ドイツ、ドラマチックな勝利で踏みとどまる

2018年6月23日(土)・晴れのち曇り/最高気温18度

6時半起床。

今日も肌寒い一日となった。時折吹く風も強かったから体感温度が低い。

朝食のあとブリギッテは週末の買い物へ、わたしはウォーキングへ。昨日は少し薄着しすぎたので今日はしっかりと身を固めて出発。20度以下の気温だと本当に歩くのが楽。足がスイスイとひとりでに前に出る感じで、久しぶりに一万歩コースを余裕で歩き終えた。

戻ったブリギッテが買ってきたものを車から家の中まで運び込むのを手伝ったあと簡単に昼食。そのあと1時間の昼寝。

午後からまたアンナとカローラ夫妻がやってきて、ユリアの結婚式パーティでやる余興の練習。かなり凝ったものを考えているようだ。

夕食は簡単に鶏のモモ肉を使ったものにしようと思っていたのだが、彼女たちが来たので急遽ラザーニャに切り替えた。かなりのスピードで作ったとは思えないほどのおいしさで満足。

20時からいよいよドイツースエーデンの試合。これに勝たないとドイツは一次リーグ敗退ということで、ワールドカップの歴史始まって以来の不名誉な記録になるらしい。

前半で1点を先取され雲行きが怪しくなってきた。しかし休憩のあとすぐに Neuss が1点を返して同点。ドイツはもう一点欲しいのだが、これが最後まで入らない。しかし残り1分ぐらいのところで Kroos が素晴らしいシュートを放ち2-1でドイツの勝ち。いやあ興奮した。スポーツにはこういうドラマがある。

いっきに昨日より12度も低い天気

2018年6月22日(金)・晴れ/最高気温17度

6時半起床。

妙なお天気の一日だった。陽の光は明るいのだが気温がこの時期にしては低すぎる。午前中の外気温は13度ぐらいしか無かった。朝食のあとまだ8時台だったけれどウォーキングに出掛ける。ご丁寧に今日はTシャツ1枚で出掛けたので身体が温まってこないうちに帰宅してしまった。距離はいつもより短くて5.3km。

ブリギッテはイタリア語教室が10時半からあった。出掛ける前に重要な電話が相次いで遅刻しそうになったのでわたしが車で送っていく。帰宅してから1時間の昼寝。

午後から街中へ出掛ける。今日はあちこち歩くことなく夕方5時過ぎに帰宅。ブリギッテは美容室で髪を切ってもらいにいって留守。彼女が帰宅してからトルコ風ハンバーグ(ラム肉)を焼いて夕食とする。

夕食後は赤ワインを楽しむ。

ビアガルテンの予定が友人宅に変更

2018年6月21日(木)・晴れ時々曇り/最高気温29度

7時半起床。

朝食のあとウォーキングに出掛けた。今日はかなり気温が高くなりそうだったので午前中に済ませることにする。午前中と夕方のウォーキングは必ず木陰が出来るので少々暑くても気持ちよく歩ける。7Km を歩いて帰宅。

昼食はうどんを茹で、氷水の中に浮かせてヤマキ のめんつゆで食べる。薬味はネギの小口切りとおろし生姜。今日のいちばん暑い時間帯に食べたので喉ごしが気持ちよかった。ブリギッテは体重の増加が心配でヨーグルトだけで済ませている。^^;

そのあとお腹が膨れて1時間の昼寝。これも気持ちが良かった。

夕方19時からは近所に住む友人夫婦とビアガルテンに行く約束をしていた。しかし夕方近くから雨が降ったりしたので予定を変更し、友人宅のテラスでビールを飲むことに切り替えた。ちょっと残念。

しかし、これもまた良しでおいしく飲んで食べる。途中からもうひとりの知人が参加して座が盛り上がった。23時半の帰宅。

休養日

2018年6月20日(水)・晴れ/最高気温28度

7時起床。

今日も素晴らしく過ごしやすい一日だった。陽の光は降り注いでいるのだが一歩木陰に入れば爽やかな空気に身が包まれる。これで厳寒だった冬の日々のツケを払って貰ったという感じもする。ブログで「過去のこの日は?」を見てみると蒸し暑い日が多かったような印象。

今日はブリギッテが Regensburg を往復する日なのだが、彼女は家を出るまでの時間を大車輪で雑事をこなしていた。こういう行動力はわたしに無いものなので素直に尊敬する。

