れが癒される。

18時30分に今度はミュラー夫人を加えて、エルベ川の畔のレストランで4人で夕食。それが済んでからレストランの近くのミュラー宅へ招かれ赤ワインをご馳走になる。

いろいろなお話しをしたあと、21時半に辞去。ホテルには22時に帰着。今日の歩数は 16.869 歩だった。

Regenstauf ⇒ Dresden

2021年8月24日(火)・曇りのち晴れ/最高気温21度

7時起床。

昨夜はユリア夫婦のベッドを借りて眠ったのだが、マットレスが少々固くて、起きたときには背中が痛かった。

朝食のあとユリアとフローは公証人事務所に行く用事があって、彼たちの帰宅まで近くの遊園地で3人の孫を遊ばせる。

ユリアとフローの帰宅を待ってすぐにドレスデンに向かって出発。ブリギッテが18時に人と会う約束をしてあったので、出来るだけ早くドレスデンのホテルに着きたかった。

3時間半のドライブはそれほどの渋滞にも遭わず4時半に到着。荷物を部屋に運び込み、ちょっとだけ休憩して待合場所へ出掛ける。

待ち合わせ場所は Hauptstrasse 35 の Zum Thor という Café 。20時半頃まで食事をしながら歓談。最後の方はだんだん寒くなってきた。ホテルに帰り、熱いシャワーを浴びてホッとする。

今日から3泊するホテルは Super 8 by Wyndham Dresden 。部屋は小さいけれど清潔。3泊で 180.88 €と格安。Booking.com で探した。

München ⇒ Regenstauf

2021年8月23日(月)・曇りのち雨/最高気温20度

7時起床。

今日から一週間の旅に出る。

朝食のあとTOYOTAの修理工場に預けてある車・RAV4 を受け取りに行く。結局 Lichtmaschine には異常無しということが分かってバッテリーの交換だけで済んだ。

午後2時にユリアたちの引っ越し先である Regenstauf に向けて出発。運転はブリギッテに任せ、わたしは走行中の車中で1時間ほど眠る。

Regenstauf というのは Regensburg から東に15Km ほどのところにある。 Regensburg 及びその周辺は家賃が高いので、ここに決めたらしい。

まだまだ引っ越し後の片付けが済んでいなくて完璧ではないけれど、3人の小さい子供を抱えているので、時間が必要だろう。

孫達三人を加えての賑やかな夕食を終わってから寝かせ、20時過ぎには静かになった。22時の就寝。

お客が帰っていった

2021年8月22日(日)・曇りときどき雨/最高気温23度

6時半起床。

昨夜からの泊まり客が気になり今日も早起きとなった。7時過ぎにKioskまでゼンメルンを買いに往復する。

彼女たちは北ドイツに向かって走るので、遅くとも9時にはここを出発したかったようだ。慌ただしく朝食を終わり、送り出した後はちょっと疲れをおぼえた。

11時半頃から急に眠くなり1時間の昼寝。ブリギッテも少し昼寝をしたらしい。

昼食は昨日の Butterkuchen の残りを食べる。今回はちょっと味がおかしかった。ブリギッテは違うレシピを使ったらしい。

午後は泊まり客の使ったベッドを片づけたり、明日から出る旅の準備をしたりしているうちに過ぎていく。

夕方からまた雨が降り出して、空気が涼しくなった。

20時からの Tagesschau を観たあと新しくダウンロードした小説「等伯」(安部龍太郎著)を読み始める。

ほぼ50年ぶりの卓球

2021年8月21日(土)・晴れ/最高気温27度

7時半起床。

今日はお昼頃にブリギッテの親友とその妹がイタリア旅行からの途中、わが家に一泊するというので朝から片付けと掃除。

昨日は孫四人を預かっていたので、住まいのあちこちに思いがけないモノが散らばっている。それらを片づけて、床にモップ掛けの掃除機を走らせたりしているうちに12時近くになってしまった。

彼女たちは渋滞を避けようと Garda See を6時頃に出て来たそうだ。きっかり12時に彼女たち2人が到着。ブリギッテが焼いておいた Butterkuchen を食べながら昼食代わりとする。

それからしばらく談笑して、わたしは14時半頃に家を出る。今日は16時から卓球練習の約束をしていた。年金生活者達ばかりで作っているサークルだが、先頃誘われたので試しに行ってみることにする。

車が故障しているので今日は公共交通機関を使う。車で行くよりは倍近くの時間がかかる。

今日は残念ながらわたしを入れて3人の参加者でちょっと寂しかったけれどけっこうな汗をかいた。卓球というのは芸大時代のレッスンの合間にお遊びでやって以来だから半世紀近く経っている。

わたしは途中でテニスをやっていたので、それとの差違にも最初は大いに戸惑った。「あれ?こんな筈じゃなかった」と思うことしきり。それでも一時間半ほど楽しんで今回は終了。

帰宅したのは18時半頃。ブリギッテはお客2人の希望で近くのビアガルテンへ行っている。わたしはシャワーを浴びたあと一人、テラスでビールとワインを楽しむ。

彼女たちは21時頃に帰宅。それからアンナもまじえて一時間ほどテラスでおしゃべりをし、22時半のお開き。

車の故障と孫四人のベビーシッター

2021年8月20日(金)・晴れ/最高気温24度

6時半起床。

9時頃にカローラとミア、10時頃にユリア一家が来るというのでその準備に早起き。

ユリアとフローリアンはミュンヘン近郊の Poing で行われている住まいの展示会を観たいというので,今日は初めてのFerdinandを含めた3人の孫達を預かることになっていた。カローラもミアの保育園が閉鎖されているので連れてきたから四人の孫が勢揃い。

彼たちが来る前にパンを買いに行こうとしたブリギッテが「車が動かない」と戻ってくる。どうやらバッテリーが上がってしまっている。昨日最後に車を使ったのはブリギッテだったが、彼女は絶対にわたしのせいではないと主張する。

孫達が来て、ユリア夫婦が出掛けたあと ADAC に連絡して来て貰う。しかし ADAC の技術者が点検したところ、どうもバッテリーだけの問題ではなさそう。その技術者は Lichtmaschine(オルタネーター)の故障ではないかと言う。

われわれは月曜日から車で旅行に出掛ける予定なので、これは困る。修理を依頼するにしても今日は金曜日である。絶対的な時間が不足している。

そこでミュンヘン市内の修理工場に電話を掛けまくる。われわれのパニック状態を感知したのか、まだ1歳にならないFerdinand が泣きわめく。彼の泣き声がこれまた力強く強烈なのでわれわれもイライラしてしまった。

