April Wetter (4月の陽気) に翻弄された一日

2024年4月17日(水)・小雨ときどき曇り/最高気温8度

8時起床。

朝食のあとブリギッテは10時からの予約を入れていた美容室へ。わたしはその間に久しぶりに友人との長電話。

昼食はわたしが冷凍のかき揚げを使って「かき揚げ丼」を作る。まあまあの味には出来たが何かちょっと違うような気がする。

そのあと1時間の昼寝。グッスリと眠った。

15時過ぎにカローラがミアを連れて来訪。彼女は明朝、大腸と胃の内視鏡検査を予約してあるらしく、今夜から下剤を飲まなくてはならない。そういう状態ではミアの世話も難しいので今夜はわが家に2人で泊まることになった。

ブリギッテはずいぶん前から女性だけの食事会の約束がしてあって、それをドタキャンするわけには行かないので出掛けていった。ミアを寝かせつけてあともカローラは何度かトイレに駆け込んでいた。😅 ブリギッテは11時過ぎの帰宅。

明朝、ブリギッテはカローラを送り迎えすることになっている。家族というのはなにかといろいろあるものだ。

昨日に続いて今日も不安定なお天気で、雨が降っていたかと思うと急に太陽の光が見えたり、夕方にはバラバラとアラレが降ってきて庭が真っ白になった。

強風の一日

2024年4月16日(火)・曇り/最高気温11度

7時半起床。

昨夜は自分のベッドで眠ったがまあまあの眠りだった。明日か明後日にはまたミアが泊まりに来るので、その時にはまた下の部屋で眠ることになる。

午前中からけっこう強い風が吹いていた。わが家の庭は隣家の桜が吹き込んできてまるで雪が降ったよう。これで花粉の飛翔が治まると良いのだが。夕方になって知ったのだが、ミュンヘン空港も強風のため着陸がかなり遅れた便が出たようだった。

そんなわけで一日中家の中にじっとしていたのだが、夕方になり少し風も治まったから19時40分ほどに家を出て少し外を歩いてきた。これで心身がスッキリした。

ひとりで留守番

2024年4月15日(月)・小雨ときどき晴れ/最高気温16度

7時半起床。

8時44分発の列車で Burglengenfeld に出発するブリギッテに起こされて目覚めた。彼女はヨナスの5歳の誕生日を祝いに行ったのだ。わたしも一緒に行こうと誘われたけれどわたしはパス。

午前中は窓際に座りながらiPhoneを眺めたり電子書籍を読んだりと好きなことをゆったりと出来て幸せ。ほとんど動かなかったからかお腹も空かない。

午後になって各部屋に掃除機をかけた。数日前から気になってはいたのだが、やはりひとりでいるときのほうが家事もはかどる。

ブリギッテは21時近くの帰宅。今日はそれほどドイチェ・バーンも遅れはなかったらしい。わたしはすでに「だし巻き卵」といただき物の「ちくわ」有明海の「焼き海苔」で夕食を食べ終わっていた。帰宅したブリギッテはそれらをつまみに食べて嬉しそう。

暖かい日曜日

2024年4月14日(日)・晴れ/最高気温26度

8時起床。

今日も暖かい一日となった。午前中はのんびりと過ごす。

昼頃、ブリギッテに散歩に誘われていつもの5000歩コースを歩いてくる。この時間帯の気温が高く少し湿り気もあったからか、帰宅したときにはすっかり喉が渇いていた。そこで昼ビールを飲んでしまったからいけない。眠くなってそのあとは昼寝。
まあ、天気予報によると明日から崩れるそうなのでこれもまた良しと自分に納得させる。

あっという間に夕方になり、18時ごろから改めて黄昏ビールを飲み始めた。

ドイツのサッカー・一部リーグ(Fußball-Bundesliga)の今シーズンの優勝チームは レバークーゼン (Bayer 04 Leverkusen) に決まった。これまで何度も2位に甘んじていたチームだったがようやくの優勝だということだ。

そして同時にイランがイスラエルを300発のロケット砲とドローン機による攻撃を加えたことを伝えている。世界がきな臭くなってきているのを感じる。

恐る恐る散歩に出てみた

2024年4月13日(土)・快晴のち曇り/最高気温25度

7時半起床。

昨夜は下の部屋で眠った。一昨日の夜は自分のベッドを使ったのだが、やはり花粉症の影響でよく眠れなかったのだ。もう少しの辛抱だろう。

朝食のあとしばらくしてブリギッテは Grünwald 近くにある Wörnbrunn での Flohmarkt (がらくた市)に出掛けていった。久しぶりに彼女自身の電動自転車で森の中を突っ切って行く感じが快適だったらしい。

わたしは別行動で森への散歩へ。恐る恐る家を出て、歩く速度も控え目にして、喘息の気配が出たらすぐに引き返すつもりだった。来週からは天気が崩れるらしいので、今日のような素晴らしいお天気を少しでも味わいたかった。

森に入る前に見た桜がきれいだった。山桜のような感じ。スッキリとした青空を背景にして咲く桜はどんな品種でも美しい。

森の中にはいると木々の新芽が眼に優しい。

無理をしないように今日は途中のベンチでひと休みした。懸念していた喘息の発作も出ずに無事に帰宅。

夕食は「鯵のひらき」と先日日本からのお土産にいただいた練り物をおかずにしておいしく食べた。18時半頃から Sportschau を観る。

室内から快晴の眺めを見るのも良いものだ

2024年4月12日(金)・快晴/最高気温21度

7時半起床。

今日も快晴。ゴミ出しにちょっと外へ出てアパート敷地内にある白樺の木を眺めて見る。すでに新芽は大方出揃っているがまだ10%ほどは開ききっていないようだ。要するに今週一杯は外へ出ない方が良さそう。

ブリギッテは11時から近くの Café で友人とのお茶(おしゃべり)に出掛けていった。わたしはボンヤリとして過ごしたが新しく3月23日に出た ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~をKindleで読了する。

13時を過ぎてもブリギッテが帰宅しないので、わたしは昼寝。彼女はそのあと買い物へと出掛けた。今日はわたしの代わりに Weißbier を2ケース買って来てくれた。

夕食は閉店まぎわの EDEKA で50%引きになっていた国籍不明のお弁当(メキシコ風)を買ってきたのでそれで済ませる。ピリッとした辛さでけっこう美味しかったが、ご飯だと思ったのだが、残念ながらご飯ではなくクスクスだった。

ヨナスを送り届けた

2024年4月11日(木)・晴れ/最高気温16度

7時半起床。

今日は10時44分の列車でヨナスを送っていくことになった。ブリギッテは毎日なにかと忙しくしているので、花粉症で家に閉じこもっていてなにもしていないわたしがヨナスの引率者として行くことになった。

わたし自身何日も家の中に閉じこもっていたので、外の空気を吸いたいという希望もあった。花粉症もそろそろ通過したのではという目論見もあった。折りから今日のお天気は快適であって列車の中に座っているだけだから大丈夫だろうという予感はあった。

結果を言うと、無事にヨナスを送り届けて帰宅の途についたとき、15時ぐらいから体調が少し怪しくなってきた。わが家にたどり着いて一番最初にやったことは喘息用のスプレーを使うことだった。花粉症はまだ完全に通り過ぎたわけではなさそうである。

わたしひとりで孫の世話は大変

2024年4月10日(水)・曇りのち晴れ/最高気温12度

7時半起床。

朝食はミアとヨナスの2人の孫と一緒に食べる。ブリギッテがヨナスも連れてミアの幼稚園に送りに行っている間がわたしの静かな時間。昨夕からの雨のせいかわたしの花粉症も少し楽になってきている。腰の痛みも今日は感じなかった。

