映画 "Der Untergang" (滅亡)を観る 


快晴 / 外気温28度
7時起床。今日は昨日よりももっと素晴らしい天気になった。最高気温も28度まで上昇。今日もフェーン現象である。例年、この時期にはこんな天気が訪れてわれわれを喜ばせてくれる。帰宅後、SMART に乗って1時間ほど走ったのだが、窓も全て開け、カブリオの状態にして実に気持ちが良かった。」今夜の「仮面舞踏会」もわたしは非番。大いにこの天気を満喫する。 

今日の音楽稽古は11時半から13時まで。相変わらず Billy Budd が主だが、今日は「リゴレット」、それに今週末に来る「蝶々夫人」を少し。終わって外に出た途端に、暖かい空気がフット全身を包んで幸せな気持にしてくれる。お天気につられて、今日は駅まで普段と違う道を歩いてみた。
image
ミュンヘン観光に来た人は必ずといってよいほど訪れる Hofbraühaus の前を通ってみた。ここはちょっとした広場になっていて、そこを囲むレストランなどは、天気の良い日に広場にテーブルを持ち出してお客をそこに座らせる。案の定、昼食時でもあるのでたくさんの人が今日の上天気を楽しんでいた。ワイシャツ一枚でもちょっと汗ばむくらい。路面電車の乗り換え点でちょっとした食料品の買い物をする。帰宅は2時頃。

昼食後、少し休んでから SMART で外出。ミュンヘンには日本人達で構成される「ミュンヘンML」というメーリングソフトがあるのだが、昨日、そこの書き込みに次のような「売ります」案内が出ていたので、即、予約して、今日引き取りに伺った。
・クラウン独和辞典(三省堂)/1991年発行 5ユーロ
・デイリーコンサイス英和・和英辞典(三省堂)/1994年発行 2ユーロ
わたしの持っている辞書は三修社の独和が1974年発行のもの。ニュークラウン英和は1962年発行という代物なので、そろそろ新しいものが欲しいとは思っていた。今回のも全く新しくはないがそれでもわたしの持っているものよりはかなり新しい。特に英和辞書はわたしのものはもうボロボロだったので、ありがたい。

ブリギッテはほぼ定刻に帰宅。簡単な食事をして、今夜は映画に出掛けることにする。月曜日と火曜日は「映画の日」ということで入場料が6ユーロと格安。今日見たのはブリギッテの希望で、9月から公開されている新しい映画 "Der Untergang" (滅亡)という題名。ヒットラーの最後の数日間を描いたもの。たまたま、ミュンヘンを訪れているブリギッテのお父さんを誘ったら彼は既に見たらしく、二度見るには「わたしにはまだ、生々しすぎる」ということで断られた。彼は第二次大戦に参加してフランスの捕虜となった経験をしているのでそれもわからなくはない。8時半から始まって終わったのが23時過ぎというけっこう長い映画だった。何よりも、内容が重い!見終わったあとは言葉を出すのが非常に困難だった。 

Posted: 2004年10月05日 (火) at 17:36 




1年前の今日は? 2年前の今日は?