結局、ADAC のレッカー車が来てくれて修理工場まで運んでくれた。Lichtmaschine(オルタネーター)の部品が月曜日には届くので最速で修理して貰えることになり、ようやく落ち着く。

ユリア夫婦は18時過ぎに帰宅。彼たちも疲れた様子。ブリギッテも夕食を作る気力がなくなって今夜は Pizza の出前を頼むことになった。

ユリア一家、カローラ一家が帰っていったのは20時半過ぎ。とても疲れた1日だった。

昼のビールは最高

2021年8月19日(木)・曇りのち晴れ/最高気温22度

7時起床。

昨日と同じお天気で、午後2時頃から晴れてきた。

朝食のあとしばらくしてからブリギッテは急に IKEA に行くと言って出ていった。わたしも今日は街中へ出掛けたかったので午後になって家を出る。

だが数日前から Inzidenz が高まっていてミュンヘン市内も36ぐらいに増加している。ドイツ全土の平均は44だそうで、このぶんでは50を越えるのも間近。また窮屈な日々になる。

で、街中へは出掛けずに Max-Weber-Platz まで出て、緑の中を少し散歩し Hofbräukeller のビアガルテンでビールを飲む。今のうちに楽しんでおかないと9月になったらどうなるか分からない。

帰途、 Rosenheimerplatz の中国人経営の店で買い物。家に戻ってきたらブリギッテも10分ほど前に帰宅していた。

彼女は IKEA でテラス用の椅子を購入してきた。夕方からその組み立てを始める。彼女はひとりで出来ると言うけれど、2人がかりのほうがなにかとうまく行く。4脚の椅子を組み立て終わったときにはかなりくたびれた。

明日はまた、4人の孫達が訪れるらしい。😅

しっかりとお掃除

2021年8月18日(水)・曇りのち晴れ/最高気温20度

7時起床。

今朝は6時半に目が覚めたのだがベッドの中でグズグズしてしまった。

ブリギッテが午前中に街中へ買い物に出掛けた間に、各部屋に掃除機を掛ける。しばらく掃除をしていなかったから床はかなり汚れていた。孫達が過ごした食卓のある部屋は特にひどかったので最初は掃除機だけを掛け、次にモップ掛けの掃除機を走らせる。お陰でスッキリとした。

ブリギッテには外で昼食を食べてくるように頼んで、わたしは1人でラーメンを堪能する。帰宅したブリギッテが甘いものを買ってきたのでそれでお茶を飲み、そのあと1時間の昼寝。

彼女は午後から庭仕事を始めた。土曜日には彼女の親友姉妹が来るのできれいなところを見せたいのだろう。下の写真はここ数日美しい花を楽しませてくれている。

IMG 7772 2

今日の黄昏ビールはいつものサラミソーセージと、もいだばかりの小さなキュウリにマヨネーズを掛けたもの。キュウリ特有の青臭い香りがおいしい。

Tagesschau を観たあと、彼女は下の部屋に掃除機を掛けたり散らかしていた書類などを片づけている。やはりわが家はときどきお客が来ないときちんと片付かない面がある。適度な人付き合いはやはり必要なのかもしれない。

新しいルーター: Fritz!box 7590 AX を購入

2021年8月17日(火)・晴れ/最高気温19度

6時起床。

今日も早起き。当然だが午前中の時間が長い! しかし、これもなかなか良いものである。もうしばらく試してみよう。

起床後にシャワーを浴び、6時半頃に部屋の戸を開けるとスッと冷たい,新鮮な空気が入り込んでくる。この時間だと外気温は11度ぐらい。ブリギッテが起床して食卓に着くまでの時間がかなり長いことに気がつく。朝食は一緒に食べなくても良いのかも。

今日は9時過ぎにカローラがミアを連れてやってきた。カローラは10時過ぎ医者の予約を入れていて、その間ミアを預かって欲しいという。つい数日前に見たはずなのだが、ミアはまた変化している。これを見るのは楽しい。

絵本を数冊読んであげたりしているうちに,診察を終わったカローラが帰宅。結局それからも滞在していて彼女たちを送っていったのは午後5時近くだった。

早起きのせいで午後には眠くなるかなと思っていたら、それほどでもない。ミアのベビーシッターでけっこう神経を使っているのだろう。

午後3時頃に Amazon に注文していたインターネット・ルーターが届いた。 Fritz!box 7590 AX というモデルである。値段は269€。

61IDoOvQBIS AC UY436 QL65

まずは取り扱い説明書をじっくりと読む。大体は頭に入ったけれど、これまで使っている Fritz!box 7490 から設定を受け継ぐ方法にまだ確信が持てない。インターネットを漁って情報を集め、自信が出来たら取りかかるつもり。

スニーカーを購入

2021年8月16日(月)・雨/最高気温22度

6時半起床。

久しぶりの雨。昨日までの数日は30度ぐらいのお天気が続いたので、この辺でひと雨降ってくれるのは嬉しい。と思ったのだが、それも一日中続くと夕方頃には嫌気がさしてきた。勝手なものだと自分でも思う。

朝食はブリギッテが起きてくるのを待って9時ぐらいからゆっくりと始める。彼女も、今日ぐらいになって孫達の世話の疲れが出たのかもしれない。

お昼頃から気分転換に買い物に出た。2年ほど前に買ったスニーカーがくたびれてきているのでこの辺で新しいものが欲しくなった。

これまで履いているスニーカーは2019年11月27日に購入したものだから、約2年で履いていることになる。その間、日本旅行にも使って履き心地は満足している。

午後はベビーシッター |  Mein dritter Blog

今回も出来れば NIKE/Air が欲しかったのだが、ちょっと派手な色のものしか見つからなかったので、今回は PUMA の製品にした。しかし靴底は弾力があり履きやすそう。アウトレット製品なので値段は 59.9€ とリーズナブル。

IMG 7748

午後4時頃から少し昼寝。

夕食はブリギッテがトリ肉入りのトマトソースを作ってくれた。それを食べたあと Tagesschau を観る。ニュースのトップは アフガニスタン情勢。たった二週間足らずの間にタリバンが首都・カブールを占領したので進駐していた西側各国が慌てふためいている。

アメリカを主体とするヨーロッパから派遣された軍隊の横の連絡が取れていなかったのではないか,とわたしは見ている。要するにタリバンとの情報戦に負けたということなのかもしれない。

今日も31度

2021年8月15日(日)・快晴/最高気温31度

7時起床。

久しぶりに夫婦2人だけの日曜日ということで、のんびりとした午前中。最近キオスクで買うゼンメルの外側の皮がパリッとしていなくて余り気に入らないとブリギッテが言うので Tram で6つ目の駅近くにあるパン屋まで買いに行く。