夕方4時頃からブリギッテは外出し、帰宅したのは20時半と遅かった。その間わたしがヨナスの面倒をみたけれど、これはちょっと辛かった。

明朝、地下の駐車場の大掃除があるので夕方に車を近くの道に駐車しに行く。今日はこの時だけが外の空気を吸った時間だった。明日はもう少し体調が戻ると嬉しいのだけれど。

ただいま蟄居中

2024年4月9日(火)・晴れのち曇り/最高気温21度

8時半起床。

今朝も5時過ぎには目が覚めていたのだが、そのあとまた寝入ってしまい孫のヨナスに起こされた。睡眠時間とその質をiPhoneのアプリで見ると満足すべき結果が出ている。だが体調は依然として悪い。

今日も一日中閉じこもりの生活だった。孫のミアがお昼前にCarolaに連れられてやってきた。今日もわが家は4歳児の孫2人を抱えてにぎやか。わたしはできるだけ下の部屋に居るようにしていた。

夕食はわたしが4人分の「炒飯」を作る。食べ終わった頃にまた花粉症の症状が出て胸が苦しくなった。スプレーを使って凌ぐ。この状態はまだ一週間ほど続くかも知れない。

花粉症、ピークかも

2024年4月8日(月)・快晴/最高気温29度

8時起床。

ここ3日ほど30度近くの外気温が続いていて、木々の新芽もいっせいに吹き出しているのが眼で見てもわかるほど。そのおかげでわたしの体調も最悪。

家の中に閉じこもっているせいでひどい喘息症状は起きないのだがそれでもときおり息苦しくなる。これが自分の身体かと疑うほど、身体全体が重い。上からの空気に押しつぶされる感じがする。ここ数年、こういう感覚は味わったことがなかった。もしかすると年齢を重ねたせいで身体全体の筋力が低下しているのかも知れない。午前と、午後に40分ぐらいずつベッドに横になってそれをやり過ごした。

ただ、食欲は普通にあるのでそれが救いではある。そんなわけで今日は取り立てて書くようなこともない。明日から気温は一気に10度ぐらい下がるという予報なのでそれに期待して早寝する。

ヨナスを伴ってブリギッテが帰宅

2024年4月7日(日)・快晴/最高気温28度

7時半起床。

午前中にブリギッテがユリア宅からヨナス(4歳)を伴って戻ってくるというので今朝はいつもの時間に起床。昨日、一昨日と朝寝を堪能したがそれも終わりだ。

朝から素晴らしいお天気となり、わが家の庭に一本だけある桜にも花が咲いた。染井吉野のようにピンクではなく白い花だが花のあとのサクランボはおいしいらしい。(わたしはアレルギーがあるので食べられない)

今日も DB はかなりの遅れだったようで12時過ぎの帰宅となった。孫たちが争ってわれわれ祖父母の元に来たいというのは嬉しいことだけれど、正直に言って心身の負担ではある。しかしその分、ユリア夫婦を少しでも助けることになるのだからと文句は言わないことにする。

ブリギッテが今日のお昼に帰宅したのは、以前に隣人だった夫婦からお茶に招かれていたから。わたしだったら延期して貰うか断るかするのだが、彼女にとってはそれが大事なことなのだ。

15時にヨナスを連れて3人でお茶に伺う。ヨナスを伴っていくというのは了解を得ていたらしい。ブリギッテは LEGO のスポーツカー組み立てのキットをヨナスにプレゼントしたので、15時から18時ごろまでわれわれがお茶を飲んでいるそばでおとなしく組み立てに集中していた。これはなかなか良いアイデアだった。

帰宅して夕食をとりヨナスを寝かせたのは21を過ぎていた。さすがにブリギッテも疲労困憊の様子。

花粉症を恐れて閉じこもり

2024年4月6日(土)・快晴/最高気温28度

8時起床。

素晴らしい春の日となった。これはミュンヘンだけではなくほとんどドイツ全土にわたる好天気だったらしい。

わたしは一昨夜、昨夜と真夜中にくしゃみと鼻水が止まらぬ事を体験して今年も花粉症の季節が来たことを確信した。長年の経験で、こうなると迂闊に外へは出ないほうが良い。散歩に出たいのはやまやまだけれどおとなしく下の部屋で窓を閉め切りほとんど一日を過ごした。

「ブラッシュアップライフ」を最後の第10話まで観終わった。演じていた4人の仲良したちの演技が自然で楽しめたが主役を務めていた安藤サクラが一枚も2枚も上手である。彼女の表情がその奥にもっと複雑な事情を秘めているようで、それに共感を感じることが多かった。いろいろな人間を演じ分けることの出来る才能を持った人という印象で、わたしの好きな女優・奈良岡朋子に似ている。

お昼ご飯を食べたあとは45分の昼寝。

夕方は18時半からサッカーのダイジェスト番組である Sportschau を観る。今日も負けてしまったので今シーズン、FC Bayern München の優勝はないだろう。

暖かい日に友人とランチ

2024年4月5日(金)・晴れ/最高気温25度

なんと9時半までベッドの中にいた。今日は日本からいらっしゃっている友人と一緒にランチをする以外はなにも予定無し。ブリギッテは今晩もユリア宅に泊まり明日帰ってくるということで、精神的にかなりの解放感。

13時からのランチは Tal にあるバルカン料理店 Opatija なので朝食はトースト2枚だけに留めておく。

出掛ける前はかなり暖かそうな空気なので何を着ていこうか迷った。結局セーターだけで出掛ける。正解だった。

友人は4月8日(月)に帰国ということなので今日今回お逢いできる最後の機会だろうと思った。いろいろな話をしたが今回も充分にミュンヘンを楽しんでおられるようで嬉しい。

帰路は腹ごなしに少し歩いて Am Gärtnerplatztheater の前を通る。チューリップの花が一杯で数ヶ月前の寒々とした景色とはずいぶん違っている。

下の写真は同じ場所を2月21日(水)に写したもの。ちょっとアングルは違うけれど劇場の前のロータリーには何も植えられていない。

帰宅して1時間の昼寝。

Opatija でタップリと肉料理を楽しんできたので夕食は抜く。途中で買ってきた赤ワインとバナナ、それにチーズで済ませた。

ヨハナをブリギッテが送っていった

2024年4月4日(木)・晴れ/最高気温18度

8時起床。

今日はミアを幼稚園に送っていかなくても良いのでゆっくりの起床となった。それでもヨハナがいるので老夫婦2人の朝食とはずいぶん雰囲気が違う。

アンナ住まいのテラスに置いてあった庭椅子3脚が塗装も剥げて壊れてしまっているので、粗大ゴミ捨て場に運ぶことを頼まれていた。これにはやはり車が必要である。10時半に約束をしてその仕事は問題なく終了した。

今日は月の最初の木曜日で、Nationaltheater の合唱団で歌っていたシニアの集まりがある。これまでは集まっても10人ほどで時にはわたしが唯一の男性だったりしたので今日も余り気が進まなかった。しかし、行ってみると今日は20人近くの参加者で男性も5人だった。今日だけ多かったのはやはり春の気候が呼び寄せたのか。

その場所は Pasinger Bahnhof のすぐ横だったから、帰宅は駅前から Tram 19番に乗ってゆったりと帰途についた。帰宅は17時近く。ブリギッテはヨハナを連れて Burglengenfeld へと出発したあとだった。