わたしはと言えば彼女が出掛けてからすぐにベッドに入り昼寝。昨夜は3人の日本人と楽しく飲んで食べたのだが、やはりその疲れが少し残っていたのかもしれない。(-_-;)

日中の陽差しも強かったから今日はウォーキングをせずに休養日とした。

ブリギッテは19:20着の列車でミュンヘンに戻ってきた。帰宅は20時頃。夕食には
「冷や奴」

IMG 8083

「ブロコッリー」

IMG 8082

「タマネギ入りオムレツ」
IMG 8084
を用意した。わたしには珍しく肉抜きのおかず。夏の夕暮れに食べるものとしてはなかなかではないかと自画自賛。見方を変えるとビールのおつまみとも言える(笑)

ワールドカップの結果に驚く

2018年6月19日(火)・晴れときどき曇り/最高気温23度

7時起床。

眼が覚めたのは6時過ぎと早かったが気持ちの良い目覚めだった。朝食のあとブリギッテは電動アシスト自転車に乗ってまず家庭医へ。その後でちょっとした日用品の買い物を済ませてきたらしい。

帰宅してしばらくすると今度は街へ出掛けていった。わたしもそれと前後してウォーキングへ。昨日とは違っていつも歩き慣れた森。しかし比較してみるとニュンフェンブルク城の森の方が歩いていて面白い。その違いはこちらが碁盤の目のように道が整えられているのに対して向こうはほとんど直線の歩道がないこと。約7kmを歩いて帰宅した。

午後2時からサッカーワールドカップで日本の試合が始まった。最初の方は観ていたが PK で1点を先取したあと、無駄に見えるパス回しが始まった時点で少し腹が立ってきた。ここは攻めて攻めて攻める場面だろうと思うのだが、サッカー素人のわたしの考え違いか?そこで席を立ってウォーキングでかいた汗を流す。そのあと1時間の昼寝。

眼が覚めてインターネットを見たらなんと2-1で強敵コロンビアに勝利していた。想定外の結果。

夜は Handwerkskammer für München und Oberbayer 主催の展示会へ。今日がオープニングということでワインなども提供された。その後独日協会の日本人会員3人と夕食へ。中華料理の店 FUYUAN でおいしく食べ、飲み、語って23時半の帰宅。

たまには違った森を歩くのも楽しい

2018年6月18日(月)・晴れ/最高気温23度

6時半起床。

昨夜遅くに就寝したにしてはまあまあの睡眠がとれた。ひとりでの朝食を軽く済ませてからBIOのゴミ出しをしたりしたあと ニュンフェンブルク城へ。とはいってもお城の中を見学するためではなく、その後ろに拡がる広大な緑の中を歩くため。

わたしは普段家の前の森 Perlacherforst をウォーキングしているのだが、時には違った緑の中を歩きたくなる。

ここはバイエルン王家の離宮だったところで建物の中はわたしにとってはそれほど興味のあるものではない。しかし離宮を含めた全敷地の設計の見事さにはいつも感心させられる。広々とした中にも強い意志を感じさせる階調があり、そこに立ち止まっているだけでも心の中に広々とした開放感が拡がる。しかし、40年近くミュンヘンに住んでいるのに、これまでわたしは森の奥まで入って歩いたことはなかった。

日本から訪れてくれた友人、知人達を案内したことは何度かあるのだが、いつも離宮の内部とその後ろのフランス式庭園を一回りするだけでお茶を濁していた。友人たちの旅行日程がタイトだったりするのがその理由なのだが。

今日は暑くなく寒くなく、天気予報でも雨の心配は無い。そこで11時ぐらいから森(と言ってもいいと思う)の中を散策。しっかりと整備、管理された道は快適で今日はそこに住んでいる鹿も観ることが出来た。森の中には大小の水路が人工であることを感じさせないかのように配置されていて、季節柄まだ幼い子供をひき連れた白鳥も目を楽しませてくれる。

昼食はいったん正面入り口まで戻り左翼にあるレストランのビアガルテンで取った。 Weißbier と自家製のピリッと辛みの効いたソーセージ、そしてエスプレッソ。とてもおいしくいただいたあと、また森の中に戻り散策を続けて、後ろ側の出口から外に出た。