日曜日なのでトラムの運行も間引きされていて、思いのほか時間がかかったけれど、朝の清々しい気分はそれさえも気にならなかった。

テラスでゆったりと朝食をとったあとは YouTube を観る。メジャーで活躍している大谷翔平選手が昨日39号のホームランを打ったというので見るのも楽しい。

午後は溜まっている洗濯物をアイロン掛け。これ以上溜めるとちょっと大変だから。

夕方からブリギッテは会食に出掛けて行った。わたしは今回はキッパリと欠席。このグループは私の感覚では短期間に集まり過ぎる。女性陣だけで集まっておしゃべりをすればよいので夫婦同伴で行くことはない、というのがわたしの持論。

ブリギッテが「他のメンバーにあなたはどうしてこないのか」と聞かれたら何と答えようかというので「はっきりと、来たくないから」と答えるようにと言う。

1人になった夜はフランケンワインを飲みながら自由で気ままな時間を堪能する。😀

今日が暑さのピークか?(31度)

2021年8月14日(土)・快晴/最高気温31度

7時起床。

今日も暑い1日だったので、家からまったく出ずに過ごした。

メールを書いたりしただけで、その他には何もしていない。さすがにこれはいけないなぁと思う。明日からは少し考えよう。

昼食は久しぶりに「そうめん」を作って食べる。ブリギッテには余り好評ではない。炭水化物だけ、というのがやはり物足りないのかもしれない。

日本人のわたしは、とにかくこんなに暑い日にはなにかお腹に入れないといけないという意識が先行して、とにかくスルスルとお腹に入るものをと思うのだが、文化の違いかな。

午後4時頃になって急に眠くなってきた。昼寝には遅い時間だけれど、一時間ほど眠る。

18時過ぎからサッカー・ダイジェストの Sportschau を観る。 Tagesschau のあとで夕食をテラスで食べたけれど、やたらと蚊が多いのが気になった。やはり地球規模での温暖化が進んでいるのか。

ルーターを求めて街中を歩く

2021年8月13日(金)・晴れ/最高気温30度

7時起床。

朝食時、8時頃から急に雷雨になった。しかしその激しい雨も30分ほどで止む。妙なお天気で、それからは気温がグングンと上がっていき最高気温は真夏日の30度。

ずいぶん前からインターネットの速度を上げたいと思っていた。半年ほど前に家の前の道を掘り起こしていたのだが、工事人に聞いてみると「グラスファイバー」を敷いていると言う。いよいよかと喜んで、それから何度か Vodafone の HP にアクセスして様子を見るがわが家の近辺は一向にギガバイトにはならない。

待ちくたびれたので、とにかく現状の最速 250 MBit/s に変えることにした。これまでは 50 MBit/s であって、高解像度の映像はときどき頼りない。

そこで Vodafone に電話をしてアプデートの注文。ちょっと時間がかかったけれど、なんとか契約のアップデートが出来た。8月27日から 250 MBit/s の DSL が使えるようになる。

ルーターは現在使用中のものは最大 100 MBit/s しか出ない。そこで新しく同じ AVM 社の Fritz!Box 7590 AX という最新のものを買うことにする。これは WiFi 6 にも対応している。

一応Amazonで検索してその値段を確認する。270€位だ。しかし、どうせなら普通の店で買った方が応援にもなるかと暑い中を街に出掛けた。だが Conrad でも Saturn でも Fritz!Box 7590 AX を見つけることが出来なかった。どちらの店もメッシュ用のリピーターはあるのだがルーターがほとんど無い。やはり経営が苦しくなっているのだろう。仕方なく、帰宅してAmazonで注文する。

午後2時頃には帰宅できたので、日中の一番暑い時間をやり過ごすことが出来て良かった。

夕食はサッと日本風のものにして手早く食べる。イワシの缶詰とタマネギのみじん切りをさらしてマヨネーズで和えたもの、冷や奴、そして冷凍してあった山菜ご飯。今日のようなお天気には「冷や奴」がおいしい。

暑い! 30度!

2021年8月12日(木)・晴れ/最高気温30度

6時半起床。

珍しく早く目が覚めてしまい、そのまま起きてしまった。気持ちの良い朝の空気を楽しむ。

午前中にカローラとミアが来訪。カローラは今日この近所の歯医者に予約が入れてあって、ミアがこれから怖がらないように歯医者の雰囲気を経験させたいと連れてきた。

そのあともわが家に居たので、結局、今日1日はわたしもブリギッテも自分のしたいことが出来ずに終わった。

午後からは30度の気温で風もほとんどなかったから真夏日となった。カローラが買い物に出掛けたあと、ミアに庭で水浴びをさせたりして面倒をみる。ミアは先日までと違って競争者がいないからか終始機嫌よく楽しそうに遊んでいた。

午後からちょっと外出したいなと思っていたのだが、余りの暑さに躊躇しているうちに夕方になってしまった。まあ、今日は家を出ない方が正解だったろう。

夕飯は「納豆ご飯」と「茹でトウモロコシ」。ミアはトウモロコシは勿論だが、納豆ご飯をパクパクと食べている。仕事帰りのアンナも加わって、また賑やか。19時過ぎにカローラとミアを車で送っていく。

チームオレンジ(ミュンヘン)第1回目の集まり

2021年8月11日(水)・晴れ/最高気温28度

8時起床。

ミュンヘンにしては夏らしく暑い日となった。昨日までの孫達の喧噪が嘘のような静かな朝食を済ませる。

午後14時半からミュンヘンの【チームオレンジ(ミュンヘン)】に参加する人5人が集まってその概要を話し合う。わたしはまだその実態がよく飲み込めてはいないのだが、大まかの趣旨には賛成して参加することにする。とは言え、余りたいしたことは出来ないだろう。

集まったのは Schloss Nymphenburg の脇にあるレストラン Schwaige。今日は交通機関のストライキがあるとか聞いたので用心してくるまで出掛けることにする。

和気あいあいとした空気の中で食事をしながら,その大要を説明され、17時過ぎのお開き。

帰宅は18時半頃で、夕陽を眺めながら柿ピーをつまみにしてビールを楽しむ。お腹が全く空いていないので、今日は夕食は抜き。

ヨハナとヨナスが帰っていった

2021年8月10日(火)・晴れ/最高気温28度

7時半起床。

気温は高かったけれど爽やかな気候の1日。昨日ブリギッテに連絡があって今日の午後にヨハナとヨナスを迎えに来るという。もしかすると今週一杯は迎えに来れないかもしれないと思っていたので、実際に来るまでは半信半疑だった。