先日見つけた「ブラッシュアップライフ」(Netflix) の第三話から続きを観始める。主演の 安藤サクラ という女優さんが自然な演技で引きつけられる。第十話まであるそうだが明日には観終わりそう。

ヨハナを連れて列車で行ったブリギッテから連絡があり、今日も DB で問題があり普通の2倍以上の時間が掛かったという。

ボンヤリと過ごした1日

2024年4月3日(水)・曇りのち小雨/最高気温14度

7時起床。

昨夜は午前4時前に眼が覚めてそれから眠れなかった。午前中はそんなわけでボンヤリとした頭で過ごした。

ブリギッテは昨夜急に泊まることになったミアとヨハナの二人の子供の世話をしてミアを幼稚園まで送っていった。いったん帰宅してからヨハナを動物園に連れて行ったりしたから、かなり疲れた一日だったと思う。

結局ブリギッテとヨハナは動物園の帰りにカローラ宅へ行って戻ってきたのは20時近くだった。

ブリギッテは明日ヨハナを連れて Burglengenfeld に列車で行くそうなので、その強行軍には大丈夫なのだろうかと他人の健康ながら不安になる。つい先日は浴室で転んで腰を痛めたのに。

夕食には麻婆豆腐を作っていたのだが、夕食はカローラ宅で食べてくると連絡があった。ヨハナも食べられるようにと唐辛子をほとんど入れなかったのにちょっと残念。

少し体調不良

2024年4月2日(火)・曇りのち晴れ/最高気温13度

7時半起床。

昨夜から孫のヨハナにわたしのベッドを占領されていて、わたしは下の部屋で眠った。たまにはひとりでゆっくりと眠れるのもまた良いものである。

3人での朝食を済ませたあと、11時からブリギッテは近くの歯医者で歯の洗浄をして貰いに家を出ていった。ヨハナはその前にアンナ宅へ。歯医者が終わってからブリギッテはヨハナをピックアップして街へ出掛けたらしい。

復活祭の疲れが出たのか今日は1人になれる時間が嬉しい。しかし体調が思わしくなく、ごく軽い下痢に見舞われる。気がついてから用心していたので夜にはだいぶ回復した。

ヨハナが今夜は餃子と炒飯が食べたいという。お義母さんのユリアが作ってくれるけれど、おじいちゃんの方が遙かにおいしいと言う。そこまで言われると・・・。

しかし今日は体調が悪いので炒飯は別の機会にということで白いご飯を炊き納得させ、味の素の冷凍餃子を焼くだけにした。

夕方になって急にミアが泊まりに来ることになりわたしが迎えに行って連れてくる。というわけで夕食は4人で。

食事のあとブリギッテは孫たちをベッドに送り込み、わたしは食卓と台所のあとかたづけをしたら21時を過ぎていた。

DB には参った!

2024年4月1日(月)・曇り/最高気温12度

7時起床。

昨夜は足首に間欠的に起きる痛み(のようなもの)で熟睡できなかった。夜中に起きて Voltaren 錠剤を飲んでみたりしたのだが改善しないままに朝を迎えた。

今日はカローラとミア、アンナ、そしてブリギッテとわたしも復活祭のお祝いに招かれていた。アンナは別に電車で、わたしたちはわが家の車で9時ごろに出発。

あいにくの肌寒い曇り空だったので昨日とはずいぶん気分的に異なる。こちらからも孫たちにたくさんのプレゼントを持っていった。復活祭のご馳走はユリアとフローリアンもかなり力のこもったものを提供してくれた。

午後の散歩のあと再びご馳走を囲んでの夕食となったけれど、わたしはお腹が全く空かなくてパス。

帰宅時には6歳児のヨハナ(小学校1年生)を連れてくるので、わたしとアンナは列車でミュンヘンまで帰ることにして17時過ぎの出発。ヨハナは木曜日までわが家に泊まるらしい。

ここでまたまた DB (ドイチェバーン)の不具合に遭遇する。まずレーゲンスブルクでの乗り換えが45分の遅れ。この乗り換えの列車はチェコから来るもので、時間通りに来たためしがないけれど、今日のように大幅な遅れは久しぶりの体験。18時半頃にようやくレーゲンスブルク駅を出てミュンヘンへと向かう。やれやれ。、

しかしミュンヘンに近くなった Freising (フライジング) を過ぎた Pulling という駅で急停車。線路に飛び出した人がいるという理由でなんと1時間以上の停車。その間事情を説明するアナウンスはたった1回あっただけ。最後のアナウンスはミュンヘン中央駅には入れないので手前の Feldmoching が終着駅に変更というものだった。そこから地下鉄の U2 に乗り換えて Silberhornstr. まで走り Tram に乗り換えて帰宅したのは23時半だった。約3時間の遅れという事になる。

この間からストライキが続いていて利用者からもかなり不満の出ている DB だが、こんな状態で果たしてこれからやっていけるのだろうかと心配になる。

復活祭、そして夏時間の始まり

2024年3月31日(日))・晴れ/最高気温21度

7時起床。

2024年の3月は今日で終わりである。いろいろなことがあったせいかアッという間に過ぎ去ってしまった感が強い。加えて今日から夏時間の始まりで今朝はいつもより1時間早い起床となる。そしてもう一つ大事なのは復活祭の日曜日ということ。まあ、今日は朝から次々と予定があったので時間差による体調の変化というのはほとんど感じられなかった。

朝食はアンナも一緒にカローラ宅に招かれていたのでお茶を飲んだだけで9時頃に出掛ける。

まずは恒例の「復活祭の卵探し」をミアに経験させる。色とりどりに塗ったゆで卵(20個)を彼女の住むアパートの前の緑地に隠してミアに見つけさせる。私の子供の頃に正月には独楽回しをしたりしたのと同じように、こういうことも大人になったら懐かしく思い出すのだろうなと思う。

それが終わってから復活祭の朝食。私はもうそれほどの量を食べられないけれど、今年もこの行事に参加できた事が嬉しい。食事には Sekt を飲んだので11時頃からミアのベッドを借りて早い昼寝。

午後からはわたしとブリギッテ、それにミアの4人でミュンヘンのオリンピック公園で行われている復活祭のイベントに出掛ける。考えてみるとオリンピック公園も30年以上訪れていなかった。熱くなく寒くなく、20度近辺の外気温だったのでとても快適。小さな子供連れの人たちが多かった。ミアも顔に模様を描いて貰ったり、腕に写し絵をつけて貰ったりでとても楽しんでいた。下の写真はオリンピック時(1972年)に造られた塔を背景にした桜。

さすがに疲れて18時頃に再びカローラ宅に戻る。そこで夕食は復活祭の定番であるラム肉料理。これもおいしかった。

今日は午後の外出にかなり疲れるのではないかと体調面で少し不安を感じていた。しかし終わってみれば案外に疲れを感じてはいなかった。これが今日は一番嬉しかった。

カローラの就寝を見届けてから帰宅の途に着きわが家へは21時到着。

冷蔵庫の扉が壊れた

2024年3月30日(土)・晴れときどき曇り/最高気温24度

7時半起床。

10時に近所の Café で約束があるというブリギッテに起こされた。最近はわたしの方が早く起床していたのでこんなことはしばらくぶり。

朝食のあとはわたしひとりの時間で外は素晴らしいお天気。昨夜の食事会で使ったナイフやフォークの食器をしっかりと手洗いしたり、食洗機で洗い上がっていたお皿などを片づける。