一歩外に出た途端に眼に入る景色がガラリと変わり、現実に引き戻される。帰宅は17時近く。Darmstadt から戻ったブリギッテはカローラと買い物を約束していて彼女の帰宅は19時少し前。買い物は目的の店が月曜日休業だったらしく不首尾に終わったようだ。

午後からは幸せなひとりの時間

2018年6月17日(日)・晴れ一時雨/最高気温24度

6時半起床。

隣室に寝ているヨハナが4時過ぎに泣いたので起こされた。続けて眠ろうと思ったが寝付けなかったからそのまま起きてしまう。

わたしは昨夜22時20分頃に就寝したので娘たちがいつ帰宅したのかを知らなかった。朝起きて台所にきてみるとほとんど片づけられていたが、グラス類はそのままだったので手洗いをする。食洗機の洗い上がった中身を食器棚に戻した頃にブリギッテが起きてきた。彼女は今朝の列車で妹のベティーナが住む Darmstadt へ発つ予定。8時15分過ぎに Silberhornstr. の駅まで車で送っていく。

娘たち3人とフローリアンがすることがあるというのでわたしはヨハナをバギー車に乗せて40分ほどの散歩に出掛ける。散歩から戻ってヨハナに食べさせてからベビーベッドに寝かせる。私も同時に自分のベッドに入ってしっかりと昼寝。とてもよく眠れた。

娘たちとフローリアンは午後3時過ぎにそれぞれの住まいに帰っていき、わたしはようやく一人での ゆっくりと時間が持てた。しかしそのあと1時間ほどは台所の片付けや何やらで忙しい。

夕方5時頃から iPad にワールドカップ(ドイツ対メキシコ)の中継を写し、それをときおり横目で見ながら友人との電話。残念ながらドイツは0−1で負けてしまった。

そのあと借りていた DVD、“Der unerträgliche Leichtigkeit des Seins” を観る。1968年、ソ連軍のプラハ侵攻による「プラハの春」崩壊を背景にした恋愛映画。時代考証なども丁寧で演じる俳優達も粒ぞろい。とても楽しめた映画だった。

爽やかな空気の週末

2018年6月16日(土)・晴れ/最高気温24度

7時起床。

昨夜から泊まっている孫のベッドがわれわれの寝室の隣室にあるので、起床時にも音を立てないようにといつもと違った神経を使う。

アンナも加わって久しぶりに賑やかな朝食。ヨハナはしばらく見ていないうちにずいぶん変化していて、動作が活発になっている。まだ立って歩きはしないけれどハイハイする速度がかなりのもの。

11時過ぎに眠くなって少し早いけれど昼寝。週末は眠れるときに寝ておかないと疲れが残るから。眼が覚めてから森へのウォーキングに出掛けた。ちょうど太陽光が頭上にある時間だったから暑かったけれど爽やかな空気。久しぶりに一万歩を達成して満足。

わたしが帰宅するのと入れ違いにユリアは彼女の友だちとアンナが迎えに来て出掛けて行った。“Junggesellenabschiedsfeier” とやらで独身時代に別れを告げるパーティーを仲間うちで祝うものらしい。ユリアの場合はすでに籍を入れて子供まで出来ているのでおかしなものだけれど形式を踏むということは当人にとって嬉しいことらしい。

彼女が出掛けている間にブリギッテはヨハナを連れて動物園へ。ヨハナが産まれる前から孫を連れて動物園に行くというのがブリギッテの楽しみにしていたことの一つで、ヨハナ自身よりも彼女の方が嬉しそう。折りからの素晴らしいお天気だからきっと楽しんだことだろう。帰り道はかなり勾配のきつい坂道になるので、わたしが車で迎えに行った。

夕食はフローリアンとゲオルク、ブリギッテ、そしてわたしの4人で食卓を囲む。娘たち抜きで義理の息子2人との食事がブリギッテは嬉しそうだが、わたしにとってはなんだか妙な気分だ。

映画「復讐するは我にあり」を観た

2018年6月15日(金)・晴れ/最高気温21度

7時半起床。

朝から爽やかな空気。朝食のあとブリギッテはイタリア語教室へ。わたしもそのあと家を出てまず美門へ。ブリギッテが急にこの間作った野菜の浅漬けがおいしかったからユリアたちのために作ってくれと言う。「浅漬けの素」が切れていたのでそれを買うのと、うどんも欲しかったので重くなるけれどそれも購入。そして、お決まりの「柿ピー」を買ってから Nationaltheater へ。