孫達にはそれを知らせていなかったので、2人は午前中、普通に庭で遊んでいた。昼食の後わたしとヨナスは昼寝。目が覚めてみるとユリアたちが来ていた。もちろん孫達は大喜びである。😀

それから3時間ほど一緒に居て、午後のお茶が済んだあとユリア一家は孫達を連れて帰っていった。ヨハナもヨナスも両親にしばらく振りに会えて嬉しそう。

解放されたわたしはそのあと下の部屋でしばらく振りにテレビの画面を楽しむ。

夕食はテラスで魚を焼きおいしく食べる。ブリギッテは余りの静かさに拍子抜けした感じ。10日余りを一緒に過ごしたからそれも無理はない。わたしは単純にストレスから解放されて嬉しさの方が先に立つ。これは男と女の違いかも。

しばらく振りに Tagesschau を一緒に見て今日も終わる。明日からはまた違った毎日になるだろう。

午後はずっと車の運転で疲れた

2021年8月9日(月)・晴れ/最高気温23度

7時半起床。

朝食のあとブリギッテは孫たち2人を連れて食料品の買い物に出掛ける。小さな孫達を連れての買い物はさぞかし大変だろうと思うけれど、ブリギッテ本人はそれほど苦にしていないのかもしれない。

わたしは彼たちが留守の間に,各部屋に掃除機を掛けモップ掛けをする。

昼食は作り置きのトマトソースを使ってスパゲッティを料理する。買い物から戻ってすぐに食べさせ、即、昼寝をさせる。わたしも疲れて30分ほど眠る。

ヨナスが目覚めたあと、カローラ宅へブリギッテと孫2人を送っていく。お天気が良いのでカローラ宅に近い遊園地で孫達3人を遊ばせる計画だそうだ。

わたしはすぐに家に戻り、遅い昼食を1人で取る。次に16時45分にアンナをピックアップして彼女のかかっている医者へ車で送り迎えする。

アンナを送り届けてから、そのまま再び、カローラ宅へ車を走らせてブリギッテと2人の孫達を迎えに行く。

今日は一日中車を運転していた感じで,夕方にはすっかり疲れていた。

東京オリンピック 2020 が終了

2021年8月8日(日)・晴れのち曇り,一時雨/最高気温20度

8時起床。

久しぶりに気持ちの良い睡眠だった。ゆっくりとシャワーを浴びてからヨハナとヨナスを連れてKioskまでゼンメルンを買いに行く。

午前中は下の部屋でApple TV+提供【テッド・ラッソー】の新しいシリーズを観始める。

お昼前にカローラがミアを連れて来訪。日曜日で退屈だからと遊びに来たそうだ。もちろんミアはまたヨハナ、ヨナスと遊べてご機嫌。

午後になりお天気が崩れ、16時過ぎにはアラレも降り始めた。

孫達が3人居るので子供向けの甘口カレーを作る。ヨハナは警戒して余り食べてくれなかったが、ヨナスとミアは気に入ったようだ。

夕食のあとカローラとミアを車で送っていく。ヨナスは何故か興奮していて21時近くまでグズって眠らなかった。😅

Tagesschau で東京オリンピックが終わったことを知る。テレビはドイツ人参加者の活躍を伝えるばかりなので、ほとんど競技を見ることはなかった。

Bauernhof (農場)での夏休み(6)

2021年8月7日(土)・晴れのち雨/最高気温25度

7時半起床。

ようやくBauernhof (農場)での夏休みが午前中で終わり、今日はミュンヘンの自宅に戻る。

朝食のあとは大急ぎで各部屋の片付けと荷造り。というのも12時に Tegernsee のレストランで古くからの友人と会う約束をしていたから。

大人三人、幼児三人が5日間過ごしたあとを片づけるのはかなり大変だった。それだけ多くのモノを持ち込んだということでもある。

Tegernsee までは車で40分ほどの距離なのでほぼ時間通りに着いたが、土曜日という事もあり観光客が多い。ここで夏休みをしなかったのは正解だった。

帰宅したのは15時頃。それからまた荷ほどきをしたり、孫三人を庭で遊ばせたりとまだまだ夏休みは終わらない。夕方から近くに住むアンナも来て、またまた大人数での夕食となった。今日は簡単にスパゲッティ・トマトソース。

Regensburg に引っ越したユリアたちはまだまだ荷物が片付かないらしく、この調子では孫2人を迎えに来るのは早くても水曜日になりそう。それまではわたしも頑張らなくては。😥

Bauernhof (農場)での夏休み(5)

2021年8月6日(金)・晴れ/最高気温21度

7時半起床。

今朝はヨハナと二人でゼンメルンを買いに出る。店の中で買っていたらブリギッテが車で迎えに来てくれた。雨が降ってきたので,ということだったがどうやらわれわれが滞在している Bauernhof のあたりだけの局地的な雨だったようだ。

ブリギッテの従姉妹は朝食を一緒に食べたあと Miesbach の Hauptbahnhof まで車で送っていく。彼女は今日の午後にミュンヘンでまた親戚と会う予定らしい。

わたしを除く5人はそれから Museum にでかけたが今日は閉館だったらしくすぐに戻ってきた。

昼寝のあと、全員で Schliersee に向かう。わたしを除く5人は湖畔にある室内プールへ、わたしはその間2時間をウォーキングに費やす。

Schliersee を一周するコースを選んだのだが、正直に言うとしばらく歩いていなかったので不安だった。しかし、道が平坦だったからどうやら最後まで歩き通すことが出来て満足。1時間40分ほど掛かった。久しぶりに歩数は一万歩を超える。14,831歩。

孫達も室内プールの各施設を満喫したようで機嫌が良い。帰宅途中に夕食用のピザの材料を買って、6人でワイワイ言いながら楽しく食べた。小さな子供達はピザが大好きである。

孫達を寝かしつけてからあと片付けをしてようやくゆっくり出来たのは22時過ぎ。長かった今回の夏休みもようやく終わる。

Bauernhof (農場)での夏休み(4)

2021年8月5日(木)・雨のち晴れ/最高気温19度

7時半起床。

朝のうちは本格的な雨。しかしその中をヨハナとヨナスを連れてゼンメルンを買いに往復する。今日は車で往復すれば良かったかも。

12時頃に巴里に住んでいるブリギッテの従姉妹の Beate が来訪。ここから50Km ほど離れたところにたまたま来ていたので立ち寄ってくれた。

孫達の昼寝から覚めるのを待って、わたしを除く6人は近くにあるという Märchenland へ行く。わたしはその間、この村の中心のあたりを散策。ちょうどお天気も回復したので気分的にも落ち着いた。

