真夏日から一転して寒い雨の1日

土曜日・雨 / 最高気温12度
7時10分起床。ベッドの上で眼が覚めたときにかなり大きい雨音を聞いた。天気予報では雨が降るとは言ってなかったのに。午前中にプローベがあり、夜はしばらく振りの” i Capuleti e i Montecchi ” の公演があった。

眼が覚めたときに雨音が聞こえるというのはなんとも憂鬱なものである。おまけに今日は10時からプローベがあった。しかし、わたしが家を出る9時過ぎには雨の勢いもずいぶんおさまってきていて、 Max-Weber-Platz から劇場まではいつもの通りに歩くことが出来た。

午前中のプローベは “La Cenerentola” で休憩無しの1時間で終了。そのあと Ludwig Beck に立ち寄りジュゼッペ・ディ・ステファノのCD を2枚購入してきた。土曜日だというのに店の中は閑散としていて寂しい限り。会計の女性とちょっと話をしたらやはりインターネットの影響で客ががた落ちしていると言っていた。

家に着いてからご飯を炊き、味噌汁を作りタマネギ入りのオムレツといただき物の[辛子明太子][ 錦松梅 ][昆布の佃煮]を並べた昼食を作った。ちょうど出来上がる頃にブリギッテが買い物から帰宅したので一緒に食べる。そのあとは疲れて2人とも昼寝。

眼が覚めると小雨の降る中をブリギッテが庭仕事をしている。彼女が見つけて買ってきた 朝顔の鉢植えをテラスに並べたり、育った植物の鉢を一回り大きなものに移したりの作業をしている。風邪などひかなければよいがと心配になった。わたしはドイツで始めて朝顔の鉢植えを見たが、はたしてドイツの気候で育つのだろうか。

夜は久しぶりの” i Capuleti e i Montecchi ” で今夜は主役二人に Vesselina Kasarova Anna Netrebko が並んだ。チケット代金がグンと跳ね上がったそうだがそれでも多分売り切れだろう。

Anna Netrebko が素晴らしい歌唱と演技だったが、相手役の Vesselina Kasarova もこれまでで一番気合いが入って良い歌唱だった。男声ソリスト陣もそれぞれに立派な出来。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です