直しを頼んでおいたズボンを Alex から受け取る。この頃からかなり強い陽差しが降りそそぐ。しかし気温はそれほど高くなかった。

Marienplatz から Wettersteinplatz まで乗り、先週預けておいたタキシードの上着とシャツ、そしてもう一着のジャケットの洗い上がったのを受け取り帰宅。

帰宅してすぐに買ってきたうどんを作る。トッピッングは卵とタップリのワカメ。久しぶりに自分で作ったうどんはおいしかったし、なんだか胃にも優しいような気がする。そうしているうちにブリギッテも帰宅。カレーの材料を買ってきてくれた。

今夜からユリア一家が来る。われわれは独日協会の映画に出掛けて留守なので、カレーを作り、電気釜にご飯を仕掛けておけば彼女たちは自分たちで食べてくれるだろう。午後に漬けた野菜(人参、大根、キュウリ、白菜)の浅漬けもその頃にはちょうど食べ頃。

料理が一段落した頃に隣家の奥さんが来訪。シチリアへの10日間の旅を終わって今日帰ってきたらしい。彼女の家の庭に水をやったり、トマトの鉢植えを預かって面倒をみていたのでそれを受け取りに来た。

17時頃にアンナが来訪。今夕の日本映画を彼女も見たいというので彼女にも切符を取っておいたのだ。

今夜の映画は「復讐するは我にあり」。これが大変な映画で殺人シーンとセックスシーンがこれでもかとばかりに出てくる。終わった瞬間に「この作品は何を言いたかったのだろうか」と考えた。

バイエルン放送交響楽団の定期公演8回目(今シーズン最後)

今日のプログラムを下に記す。

スクリーンショット 2018 06 14 14 57 30

どちらの曲もあまり聴いたことがない。特にバーンスタインの曲はほとんど知らないのでこちらを予習して出掛けた。ライブで聴いてみると、しかしこれは面白い。聴いていて身体が動き出すのを抑えるのに苦労した。^^; 

そしてバーンスタインの曲のあとにラフマニノフを聴くと後者が古風でいかにも大げさ。この間の距離感をかなり感じた。

アンコールにはラフマニノフの小品を Pappano と連弾で弾いたのが面白かった。その楽譜は iPad にインストールされたものだったのがこれまた新鮮。

IMG 8020

涼しくて過ごしやすい一日だった

2018年6月14日(木)・晴れ/最高気温18度

8時半起床。

昨夜はブリギッテが Regensburg に泊まったのでひとりでの遅い起床。6時半にいつものように眼が覚めたのだが、自分ひとりだったらそんなに早く起きる必要もないと思い直し二度寝。

朝食のあと10時頃に家を出て先週買ったスーツを受け取りに行く。上着の袖口とズボンの裾直しを頼んでいた。こんな時に思うのは日本だったら数時間、遅くとも次の日だよなぁ、ということ。まあ、それは仕方のないことである。

わたしが帰宅するのとほとんど同じ時間にブリギッテが Regensburg から帰宅。今回はユリアが注文していた食洗機の配達が今朝の午前中だったので泊まり込みになった。ブリギッテがいなければ夫婦のどちらかが休暇を取らなくてはならなかった。老夫婦でもこんな時には役に立つ。

冷蔵庫の中の残り物でブリギッテが料理した昼食を取ったあとわたしは1時間の昼寝。最近は睡眠の質がよくないのか昼寝の時に熟睡することが多い。

夜はバイエルン放送交響楽団の定期公演8回目。今シーズンの最後である。22時半の帰宅。 Weißbier を飲んだあと就寝。

昨夜からの雨が降り続いた

2018年6月13日(水)・雨/最高気温14度

6時半起床。

昨夜からの雨が降り続いていて、さすがにこれだけ降れば農作物も街路樹も生き返るだろう。これでぐっと涼しくなり、わたしもたまった疲れが取れるような気がする。

朝のうちはかなり強い雨が降っていたので Regensburg に行くブリギッテを Wettersteinplatz まで車で送っていく。帰宅途中で kioskに立ち寄り彼女から預かった郵便を投函し、Amazonから届いた DVD を受け取る。