18時半頃に Märchenland から戻ったブリギッテ達と Kloster Stübe で夕食。しっかりとした料理でおいしく食べる。孫達も大満足。

孫達を寝かしつけると,もう21時近かった。

Bauernhof (農場)での夏休み(3)

2021年8月4日(水)・雨/最高気温15度

7時半起床。

今朝は歩いて15分くらいのところにある村のパン屋へゼンメルンを買いにヨハナと往復する。この時はまだ雨は降っていなかったが、帰路にはポツリ、ポツリと降りだした。

こういう村に小さな子供を連れてウアラウプに来ているときに悪天候なのは困ってしまう。一日中家の中に居るのは小さな子供にとっては苦痛だろうと,車で10分ほど走ったところにある Cafe Krugalm まで行って、その辺を散歩しようという計画。

それほど強い雨ではなかったからまあまあ子供達も楽しめたのではないか。散歩のあとは昼食をそこで取る。わたしは Sülze を注文。けっこういい味だった。

帰宅後、わたしは昼寝。

午後からもブリギッテとカローラは子供達を連れて雨の中を散歩に出掛けていった。帰宅したときには孫達の衣類はけっこう濡れていて、風邪を引かないといいがと心配になる。

夕食はカローラが【ホウレンソウ入りのパンクーヘン】を作ったが、ヨハナとヨナスは食べ付けないせいか、気に入らなかったようだ。

わたしは今日も早寝。

Bauernhof (農場)での夏休み(2)

2021年8月3日(火)・晴れのち曇り/最高気温22度

7時半起床。

いつもの時間に目覚める。しかしここのベッドは硬いマットレスであまり良く眠れなかった。車での移動だったから、せめて自分の枕を持ってくるべきだったかと思う。

朝食前に孫達を連れてこのあたりを散歩。山羊の厩舎を見ていたらちょうど朝食を与えているところに行き会う。そうしたらその中の一匹がスルリと入り口を抜け出して飛び出してきた。孫達はビックリ仰天。面白い体験だった。

朝食のあと、この村の消防団が子供達のために催したショーを見に出掛ける。わたしは1人で部屋に残る。

遅い昼食のあとわたしと孫2人は昼寝のベッドへ。4歳になったヨハナはもう昼寝をしない。

夕食はカローラがキノコ入りのリゾットを作った。孫達の食欲は旺盛。今日も20時半には静かな時間となる。

Bauernhof (農場)での夏休み(1)

2021年8月2日(月)・晴れ/最高気温21度

7時半起床。

今日から土曜日まで Schliersee の近くにある Bauernhof で夏休みがてら孫達の面倒をみることにする。ユリアとフローリアン達が引っ越しに専念できるようにと計画した。せっかくだからカローラとミアも一緒にと、大人3人、子供3人での一週間となる。

ミュンヘンからは車で1時間ちょっとの距離なので、気楽ではある。カローラとミアは一時間ほど遅れて到着。

この Bauernhof には牛、豚、山羊、ガチョウ、などが居て、四歳以下の子供達には興味深いのではないかと思う。

今日は初日ということもあるが、3人の孫達がおもちゃの奪い合いを始めたりしてなかなか賑やかである。これは大変かもしれない。この調子だとわたしにはまったく休養にはならない気がする。😥

20時半にはようやく孫達も眠りについた。さて、明日からどうなるか。

鬱陶しい雨模様の1日

2021年8月1日(日)・小雨/最高気温16度

6時半起床。

いつになく早く目覚めてしまった。ちょうど良いので洗髪などしてゆっくりとシャワーを浴びる。

朝から小雨が降ったり止んだりのお天気で、2人の孫達は元気を持て余すのではないかと気にかかる。ちょうどKioskまで手紙を出す用事があったから、雨が止んだ隙を見つけて連れ出した。帰りはまたパラパラと降り出したから Tram で帰宅。

今日は午後3時から Lehel の St.Anna-platz で子供向けのイベントがあったのでそれを観ることにしていた。ところがトラムの故障で到着までテンヤワンヤ。なんとか開演前に間に合ってホッと安心したのだが、半ばごろからかなりの雨が降り出した。

幸いにもテントを張っての上演だったから濡れずに済んだけれど演者も観客も集中力を削がれて残念だった。

帰宅してわたしは冷えた身体を温めようと、ベッドに入り
遅い昼寝。風邪を引くんではないかとちょっと心配になる。

明日から一週間の予定でミュンヘンから一時間半ほど行ったところにある Bauernhof で孫達のお守りがてら夏休みをする。余り気乗りはしないけれど、勤めだと思って頑張る。😅

今日から一週間は孫達と

2021年7月31日(土)・晴れ/最高気温22度

7時半起床。

朝食のあとブリギッテと一緒に Kirchheim unter Teck へ向かう。来週の月曜日からユリアたちは Regensburg に引っ越す。引っ越しはもちろん業者に頼んだのだが、ユリア夫婦が付いていなくてはならないのは必然。

しかし乳飲み子のフェルディナントは仕方がないとしても、2歳と4歳の子供2人がいたのでは足手まといになる。ということでわれわれが孫2人を預かることにして、今日,日帰りで受け取りに行ってきた。

その前にカローラ宅に立ち寄り用事を済ませる。

往路はブリギッテが運転し、わたしはほとんど眠っていた。ユリア宅に到着し、簡単な昼食を食べたあと、復路はわたしが運転してミュンヘンまで戻ってきた。

途中で2度の渋滞にぶつかったけれど、孫達がグッスリと寝込んでくれていたので助かった。わたしは出発前にエスプレッソコーヒーを二杯飲んだので眠気は全く感じなかった。17時半に帰宅。

ひと休みしてから孫達の希望で近くの広場(遊園地)に連れ出す。その間にブリギッテは夕食用のピザを買いに行く。

孫達の身体を洗って寝かせたのは20時半頃。それからようやくいつもの静けさが帰ってきた。

ちょっと疲れ気味

2021年7月30日(金)・晴れ/最高気温29度

7時半起床。

昨日のビアガルテンで飲んだ疲れだとは思いたくないが、今日は動きたくない気分だった。まあ、気温も最高29度だということで暑さのせいかもしれない。

朝食のあと、ブリギッテは買い物とお墓参りに出ていった。わたしはそれからも何をするということもなく、時間だけが過ぎていく。

午後になってブリギッテが衝撃的なことを報告。来週の月曜日から孫達3人、それにカローラも加わって夏休みに出掛けるのだが、予約したところにはインターネットが来ていないという。彼女もウッカリとして見逃していたらしい。