そのあとは少しだけ溜まっていた洗濯物のアイロン掛け。そのAと1時間の昼寝。

ブリギッテはしっかりとおしゃべりを楽しんできたようで上機嫌。

なんと、午後になって冷蔵庫の扉が壊れてしまった。この前からかなり怪しかったのだが、今日は決定的。扉の蝶番が真っ二つに切れてしまっている。復活祭の直前でもあるし、土曜日という事もあり緊急電話をかけても誰も出ないことは想定済み。どう頑張っても修理に来てくれるのは来週の火曜日過ぎであるから、メールで通知して置いた。

夕食は昨日の残り物。今日になって食べてみてもあまり感心できる味ではなかった。せっかく来てくれたティーンエージャーの娘さんたち3人には気の毒なことをした。

夕方から Sportschau を観たあとは就寝までゆったりと過ごす。

日本から10代の娘さんたちを迎えて食事

2024年3月29日(金)・晴れ/最高気温22度

7時半起床。

目覚めたときからずっと午前中は身体の重さを感じる。この感覚は一体何なのだろう。これが老化ということなのだろうか。

ブリギッテは Nationaltheater の定期会員の切符を持ち主に返却に出ていった。

わたしは彼女のいない間に各部屋に掃除機をかける。ゆったりとした状態で掃除機をかけるのもけっこう楽しいものだ。となると新しいロボット掃除機を買おうかどうか検討を要する。ロボット掃除機をかける時でも椅子を食卓の上に置いたり、床にあるものを片づけたりするので全く肉体的に楽ということではない。

ブリギッテも帰宅後は疲れた様子だったので、同じ時間帯に昼寝を試みた。

今夕は18時から日本からのお客である M さんが3人の孫娘たちを伴ってわが家に来る。まだティーンエージャーの3人とはいえ、昨日日本から到着して昨夜はバレエを観、今日は Erding の温泉施設に遊んだというので疲れはピークだろうと思う。3人ともとても育ちの良さそうな素直な娘さんたち。

今日もブリギッテが料理を準備してもてなしたがさすがに20時を過ぎる頃には彼女たちの目もトロンとしてきて早い時間にお開きとなった。日本から私の孫たちにまで楽しそうなお土産を持って来てくれて嬉しかった。これもおばあちゃんである M さんの教育なのだろう。

今日は夜の招待があったのでその前の散歩は止めにした。

NordVPN を継続するか否か

2024年3月28日(木)・晴れのち曇り/最高気温12度

7時半起床。

一転して気温が下がり肌寒い。

昨夜の眠りが浅かったせいか午前中はボンヤリとして過ごしてしまった。自分の身体がやけに重く感じる。こんな時には無理をしないでおこうと思う。

ブリギッテはまた Silberhornstr. まで買い物に出掛けた。復活祭の前の最後の買い物かも知れない。Weisswurst を買ってきたのでそれを昼食に食べる。そのあとはお決まりの昼寝。

午後から腰を据えて NordVPN について調べてみた。現在は友人の U さんから譲り受けたアカウントを使わせて貰っているのだが、それは4月末には期限切れとなる。そのあと自分のアカウントを取得して NordVPN を使い続けるかどうかをじっくりと検討してみる。

16時過ぎに小雨模様が収まったので散歩に出掛けた。これで今日も6000ほど歩き、外気をタップリと吸うことが出来て精神的にも落ち着く。

夕食前にきれいな夕焼け空を見ることが出来た。明日はお天気になるかな?

今年初めての20度越え

2024年3月27日(水)・晴れのち雨/最高気温21度

7時半起床。

今年になって初めて一日の最高気温が20度を超えたようだ。さすがにもう雪は振らないだろう。タイヤ交換を早めにしておいて良かった。

暦の上でも今週末から復活祭が始まる。ブリギッテはまだ腰の痛みが消えていないらしいけれど、復活祭のための買い物に出掛けて行った。下手に止めても絶対にいうことを聞かないのはわかっているので何も言わなかった。

午後3時過ぎにわたしは街へ出る用事があったので出掛ける。用事は明日でも構わないのだが一日に1度外の空気を吸うのは悪くない。

夕方にAmazon-Audible からダウンロードしておいた「80歳の壁・実践編・幸齢者で生き抜く80の工夫」(和田秀樹著)を読み終えた。

夕食はわたしが麻婆豆腐を作ろうと思っていたが、ブリギッテが「チーズのパン粉揚げ」を買ってきていたのでそれを食べる。その上からトンカツソースを掛けて、白いご飯の付け合わせ、緑野菜サラダという妙な取り合わせになった。中身がチーズでもパン粉とトンカツソースはよくマッチするということを改めて感じた。😅

暗くなって外から雨音が聞こえる。

映画「アインシュタインと原爆」を観た

2024年3月26日(火)・晴れ/最高気温16度

8時起床。

穏やかな日和の一日だった。

朝食のあとブリギッテは調べ物があるとかで図書館へ。わたしは昼食を外で食べることにして、12時前に家を出た。
その他にもブリギッテに頼まれた郵便物を出すこと、銀行に行く用事などがあったけれどどちらも急を要することではないのでのんびりと出掛ける。

用事を済ませたあと Goetheplatz からブラブラと歩く。このあたりはしばらく足を運んでいなかったので楽しかった。バスで Silberhornstr. まで戻り、トルコ飲食店で昼食を食べようと思っていたら旧同僚の女性にバッタリと行き会った。彼女はわたしよりもかなり年上で、しばらく会わなかったから健康の心配をしていたのだが、思ったよりも元気そう。

帰宅するとブリギッテが菓子パンを買って帰宅していた。一緒に午後のお茶にする。それからわたしは40分ほどの昼寝。

夕食は空腹ではなかったがパンとチーズ、ソーセージなどで軽く済ませる。最近はどうも食事が不規則になっているような気がするので改めなくてはと思っている。しかしこれからイースターがあってまたまた不規則になりそう。

Netflix で「アインシュタインと原爆」という映画を観た。ザッと表面を撫でたようなそれほど深い内容ではなかった。数ヶ月前に観た「マエストロ」というバーンスタインの映画もそうなのだが、この所ユダヤ人を扱った映画が眼につく。現在の世界情勢を鑑みて意識して配給しているのかな。数カ所、1930年代と思われる日本の街並みと道行く人々が映されたのは興味深かった。

「不適切にもほどがある」を観た

2024年3月25日(月)・晴れ/最高気温12度

7時半起床。

朝食のあとブリギッテは知人との約束があるので街中へ出掛けていった。昨日とは変わって今日は暖かい春の日。

さて、今日はなにをしようかと考えた。昨夜、Netflix で日本のテレビドラマ「不適切にもほどがある」というのを見つけて観始めた。インターネットで評判になっていたなぁ、というほどの知識しかなかった。

昨夜は2話まで観て寝てしまったが、こりゃ、ひどいな!と思った。昭和の時代はこんなじゃなかったと思って腹が立ったのだが、どうやらこのドラマは1985年以降の昭和を描いているらしい。その頃わたしは日本にはいなかった。それならわたしは無罪(?)だと思ったら気が軽くなった。

そこで今日はその続きを観始めたのだが、このテレビドラマはタイムスリップを扱ったものだということがわかってきた。タイムスリップものはわたしも好きである。で、第5話まで観てしまった。 Netflix ではここまでで終わっている。もしかすると第6話からの続きがあるのかも知れない。

