10年ぶりのクラス会 


かつて化学を勉強していた頃の同級生で、わたしのブログを熱心に読んでくれている方がいる。今回、わたしが日本に帰ってくるということを知った彼女は(そのクラスには5人の女性がいた)、すぐに行動を起こしてクラス会を企画してくれた。ありがたいことである。(^_^) 

クラス会は13時から原宿駅前の「南国酒家」というところで開催された。出席者は15名。40人足らずのクラスだったからこの数字はかなり良いものだろう。久しぶりに会う旧友たちの顔は、当たり前のことだが、それぞれに年齢相応に老けて見えて最初は戸惑ったりもしたけれど、5分も話していると、まるでそこに昔日の若々しい顔が見えているような錯覚に陥った。どうやら頭の中ではものすごいスピードで補正回路が働いていたらしい。(^_^;)

乾杯の後、一人一人立ち上がって近況などを報告。それぞれに年代相応の生き方をしているのだなと感慨深く聞いていた。自分のやっているプロジェクトを誇らしく報告する仲間もいれば、ゴルフで70台を出したと嬉しそうに報告する友もおり、顔をほころばせて孫の話をする人もいる。われわれは全員58歳-59歳だから、会社勤めの仲間たちにとっては終着点に近い人生の転機でもあるのか、大学教授に転身したものもいれば、悠々自適の生活に入ろうという人もいた。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまい、午後4時にお開き。それから後は9人程で二次会へと流れた。折りから、日曜日の表参道は若い男女で一杯。われわれの年代の9人はその中では少し浮き上がって見えたことだろう。「南国酒家」から近い、ある喫茶店に入り小一時間を過ごしわたしはその店を出た。なんだか、「さあ、頑張ろう!」という元気が出てきた。(^_^) 

Posted: 2005年09月18日 (日) at 16:50 




1年前の今日は? 2年前の今日は?