さて、約一週間をインターネット接続無しで過ごせるものかどうか。まあ、テザリングでiPhoneと繋ぐという手段はあるのだが、時間を気にせずに繋ぎっぱなしというわけにはいかない。

そして孫が3人も居ることだから忙しくてインターネットどころではないかもしれない。ここはポジティブに思考の転換で【インターネットのない数日を楽しもう】と思うことにする。

友人夫妻と昼食

2021年7月29日(木)・晴れ/最高気温26度

7時半起床。

湿度の低いカラリとした気持ちの良いお天気となった。

今日はコロナ禍の間、疎遠になっていた友人夫婦と会う約束になっていた。

折りから現在は Mariahilfsplatz で Auer Dult が開かれている。そこでお互いにちょっとした買い物をして、そのあと昼食を一緒に食べようという事になった。

13時半頃になるとかなり暑くなってきて、陽の当たる道を歩いているとジットリと汗ばんでくる。 Auer Dult に付属して開いているビアガルテンはかなり混んでいる。コロナ禍の今、密は避けたい。そこで、そこからほど近い Paulaner Nockerberg に行くことにする。

ここは作りたてのビールを飲めるし、ビアガルテンも大きいので余裕で座ることが出来た。わたしは定番の Schweinebraten と Hellesbier を注文。

IMG 7566

青天の下で新鮮なビールを飲みながら、表皮がカリッと焼かれた豚肉は最高! ビールもお代わりして 500ml を二杯たいらげる。

帰宅後は満腹感と適度なアルコール、そして太陽の光を浴びたせいで疲れを感じた。たまらず1時間の昼寝。

夕食は帰宅途中で買ってきたメロンを冷やしておいたので,それを食べて終わる。楽しい1日だった。

過ごしやすい静かな1日だった

2021年7月28日(水)・曇りときどき小雨/最高気温20度

8時半起床。

2度寝をして遅い目覚め。当然ながらブランチといっても良い時間に朝食。

今日はブリギッテがほとんどしたの部屋で書き物をしているので、わたしは食卓でメールを書いたり、 You Tube でオリンピックの様子を見たりして過ごす。

それと、先日から再読した【家康】(安部龍太郎著) をひたすら読み続ける。

午後に外の空気を吸うために,ブリギッテと一緒にKioskまで徒歩で往復。

夕食を食べたあと、 Tagesschau を観、そのあと Apple TV+でまた何回目かの【その時、地球が変わった】をブリギッテと共に観る。

30度超えに外出はちょっと身体がきつい

2021年7月27日(火)・晴れ/最高気温31度

6時半起床。

ブリギッテが7時にボランティアに出掛けるのでわたしも付き合って早起き。昨夜はよく眠れなかった。朝食後もボンヤリとしていたら,思いがけなくブリギッテが早い帰宅。今日はボランティアの朗読をしなくてもよくなったらしい。これで夏休み前は一区切りだそうだ。

わたしは11時半頃に家を出て少し歩いてから Rosenheimerplatz まで鶏の丸焼きを買いに行く。今日は火曜日で屋台の店が出ているのだ。それを買ってすぐに帰宅。

昼食に食べたあと14時頃から昼寝を1時間。どうも身体がだるいような気がしたからお天気を調べてみたら30度を超えている。やはり30度を過ぎると身体がついて行かない。

ブリギッテは夕方からカローラ宅へ。今日は彼女がミアのベビーシッター。

その間 You Tube を見ていたら懐かしいモハメッド・アリの昔の試合を見つけてそれに見入ってしまった。彼の全盛期は1960年代のころだった。わたしもまだ20歳になる前。あの頃はテレビでも見られなかったから新聞の記事で読んだだけだったのを思い出す。もしかするとソニー・リストンとのタイトルマッチは初めて見る映像かもしれない。

ブリギッテは22時近くの帰宅。

友人夫妻と外食

2021年7月26日(月)・晴れのち曇り/最高気温26度

7時半起床。

今日はブリギッテが戻ってくる。連絡があって13:21にミュンヘン到着。わたし1人だから住まいの中はそれほど汚れてはいないのだけれど、それでもサッと掃除機を掛けておくことにする。

昼食は久しぶりにラーメンを作って食べる。「昔ながらの中華そば」(マルちゃん) というもの。確かに昔のラーメンはこんな味がしたかもしれない。

ブリギッテは14時過ぎに帰宅。今回は5日間の滞在だったが、ヨナスが熱を出したりでけっこう大変だったようだ。しかし元気そう。

午後のお茶に一昨日カローラから貰った小さなケーキを食べる。

15時から一時間ほど昼寝。

今日の夕食は古くからの友人夫妻と近所のイタリアレストラン (Mezzogiorno) で食べることになっていた。最初はテラスに座っていたのだが、雷雨が来たので店内のテーブルに引っ越し。

わたしは久しぶりに Pizza を注文。わが家で Pizza を食べることはほとんどないし、やはりピザは専門店で食べた方がおいしい。500mlの Helles と赤ワインをグラスで一杯。

会計も割り勘で気持ちが良い。お互い歳をとってきたので、家に招いたり招かれたりすることを考えると,負担にならず、この方が合理的だと思う。

21時半のお開き。外へ出て空を見上げるとまだ薄明かり。夏はいいなぁと思う。

ミアのベビーシッター

2021年7月25日(日)・曇り/最高気温23度

7時半起床。

今日は午後14時からミアのベビーシッターを頼まれていた。午前中はそのことが気になっていた。特に問題があるわけではないけれど、しばらくベビーシッターをやっていないせいかもしれない。😀

わたしがカローラ宅に到着したとき、ミアはまだお昼寝の最中。カローラは14時に家を出る。ミアは14時20分くらいにようやく目が覚めた。まだ眠そうにしているのでそのままベビーベッドに横にならせたまま、歌を歌ったり話しかけたりして20分ほど過ごす。

そのあとオムツの交換をし、カローラが用意していった果物 (小さく切ったメロン、葡萄、ブルーベリー)を食べさせる。グズったりしないでおいしそうに食べるのは見ていても楽しい。

そのあと絵本を読んでとせがまれる。カローラが日本に行ったときに自分で選んだ買ってきた本でミアのお気に入りらしい。

61AYBZ9YPNL SX327 BO1 204 203 200

全てひらがなで書いてある可愛らしい本で、カローラは日本語で読んで聞かせているという。わたしも日本語で読んであげた。まだ、理解はしていないと思うけれどドアのチャイムの「ピンポーン、ピンポーン」という単語が気に入っているらしくそのページをめくるとミアも自分で発音している。