15時半頃になって散歩に出掛けた。テレビ画面ばかり眺めて一日を終わるのはいかに年金生活者でも不健康。8000歩ほど歩いて帰宅したがかなり疲れた。

ブリギッテは夕方に帰宅。知人と美術館を観たあと買い物もしてきたらしい。腰の怪我の様子が気になったけれど、家でウジウジしているよりは良いのだろう。

今場所も楽しかった大相撲

2024年3月24日(日)・雨/最高気温16度

7時半起床。

一日中雨。どこへも出掛けられない。

大相撲初場所・千秋楽 の結果は新入幕の 尊富士 が初優勝を遂げた。昨日の朝乃山との取り組みではかなり右脚を負傷していたようだったからどうなるのかといろいろ想像していた。

しかし、足にテーピングはしていたもののほぼいつも通りの動きで 豪の山 に快勝し自力で初優勝を遂げた。(13勝2敗) 素晴らしい! 新入幕力士の初優勝というのは110年前の「両国」という力士以来らしい。

今日のように雨に閉じ込められた日は頭の中もボヤッとして働かない。リクライニングの椅子に座っていたらいつの間にか眠ってしまっていた。

夕方から SoundTouch (BOSE) をしばらくぶりにいじっていた。こんなことも以前はもっと興味を持ってやっていたことなのだが、心のどこかに面倒だなと思う部分がある。

夜になって ABEMA からのまとまった大相撲三月場所・千秋楽の YouTube が観られるようになっていたのでもう一度じっくりと観戦。明日から寂しくなる。

一転してアラレ混じりの雨

2024年3月23日(土)・雨/最高気温12度

8時半起床。

今日もゆっくりの起床。寝室から見える外のお天気は雨、そしてかなり風も吹いている模様。昨日の午後に今年最初のビアガーデンを体験できて幸運だった。

ちょっとした雨が止んだ隙を狙って近くのキオスクへ徒歩で往復する。日本年金機構に「現在状況」(まだ死んでいないよという知らせ)を郵送したのだが、それに10ペニヒだけ切手が必要だったのだ。ほんの少しだけれど外気を吸うことが出来て良かった。

午前中にベッドカバー、シーツの交換を手伝う。この作業はまだブリギッテの痛めた腰には無理なようだ。

そのあとブリギッテは注意しながら Silberhornstr. まで買い物に出掛けた。心配だけれどだんだん足を馴らしていくことも必要だと思うので止めはしなかった。コロコロと転がる車輪の付いた買い物袋を転がせて無事に買い物を済ませて帰宅した。

午後からはなにも予定が無いし、雨が降っていて散歩も出来ない。おとなしく「大相撲三月場所・14日目」を観る。昨日まで12勝1敗で優勝まであと一歩と迫っていた 尊富士 が 朝乃山 に負けて足を怪我してしまった。世の中、先のことは全く何が起こるかわからない。琴乃若は 豊昇龍 に勝って10勝目を挙げ、面目を保っているが、大関の 貴景勝 は今日から休場で 霧島 は絶不調。今場所の大関陣はふがいない。明日の千秋楽はどうなるのだろう。

夕食は一昨日の残り物のグーラッシュを温めて食べる。

今日も日本から旅行中の友人夫妻とランチ

2024年3月22日(金)・晴れ/最高気温17度

8時半起床。

朝から気持ちの良いお天気。

今日は街中のレストラン Augustiner Keller (Arnulfstr.52) で旅行中の日本人夫妻とランチを約束していた。夫妻は昨日まで Wien での日々を楽しみ、明日日本に向けて帰国するというので、今日のランチをという話になった。お会いするのは多分コロナ騒ぎ以来だから4年か5年ぶり。

わが家の前にある Tram の停留所に咲いている白い花がまぶしいくらいに輝いている。やっと本格的な春が来たのかと嬉しくなる。

レストランに着いたのは12時頃で、ほとんどの客は屋外のテラス席に座っている。わたしもその仲間入りをして夫妻を待った。

先日の新聞でこれまでノンアルコール・ビールを発売していなかった Augustinerbräu が満を持して発売したという記事を読んでいた。3日前の火曜日がその発売日だったらしい。早速それを試してみる。今日の一杯だけで判断するのは良くないのだが、わたしにはなにかが足りなかった。ちなみにこれまでわたしが飲んだノンアルコール・ビールの中では Hacker-Pschorr のそれが気に入っている。

友人夫妻とはそのあといろいろなお話しで盛り上がってとても楽しい3時間余りを過ごした。ちょっとお疲れの様子だったので長すぎたかなと気になったが、今年初めての暖かい外気の中で飲むビールを楽しめたから許して貰おう。

例によってわたしの定番である Schweinebraten を食べたのだが、それもおいしかった。夕食は空腹を感じなかったので冷凍してあったバゲットを解凍し、残り物の数種類のチーズを乗せて楽しんだ。

日本からのお客様

2024年3月21日(木)・小雨一時晴れ/最高気温15度

8時半起床。

今日はほとんどが小雨だったがときおり晴れたりして妙なお天気だった。夕方18時から2人のお客を招いている他は特に何も無し。日中はゆったりと過ごした。

小雨のために散歩にも出掛けなかった。それでも夕食時には元気でいたいので昼寝を試みるが眠れなかった。

今日のお客は日本からいらっしゃった旧知の女性と彼女の孫(大学一年生)。メインはグーラッシュ+シュペツェレ でおいしかった。前菜は海鮮サラダ、デザートはキャラメル・プリン。22時頃にお開きとなった。

木々が一斉に芽吹いている

2024年3月20日(水)・晴れ/最高気温18度

7時半起床。

素晴らしいお天気! 朝食のあと粗大ゴミ(椅子・3脚)を捨てに Wertstoffhof へ。その帰り道に洗車をしてきた。(13.9€)

昨日オーブンで鯖の塩焼きを焼いた匂いが部屋から消えなくてテラスへの戸を開けたままにしていた。花粉症の方が少し心配だけれど例年になく今年は未だ深刻な花粉症の症状が出ていないのでテストだ。かなり長い時間、戸を空けたままでいたけれど花粉症の気配は感じなかったからもしかすると今年はこれで済んだのかも知れない。だとしたら嬉しい。

お昼前に気になっていた洗濯物のアイロン掛けをする。わたしのシャツ5枚、布巾10枚、ランチョンマット6枚、ブリギッテのズボン一本、立っての作業なので結構疲れた。ブリギッテの洗濯物が少ないのは彼女が病気がちだったからか。

昼食はかなり量の多い「ニョッキのトマトソース和え」を食べた。ニョッキもトマトソースも市販のものでこれ以上の手抜きはないだろう。ブリギッテは先日知人から貰った本の整理で忙しくしていて朝からそれに掛かりきり。腰の痛みを忘れられてそれも良いのではないかと思う。

お腹がパンパンになったら眠気が襲ってきて45分くらいの昼寝。ブリギッテもソファの上で眠ったらしい。

眼が覚めてからわたしは散歩に出る。帰途、毎年写真を取る桜並木を見てみたがそれほど美しく感じなかった。少し早すぎたのかも知れない。

午後から「大相撲三月場所・11日目」を観る。まだザンバラ髪の「大の里」と新入幕の「尊富士」の活躍がめざましい。総合的に観ると 大の里 の方に将来性を感じるけれど、今場所の 尊富士 は波に乗っている。明日からの取り組みが面白くなってきた。

昼食を余りにも食べ過ぎたので今夜の食事は抜きにする。黄昏ビールを飲んで今日は満足。

平常に戻った

2024年3月19日(火)・晴れ/最高気温15度

7時半起床。

一転して温かな明るい一日となった。誕生日が過ぎてようやく気持ちも一段落ついた。

ブリギッテは家庭医に行ったあと Silberhornstr. まで買い物に出掛けた。まだちょっとした身体の動きに痛みがあるようだけれど辛抱して直していくより仕方がない。