外の空気も吸わせなくてはと思い、近くの遊園地まで連れ出す。ブランコやシーソーなどを楽しんで17時頃まで一緒に遊ぶ。

カローラは17時20分頃に帰宅。これでようやくお役御免かと思うと急に眠くなってきた。そう言えば今日は昼寝をする時間がなかった。

帰宅してから「黄昏ビール」を楽しむ。簡単に夕食を済ませてから下の部屋で Tagesschau を観、Netflixの映画を観て今日も終わる。疲れた。😅

ZOOMで日本からのオンラインセミナーに参加

2021年7月24日(土)・晴れのち雷雨/最高気温27度

7時半起床。

目覚めたときにカローラから WhatsApp で連絡が入っていた。彼女は今日、車に積む小さなクールボックスを必要らしい。12時までに届ける約束をする。

朝食のあと、10時から11時までオンラインセミナーがあった。日本の日独協会のイベントであって、しばらく前に出席を通知しておいた。

今日のテーマは “VOLK” ということで18世紀〜19世紀にかけてどのようにして “VOLK” という概念が生まれてきたかをわかりやすく解説してくれた。下は講演の案内である。

須藤秀平(福岡大学):ドイツ人のアイデンティティと「国民」の文学
ドイツ」と一口に言っても、歴史的にはその国境は何度も変わってきました。その中で 「ドイツ人」とは一体誰を指すのでしょうか。ドイツ語で語られたドイツ人のイメージ や理想について、近代以降の文学とからめて紹介し、「ドイツ人」ひいては「国民」とい う考え方がどのように作られ、広まっていったのかを考えます。

とても分かりやすく、興味のある講演だった。プレゼンも簡潔かつ明瞭で感心する。

12時頃にカロー宅へ行くとエレベーターの前でミアが迎えてくれた。しばらく見ないうちにずいぶん大きくなっている。

帰宅してからの午後はゆったりとした時間を過ごす。

16時過ぎから一時間ほど昼寝。スッキリとした頭でしばらく振りに18時からの Sportschau を観る。 Tagesschau を観たあと Netflix の映画を観て23時頃の就寝。

東京オリンピック 2020 の開会式

2021年7月23日(金)・晴れ/最高気温28度

7時起床。

あと2日はひとり暮らしの予定なので、カレーを作り置きすることにする。作っておけば2日くらいは料理をしなくても済む。しかしそのあとはしばらくカレーを食べたいとは思えないのが副作用だけれど。

冷凍庫を開けてみたら合い挽き肉が見つかったのでそれを使うことにする。小ぶりのタマネギを一個と Fried Onions を使うことにした。邪道かもしれないがテストである。

その他はニンジンとピーマンだけ。ピーマンも冷蔵庫の中に半分残り物があったのを使った。

出来上がってみると,まずくはないが Fried Onions は余り良くないかもしれない。昼食と夕食、続けて食べたが,味のほうはそれなりだった。

午後からは生中継の東京オリンピック 2020 の開会式を見ながらゆったりする。

コロナ禍の中を強行したわけだが全体の空気が固いと感じる。いろいろとスキャンダルがあったからだろう、開会式はあちこちに???と感じる点があって、芯になるコンセプトが表現できていなかった。そう思うのは、74歳の老人の古びた感性なのかもしれないが、練り込む時間が不足していたのは確かだ。

夜は何かスカッとする映画を観たくなった。

久しぶりの外食

2021年7月22日(木)・晴れ/最高気温26度

7時半起床。

爽やかな気候の1日だった。

今日は12時から昼食を友人と一緒に食べる約束をしていたので,朝食はトースト2枚だけにする。

今日は和食。ゆったりとした店内で、ゆっくりとおいしく食べ、お話しも出来て楽しかった。そのあと何処へも立ち寄らずに帰宅。

ビールを飲んだので快い気持ちで玄関を入る。手を洗ったあとベッドに横になりそのまま昼寝。16時過ぎまでしっかり眠った。

午後も素晴らしいお天気が続いて、気がつくと向日葵の葉が暑さでクタッとしている。夕方から庭の植物に万遍なく水やりをして今日は終わる。

20時からの Tagesschau では東京オリンピックのことを伝えている。「コロナとスキャンダル」ということだ。

スキャンダルを起こした人の名前が「小林」というのだそうで,なんだかわたしにも影響が出そうな気がしてきた。日本からのニュースで「小林」という名前が出ると「君の親戚か?」と聞かれることが多い。😥

ヴィルヘルム・ハイネ の展示会を見る

2021年7月21日(水)・晴れ/最高気温27度

7時半起床。

ブリギッテは9時半に家を出て Kirchheim unter Teck へ。ユリアの手伝いに日曜日まで滞在する。

「五大陸博物館」で開催される特別展 “JAPAN” が明日からは有料になるという情報を貰ったのでそれならば今日のうちにと行ってみる気になる。

1852年にペリーの黒船が日本に来航したときに同行した ヴィルヘルム・ハイネ が描いたその当時の日本の風景と人々の展示会である。生まれたのはドレスデンという事でドイツ人であるがアメリカに渡り南北戦争時に北軍の将校としても行動した。フランツ・フォン・シーボルトとの関係も興味深い。下は自画像。

IMG 7482

ヴィルヘルム・ハイネ – Wikipedia の記述がとても興味深い。

ヴィルヘルム・ハイネは、1827年にドイツのドレスデン(当時はザクセン王国の首都)で生まれた。父のフェルディナント・ハイネは、ドレスデン宮廷劇場(ドイツ語版)に属する喜劇役者であった。フェルディナントと、リヒャルト・ワーグナーの父親は友人で、このためハイネはリヒャルト・ワーグナー(1813年 – 1883年)と家族ぐるみの付き合いがあった[6]。

展示場はたったの一部屋で,おまけに15時からはわたし1人だったのでじっくりと見て回ることが出来た。

それでもやはり展覧会は疲れる。まっすぐ帰宅して夕方からはビールを飲みながら本を読んだりラジオを聞いたりと好きなことをして過ごした。

数年前に読んだ本をもう一度

2021年7月20日(火)・晴れ/最高気温24度

7時半起床。

よく晴れて乾燥した空気の清々しい1日。

昨日から読み始めた「家康」(安部龍太郎)を一日中読み続けた。この本は2017年に購入したもので再読である。

51JX2PoaRML

この作者の経歴が国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒業とあったので興味を持った。理系である。彼は1955年生まれというので私よりも7歳年下。ここにも20歳の時に大きく人生の舵を切った人がいたというのが嬉しい。

わたしは徳川家康に関する小説は山岡荘八のものから始まって異なる作家のものを数冊読んでいる。従って歴史上の内容などは熟知しているのだが、徳川家康という人物の生涯は何度読んでも面白い。

昨日からずっと読み続けて「自立編」を読み終わり今日は「不惑編」に入った。

お昼頃からブリギッテは美容院に行った。お天気も良いのでわたしも45分ほど外を歩いてくる。帰宅しての昼食は「蕎麦」。

昼寝をしたあとも続けて「「不惑編」を読み続ける。

ブリギッテは夜、友人と一緒に Kammerspiel に行った。彼女が追っている Emma を扱ったお芝居らしい。

引きこもりはやはり駄目

2021年7月19日(月)・晴れ/最高気温26度

7時起床。

ブレーメンを往復した日(金曜日)から、どうもピリッとしない日が続いている。肉体的にではなく、精神的に空白感がある。どういう事だろうかと自問自答してみるがはっきりしたことは分からない。

午前中はブリギッテが買い物に出掛けたあと、各部屋に掃除機を掛ける。彼女が帰宅してから昼食はカマンベールのパン粉揚げとサラダで済ませる。簡単なモノだが美味しかった。

午後は数年前に読んだ本を再び読みなおしてみる。ほとんどおぼえていない。

ブリギッテがマーマレード作りで忙しくしているので、わたしが冷凍餃子を焼いて白飯で食べる。超手抜き。

土曜日、日曜日、そして今日と家から出ていないので,夕食のあと一人で家の周りを歩く。少し気分転換になった。

やはり家の中にばかり閉じこもっていてはいけないということなのだろう。反省。

アイロン掛け

2021年7月18日(日)・小雨のち晴れ/最高気温25度

8時45分起床。

シャワーを浴びてから Kiosk にゼンメルを買いに往復。日曜日の朝食にはゼンメルを食べたいというのがブリギッテの定番。

遅い朝食を終わったらあっという間にお昼を過ぎる時間になった。

大相撲・名古屋場所は今日が千秋楽。昨日まで横綱・白鵬と大関・照ノ富士が全勝で今日の一番が楽しみだった。結果は白鵬の45回目の優勝ということになったが、あと味のスッキリしない感じが残った。しかし、勝負の世界はあれで良いのかもしれない。

そのあとで溜まっている洗濯物のアイロン掛けを始める。今回もかなりの量だったが、ポッドキャストの番組を聴きながら終了。1時間以上かかったので疲れてそのあとはベッドに横になる。

19時にアンナが来訪。彼女は昨日の深夜にケルンから戻って疲れているだろうからというブリギッテの計らい。

Tagesschau では昨日に続いて大雨による被害状況を伝えている。死者は現在のところ160人ほどで、近年にない大きな災害となっている。

休養日

2021年7月17日(土)・曇りときどき小雨/最高気温21度

9時起床。

昨夜は眠りについたのが午前2時だったから、感覚的にはそれほど遅い起床ではない。よく眠れた。

昨日の疲れを取るために今日は特に何をすることもなく、一日中ゆったりと過ごした。

15時半頃から17時頃まで遅い昼寝をしてほぼ体調は元に戻ったような気がする。疲れを取るにはやはり睡眠が一番。

20時から Tagesschau を,そしてそのあとドイツ西部を襲った洪水に関する番組を観る。2011年の東北大震災とは規模が違うけれど、似たような映像をずいぶん見せられた。

今日まで分かっている死者は130名ほどだが、まだ増える可能性はあるようだ。

オリンピックを控えた東京の選手村でコロナ感染者が出たというニュースも取り上げられていた。

22時近くになったら急に瞼が重くなってきた。

ミュンヘン ⇄ ブレーメン 日帰りの旅

2021年7月16日(金)・晴れ/最高気温24度

3時半起床。

早朝5時55分発の列車に乗るので早起き。

列車がミュンヘンをの中央駅を出てすぐに眠りに入り2時間ほどはぐっすり。Hannover までが5時間ぐらいと長い。列車の中では本を読もうと思い Kindle を持参したのだが、眼が疲れてきてすぐに諦める。その間はひたすらポッドキャストを聴き続ける。

スクリーンショット 2021 07 17 11 59 15

Hannover で乗り換える時にBremen 行きの列車の発車ホームの変更アナウンスがあつた。これは注意していないと聞き逃したら大変。

ドイツだけでなくイタリアの鉄道もこの手の変更は良くあることで、その国の言葉に慣れていないと聞き逃す恐れがある。わたしは30年ほど前にイタリアのボローニャ駅で同じような状態に陥り、数時間次の列車を待たなくては行けないことになった。

今回は定時にBremen に到着。すぐに警察署まで徒歩で行く。地図を見ると歩いても10分足らずで行ける距離。知らない街では歩くのが一番確実である。

警察では特に面倒な手続きはなくブリギッテの盗まれた財布は戻って来た。やれやれ、である。さて、夕方17時15分の出発まではずいぶん時間がある。とにかくなにか食べなくては。

警察署は Marktplatz の近くだったので Ratskeller で遅い昼食を取る。お昼時は過ぎていたので客は少なかったから、落ち着いた雰囲気だった。Mittagsmenü も 8.9 € と良心的。ビールはノンアルコールだったが美味しかった。

IMG 7445

ゆっくりと食べたあともだいぶ時間があったのでちょっとだけブレーメン市の中心部を見て周り駅に向かう。定番の「ブレーメンの音楽隊」を正面から写してみた。

IMG 7435

疲れたので駅のホームのベンチに座って列車を待つ。帰路もほぼ時間通り。帰路もまた Hannover での乗り換えにホームの変更があった。往復とも乗り換えには充分な時間があったのでアタフタせずに対応できた。

この間、ドイツ人の老夫婦二組に訊ねられたから、ドイツ人にとってもこれは困ることなのかもしれない。もう少し駅の案内が親切であっても良いと思う。逆に日本の鉄道は親切すぎてうるさいと思うことが多いのだが。😅

列車の中で座り続けるのも退屈なので、ときどき立ちあがりデッキまで往復したりした。そこで見つけたのが下の表示ディスプレー。ドイツの ICE もかなり早い列車である。

IMG 7462

幸いにもミュンヘンには定時に到着。雨が降っている。帰宅したのは午前1時近く。シャワーを浴びたあと軽い食事をして Weißbier を飲み、就寝。今日1日の歩数は久しぶりの一万歩越えとなった。11,272 歩。

今回の往復は肉体的にそれほど疲れはしなかったけれど、座っている時間が長かったからミュンヘンに着く頃にはお尻が痛かった。それとほとんどマスクを外すことがなかったので,紐のかかった耳の後が痛い。😅 早くコロナが収束してマスクをつけなくてもだいじょうぶな日々が戻ってきて欲しい。