わたしは彼女の留守の間に各部屋にしっかりと掃除機をかけた。大型ゴミを捨てに行く準備として古い食卓椅子のカバーを外したりして準備する。

ブリギッテが帰宅して生野菜サラダを主とした軽い昼食。そのあと1時間足らずの昼寝。今日は素晴らしいお天気でお昼寝をするのがちょっと惜しい気がするけれど体調を整えなくては。

家庭医は行ってみたものの診療時間は午後からだということでブリギッテは再び出掛けて行った。椅子や、ベッドから立ちあがるときや靴下、ズボンを穿くときにはまだ痛みがあるようだ。

古い食卓椅子を車のトランクに積もうかと思ったら、なんとバッテリーがあがってしまっていた。ヘッドライトの消し忘れ! これはわたしの失策である。隣人の車とバッテリー・ケーブルを繋いで事無きを得た。そのあと30分ほど車を走らせてバッテリーに充電する。

夕食は「塩サバ」を焼き、納豆と味噌汁で久しぶりの和食。明日はしっかり部屋の換気をして魚臭さを消さなくては!

喜寿の誕生日を迎えた

2024年3月18日(月)・小雨/最高気温12度

7時半起床。

例年通りにブリギッテの誕生日の翌日はわたしの誕生日である。何度も書いているようにわたしは還暦とか節目の年は別として自分の誕生日を毎年祝うということに違和感を感じている。ひとり静かに自分のこれまでの歩んだ道を噛みしめたいと思うだけだ。結果としては同じなのだが自分の誕生日には疲れ果てていて静かに過ごすことが多い。

幸い昨日の夕方頃からブリギッテの腰の痛みが薄らいできて、昨夜は痛み止めの薬を服用せずに就寝したらしい。夜が明けてからもそれは続いていて、わたしの手を借りなくてもひとりでベッドから起き上がることが出来た。これは嬉しい。日中は友人、知人からのお祝いの電話やSNSが入ってきてそれに返事をしたりで時間が過ぎていく。

午後2時を過ぎる頃から眠気がさしてきて昼寝。ブリギッテも昨日からの疲れかソファの上で熟睡していた。

夕方近くになり急遽、外食に出掛けることになる。わたしは昨日から食べすぎの感があって空腹を感じていないのだが、日常とは違った特別なことをしたいブリギッテは気を使ってくれて外へ食べに行こうと言う。それならとわたしの好きなバルカン料理を食べに行くことにした。先月に食べたことのある Heimgarten というレストランに予約を入れる。ここはカローラ宅からも近いので彼女に電話をして Mia と一緒に参加して貰う。

折りからの小雨の中ブリギッテをエスコートして出掛けたわけだが、空腹ではなかった割にしっかりと食べてきた。それでも胃の重たさは感じなかったのは気分が良い。

今日もあと3時間半ほどで終わる。現在のわたしの目標は元気で、健康で80歳を迎えること。

ブリギッテの誕生祝い

2024年3月17日(日)・晴れ一時曇り/最高気温14度

8時起床。

ブリギッテのどうしても、という希望で予約していた今日のブランチは予定通りに行うことにした。わたしとしてはあくまでもここは集中して腰の不具合を直して欲しいと思うのだが、誕生日という彼女にとっては大事な行事を妨げるのも心ない。まあ、文化の違いということで納得する。

出席者は3人の娘たちと孫たちそしてそれぞれのパートナーが出席してトルコ料理店 KEKO でのブランチに臨んだ。ブリギッテはもちろん痛み止めの錠剤を服用しての出席。

12時半頃にサプライズということでブリギッテの妹夫妻が飛び入り参加。こういうのを見ていると転倒以来のわたしの看病は何だったのだろうという気がしてだんだん気が滅入ってくる。

14時半頃にレストランを引き上げてそのままわが家にとなだれ込んだ。4人の孫たちは大人の事情など全く関係ないからいつものようにおばあちゃんにまとわりついてくるので、ヒヤヒヤものだった。

妹夫妻は16時ごろに帰っていったが、ユリア一家とカローラ母娘が帰ったのは19時ごろ。

ブリギッテの痛みは今日も消えず

2024年3月16日(土)・曇りのち小雨/最高気温13度

7時半起床。

洗髪のためにいつもより少し早めの起床。

今日は土曜日なので午前中にわたしが Tram で買い物へ出る。買い物とはいってもそれほどたくさんは買わなかった。ブリギッテに頼まれたものとトーストパン、ひき肉、そして菓子パンだけ。

それでも帰宅したら少し疲れていた。昨夜は午前2時過ぎに目が覚めて4時過ぎまで寝付けなかったから眠りが足りなかったのかもしれない。昼食は買ってきた菓子パンを食べたらお腹が一杯になったのでパス。

午後2時頃から一時間ほど昼寝をする。そのあと「大相撲三月場所」を YouTube で観戦。思っていたとおりに横綱・照ノ富士は今日から休場となった。明日は中日(なかび)だからこれから面白くなる。

夕方になって小雨が上がったので散歩に出掛ける。森の中の道では人に出会わなかった。

早めの夕食はビールを飲みながら昨日の残りのグーラッシュ。それがちょうど18時半頃に終わったので Sportschau を観る。

ブリギッテは今日も痛み止めの薬無しでは過ごせなかった。自分では昨日よりは楽になっているというのだが、良くなるまで時間が掛かりそうだ。

引っ越し後の日本総領事館を訪れた

2024年3月15日(金)・晴れときどき小雨/最高気温17度

7時半起床

今日は11時半に日本総領事館に予約を入れておいたので、それが気になり朝寝は出来なかった。

日本総領事館での用事というのは日本から届く年金受給のための在留(生存)証明書を貰うためである。わたしは日本で一年間だけ働いていたときに年金を支払っているので現在は雀の涙のような金額だけれど届くのだ。1回外食すると消えてしまうような金額である。😅

郵送で送って貰うことも出来るのだが、昨年あたりから日本総領事館が引っ越しをしたので、新しい領事館の場所を知っておきたかった。

その帰り道に Ostbahnhof から Rosenheimerplatz まで歩いた。ここは小さいけれど個性的な店が並んでいて歩いていても楽しい。おいしいパンを焼いている店で焼きたてのパンを買い帰宅の途につく。

ブリギッテの腰の痛みは今日も改善の気配が見えず、痛みに耐えている彼女の姿を見るのはわたしも辛い。

夕食はカローラとミアが来訪してグーラッシュを作ってくれた。これは普通においしかった。ブリギッテの痛みは夕食時あたりから少し軽減したようだけれど、それは痛み止め錠剤の服用によるものだろう。今夜は普通に眠れると良いのだが。

ブリギッテの決断

2024年3月14日(木)・晴れ/最高気温16度

8時起床。

ブリギッテの腰の痛みは相変わらず消えていない。夜中にはかなり強烈な痛み止めを飲んでいるから眠れているらしいが、明け方その効力が消え始めると途端に痛み出すようだ。

彼女はあと3日後の17日に誕生日を控えている。今年の誕生日にはそれまでのコロナ感染から続く体調不良を吹き飛ばそうといろいろと準備していた。昨日のうちに誕生日のケーキも出来上がっているし、誕生祝いに来てくれる娘たちにも演劇の切符なども注文し、日曜日にはトルコ料理店に孫たたちをまじえてのブランチなども予約してあった。妹夫婦も遠路参加してくれる手筈も整っていた。

しかし、今朝の体調をみてさすがに無理と納得したらしく、予定していた全てをキャンセル。わたしと違って誕生日に大きな意義を見いだしている彼女にしてみたらかなり痛い判断だったと思う。しかし、わたしはその決断にホッとした。

昼食はわたしがスパゲッティ・ボロネーズを作る。これは安定のうまさ。

それでも一週間に1度の3時間のアルバイトは、さすがに同僚達に迷惑が掛かるからと断らなかったのでわたしが車で送り迎えした。ほとんど座っている仕事だから大丈夫と彼女は言うのだが・・・。

彼女を送り届けてからわたしはいったん帰宅して森への散歩に出掛けた。今日は温かい気持ちの良いお天気だった。19時半にブリギッテを迎えに行って帰宅。ようやく黄昏ビールを楽しめた。

骨折でなくて良かった

2024年3月13日(水)・曇りときどき小雨/最高気温11度

8時半起床。

ブリギッテはさすがに昨夜は間欠的に襲ってくる腰の痛みで熟睡できなかったようだ。朝食前に電話をして MRT の診察をしてくれる医者に11時に予約を入れる。ここはサッカーチーム・バイエルンミュンヘンの隣にある診療所で知人を介して診て貰えることになった。

その前に家庭医のところで紹介状を作って貰う。わたしは今日も運転手役。

幸いなことに打撲箇所に骨折は無いということで大いに安心する。帰宅途中で菓子パンを買って帰り、お茶を飲んだら急に眠くなってきた。ブリギッテもやはり疲れが出たようでちゃんとベッドに入って昼寝をする。

夜は19時から Nationaltheater でのオペラ Die Passagierin へ。ブリギッテが行けなくなったので旧同僚の Yさん が一緒に観てくれることになった。 オペラの内容はアウシュビッツが出てきたりする重いものなのであまり乗り気はしなかった。

しかし終わってみるとスッキリとした演出でオーケストラも良くまとまっていたし歌手たちは小粒ながら音程のしっかりとした歌唱で気持ちが良かった。上演時間も2時間40分と長くて久しぶりに夜遅い帰宅。

ブリギッテ、浴室で転倒

2024年3月12日(火)・曇りときどき小雨/最高気温11度

8時起床。
忙しい1日だった。朝食前にブリギッテが浴室で足を滑らせて転倒。浴室から大きな叫び声が聞こえたときにはビックリした。浴室のドアを開けると彼女は背中を下にして横たわっている。かなり痛そう。

恐る恐る彼女が立ちあがるのを補助してなんとか歩けるのを確認。Voltaren Gell を痛むところに塗り込み、しばらくベッドで横になる。10分ほどしたらショックも薄らいだらしく食卓に座って朝食。

10時から IKEA に予備の食卓用椅子(4脚)を受け取りに行くことになっていたが、彼女も同行するというのでわたしが車を運転し家を出る。

IKEA では Service Click & Collect というシステムで実にスムーズに注文品を受け取ることが出来た。そのあとで彼女は IKEA の隣にある Gerry Gruber という服飾店で買い物。このあたりから転んで打った箇所が痛み出したらしい。

それが済んでから明日の Nationaltheater でのオペラの切符を受け取りに Bogenhausen まで走る。

帰宅してすぐにブリギッテはベッドに入り1時間ほど眠っていた。眼が覚めても痛みは消えないらしい。わたしは15時から散髪の予約を入れてあったのでそこへ向かう。朝からの活動で疲れていたのか散髪の椅子の上では気持ち良く眠れた。

帰宅してみるとブリギッテはソファに座っていたが動くと痛いというので外科専門病院の Schönklinik へ連れて行く。レントゲンを撮ってみて異常がなければ安心できる。

クリニックでレントゲン撮影と診察が終わったのは21時過ぎ。なんと4時間半ぐらい掛かってしまった。もちろんわたしがまた車で迎えに行く。夜に運転するのは久しぶりなので少し緊張した。

レントゲン撮影の結果、骨折はしていないようだけれど神経が押しつぶされているかも知れないので MRT 検査を受けたほうが良いとこのこと。今晩一晩眠って明日になってから様子見を見るようだ。痛み止めの錠剤も貰ってきたようだが今夜はよく眠れますようにと願う。

例年より早いタイヤ交換

2024年3月11日(月)・晴れときどき曇り/最高気温13度

7時半起床。

朝食のあとブリギッテはボランティアの朗読へ。わたしは10時に予約してあった冬タイヤ→夏タイヤの交換に出向いた。タイヤ交換をしている時間(約1時間)に近くの靴量販店に行き新しいスニーカーを購入する。(130€)

歳をとる一方なので足に衝撃の少ない NIKE Air Max を選んだ。この買い物をしている間にタイヤ交換が終了。料金を払って帰宅の途につく。

しかし走行中にバックミラーになにやら黒いビニール袋が映っている。一旦停車してそれを見てみると交換した冬タイヤだった。もう10年も交換したタイヤは倉庫に預かって貰っていたのに。すぐに引き返してまた預かって貰うことにして事無きを得た。今回冬タイヤをちょっと持ち上げてわかったのだが、タイヤってもの凄く重いものだ。そう感じるのはやはり筋力の衰えだろう。

いったん帰宅してから次は隣家の医者宅へ向かう。先週 Chat GPT のことを話したら彼も是非インストールしたいというのだ。わたし自身もそれほど活用しているわけではないけれど、インストールだけして引き上げた。彼もマック使いなのだが、他人のコンピュータをいじるのは勝手が違う。わたしがいろいろとカスタマイズしているからかも知れない。

16時過ぎから森への散歩に出掛けた。今日購入した新しいスニーカーのテストである。最初のうちは足に馴染まなかったけれどじきに慣れて歩数も進んだ。

帰宅してから黄昏ビールを飲みながら「大相撲三月場所」を観戦。大関の霧島が敗れて2連敗。幕内二場所目でまだ髷も結えていない大野山が万全の取り口で2連勝。強い!という印象だ。

大相撲三月場所が始まる

2024年3月10日(日)・曇り一時晴れ/最高気温17度

8時起床。

朝のうちは陽の光がさしていたが午後からは曇りがち。しかし寒くはなかった。

朝食のあとブリギッテはカローラとミアに付き合って Trambahn-Museum へ。わたしはそのあと今日が84歳の誕生日である日本の姉に Skype を使って電話をかける。30分以上の長電話になったが、いろいろなことを話し合って楽しかった。

午後からは待望の「大相撲三月場所」を観始める。大阪場所は荒れる、と言われているが初日からその通りとなった。大関・ 豊昇龍 、大関・霧島、横綱・照ノ富士 の3人がバタバタと連続して負け。

夕方からわたしもカローラ宅へ。カローラが餃子を作るというのでそれにお相伴。帰宅は20時過ぎ。さすがにブリギッテは疲れた様子。

桜が咲いた

2024年3月9日(土)・晴れ/最高気温16度

7時半起床。

昨日に続いて今日も良い天気。気温も16度まで上昇して Olympiazentrum の桜も花開いたようだ。

10時半からZOOM講演会に参加。テーマは「チームオレンジ・ドイツノッ説明会」だった。そのあとで1時間ほど昼寝。

今日は夜に食事会を控えているので、その気はなかったのだがお天気に釣られて散歩に出掛けた。約5000歩を歩いてそれほど疲れを感ぜずに帰宅する。

19時からの食事会は鶏肉をメインにしたもので、オーブンで焼いておいてそれをテーブルの真ん中に置き好きなようにとって食べて貰うというくだけたスタイルだった。アンナが幼かったときにとてもお世話になった小児外科医とその奥さんで気心は知れていたからもてなす方も気が楽だった。

楽しい会話が弾み23時のお開き。

隣人夫婦を朝食に招いた

2024年3月8日(金)・晴れ/最高気温11度

7時起床。

今日は10時から隣家の医者夫婦を招いて一緒に朝食をとることにしていた。コロナ感染以後のブリギッテの健康状態を気遣っていろいろと助けて貰っていたので何らかのお礼をしたいと思っていた。

幸い、ブリギッテの体調も元に戻ったようなので、夜の食事招待よりも気楽にもてなしたいというので朝食という形になった。招かれた方もそのあと午後からの時間を有効に過ごせるのではないかという配慮もあった。8時半過ぎにわたしがパン屋まで足を運び昨日ブリギッテが予約しておいた数種類のパンを受け取ってくる。下の写真、左上のパンがそれ。

3月になったことだし春らしい色彩の食卓に心掛けた。長年の付き合いのある隣人夫婦なので食事も会話も実にざっくばらんなもので、12時過ぎまで楽しんでお開きとなった。

わたしもブリギッテも準備で疲れていたのでそのあとは昼寝。朝方には「風邪を引いたかな?」と思うくらいの体調だったが昼寝のあとはずいぶんと持ち直した。この分だとこのあとも大丈夫だろう。

夕食は簡単にパンとチーズで済ませる。

19時過ぎに勤め帰りのアンナがちょっとだけ訪れた。明日は夜にまたひと組の夫婦を食事に招いているのでブリギッテはデザートに出す「プリン、キャラメル」を作っている。

バイエルン放送交響楽団の演奏会

2024年3月7日(木)・曇り/最高気温7度

7時半起床。

今日は月の第一木曜日ということで Nationaltheater で合唱団員だった、そして現在は年金生活者のお茶会。昨日のオレンジサロン同様に男性の出席者は圧倒的に少ないので、実は余り気乗りしない。しかしコミニュケーションは老後には大事だというブリギッテに尻を叩かれて家を出る。

今日はわたしを含めて10人の出席者で昨日と同じだったが合唱副指揮者だった男性が来てくれてわたしは黒1点ではなかった。それなりに会話をし、昼食を食べて1時間半後に帰宅の途についた。帰宅してブリギッテとお茶を飲んでから1時間の昼寝。

今夜は急にオーケストラ演奏会の切符が回ってきて Residenz/Herkulessaal へ。

ショスタコーヴィチ作曲の交響曲5番は好きな曲だったので楽しめた。このオーケストラはやはりうまい! わたしは聴いたことがないけれどロシアのオケが演奏したらもっと荒々しいものになるのだろうか。この曲だったらそれも聴いてみたい。今夜の演奏がスンナリと滑らかな感じだったので、それとは違ったザラザラとした質感の音が欲しいと思った。

ストラヴィンスキーの曲はとっても楽しかった。ソリストの女性もしっかりとしたテクニックで自身も楽しんでいた様子。指揮者も踊っていた。

帰宅は22時半頃。軽くチーズとサラミを肴にビールを飲む。

オレンジ・サロンに出席

2024年3月6日(水)・小雨のち曇り/最高気温5度

6時45分起床。

今朝もブリギッテが8時過ぎに起きてくるまでの時間は退屈だった。

午後3時からチームオレンジの例会「オレンジ・サロン」があった。今日はわたしを含めて10人の出席者。今回は特別なテーマというのを設けずに茶話会のような感じで会話が弾んだ。何人かの会員が持って来てくれた茶菓子とコーヒー、紅茶を楽しみながら気楽な時間が過ぎていった。

先頃日本に一時帰国して日本の「ヘルス・ケアマンション」に一週間ほど体験入居してきたチームオレンジ会員の体験談とその施設の説明などがあり、とても興味深いものだった。ドイツの類似施設とはもちろん差違はあるのだが、安楽な施設はやはりそれなりに費用がかかる。

そのあといつもの流れでレストランへ入りわたしを含め7人での食事。時間が過ぎるにつれてお客が入り出しかなり騒々しくなったために、わたしは会話を聞き取るのに苦労する。

帰宅は20時過ぎ。 Tram の中で Nationaltheater のコスチューム担当の旧友とバッタリ出会って、短い時間だったけれど会話を楽しめた。

大忙しのブリギッテ

2024年3月5日(火)・小雨/最高気温10度

6時15分起床。

今朝も早起きしたから午前中が長く感じた。小雨のお天気なので外へ出る気も失せる。ブリギッテは10時20分に Ostbahnhof の近くにある役所へ書類を貰いに行く用事があり出掛けて行った。帰り道に食料品なを買って帰宅。

昼食は冷凍してある餅を焼いて「納豆もち」にして食べる。

午後1時にブリギッテはミアを幼稚園に迎えに行き、園児の誕生パーティに連れて行った。

ミアは体調が優れないまま帰宅したようだった。カローラは夜に約束していたことがあったらしく、夕方からブリギッテがベビーシッターに出向いた。

わたしは何もしないボンヤリとした一日を過ごしたが、ブリギッテは大忙しだった。

夕食は日本風

2024年3月4日(月)・曇り/最高気温10度

今朝は5時近くの目覚め。しかし起床したのは7時半過ぎ。

一日中曇り空だった。ブリギッテは10時過ぎに朗読のボランティアへ。今日は朗読が終わったあと新入会員をまじえたおしゃべり会があるそうでいつもより帰宅は遅くなると言っていた。

12時過ぎに久しぶりに煮込みうどんを作って食べたあと、散歩に出掛ける。平日の曇り空とあって森の中の道はほとんど人がいない。最近のコースよりも1区間多いコースをゆっくり歩いて帰宅。疲れはそれほどなかったから体調は良好。

家に戻るとブリギッテも帰宅したところ。お茶を飲んだ後わたしは1時間の昼寝。

明日は日本総領事館に「在留届の写し」を貰いに行こうかと思ったけれどなんだか面倒くさい。

夕食は「鯖のみりん干し」を解凍してグリルで焼いて食べた。それほど甘味がきつくなくておいしい。ご飯は丸美屋の「きのこご飯」を炊いた。

午後のお茶に招かれた

2024年3月3日(日)・晴れ/最高気温18度

6時45分起床。

今日は6時まで連続して眠れたので満足。7時前に起床して朝食の準備をする。テラスの戸を開けると小鳥のさえずりが快く聞こえる。春の響きだ。

10時半を過ぎた頃に眠気が襲ってきた。今日は15時から友人たちの集まりがあるのでそれに備えて一時間ほど昼寝。最近はこういう招いたり招かれたりという行動がだんだん苦痛になってきている。ドイツ語での会話だからか集注力が一時間半ぐらいしか続かないのだ。

自分が進んでおしゃべりをしていて楽しいと感じるときは時間を忘れるのだが、お義理で参加している集まりにはこらえ性がなくなってきている。

今日も話題がイスラエルとハマスのガザ区における戦争になったときがあったけれど、わたしはその議論に参加できなかった。この情報が錯綜している状態ではわたし自身の立ち位置が見つけられない。皆の盛んな意見は「机上の空論」にしか思えなかった。こんな時には黙って聞いているのもひとつの主張であると思う。

18時半頃にようやくお開きとなり外へ出たら、薄暗くなった空から小鳥たちのさえずりが盛んに聞こえてきた。このまま本格的な春になってくれますように、と空に向かって祈った。