あとは夜に就寝するまで自分1人だけの時間。音楽を聴いたり、本を読んだりでゆっくりと時が過ぎていった。

夕食は自分で作る気分になれないので、近くの WAYO で寿司のパックを買ってきて済ませる。「晴耕雨読」とはよく言ったものだ。

数日ぶりにまとまった雨が降る

2018年6月12日(火)・曇りのち雨/ 最高気温23度

6時半起床。

ようやく少し涼しくなった。たった3度ぐらいの温度差だが身体の疲労度がずいぶん違う。

ブリギッテは朝食のあと体操教室へ。これは昨夜のものとはずいぶん違うそうだ。なにはともあれ、身体を動かすのは彼女の健康のためにも良いこと。

彼女の帰宅とほとんど入れ違いにわたしは Nationaltheater へ。先週頼んでおいたズボンの直しを受け取るため。ところが、彼はウッカリ自宅に忘れてきてしまったらしい。まあ急ぐことではないし、今日はそのあと友人と会う約束をしていたから無駄足にはならなかった。

そのあと会った友人と楽しくおしゃべりをしてコーヒーを飲み13時過ぎに帰宅の途に付く。

Tram に乗ってしばらくしたら急に空腹を憶えて、いつものケバブ屋さんへ。

帰宅してすぐにベッドに潜り込み1時間の昼寝。

夕方16時20分頃にゲオルクがきて、ブリギッテの PC 作業の手伝いをしてくれた。

彼が帰る頃になってかなり激しい雨。久しぶりのまとまった雨で、人間も木々も喜んでいるだろう。

夕食の時間になってもわたしはまったくお腹が空いていない。しかしブリギッテに付き合ってチーズとパンを1枚食べる。

夜は20時からのニュース番組を見たあとお互いに好きなことをして過ごす。

蒸し暑いのに今日も街中へ

2018年6月11日(月)・晴れのち曇り/最高気温28度

7時起床。

このところ蒸し暑い日が続いているけれど、今日もそんな一日だった。家の中にいても蒸し暑いと感じるのはミュンヘンでは珍しい。

午前中はそれほどの暑さでもなかったから今年三度目の芝刈りをした。そのあとブリギッテの勤め先だった店主夫人とお茶の約束をしていたのでブリギッテと一緒に街中へ出掛ける。いつも彼女たちが行けなかったコンサート、オペラの切符をわれわれに回してくれている。そのお礼の意味もあった。

13時頃の街中は人出が多くて陽の光がまぶしいと感じるお天気。大きなパラソルの下でもないと外に座っているのは辛い。14時頃にお茶も終わり、ブリギッテは買い物があるというのでそこで別れた。わたしはそのあと一人でブラブラ歩きながらゆっくりの帰宅。

17時頃からブリギッテは体操教室(Pilates) へ。その間わたしは頼まれていたカセットテープの音源を PC にダビングする作業を始める。この作業はもう10年以上もやっていないので思い出しながらやってみる。

しばらく使っていなかったカセットデッキ(A&D) の調子が悪くて手こずった。今日のところはカセットテープに入っている音源をSDカードに録音するだけで終わった。ピーク合わせが難しい。

19時頃からサアーッと小雨が降ったがあっという間に止んでしまった。ひと雨欲しいところだったので残念。

夕飯はブリギッテが Manufactum で買ってきた焼きたてのパンと Dallmayr で購入した数種類のチーズでおいしく食べた。皮がパリッとした焼きたてのパンはとてもおいしい。

静かな日曜日

2018年6月10日(日)・晴れ後時々曇り/ 最高気温26度

7時半起床。

昨夜は午前1時近くの就寝だったがよく眠れた。就寝前にブリギッテが大方あとかたづけをしてくれていたし、ワイングラス類を使わなかったので、今朝のわたしは楽。朝食は気温が20度あって太陽が出ていたのでテラスでとる。

お昼近くに昨夜の残りのカレーをアンナに届けがてらウォーキング。途中でポツリポツリと降りだしたので早く切り上げて帰宅。でも結局雨は降り続かなかった。シャワーを浴びたあと昼寝。わたしが眠っていた間にブリギッテはお墓参りに行って来たらしい。

You Tube で動画を見ているとまた眠気が差してきて再びベッドに入り眠る。なんだか今日は一日中眠い感じ。ちょっと疲れが溜まっているのかも。

夕食は早めに18時半頃にラムのヒレ肉とマッシュドポテト、そして家庭菜園で採れた生野菜サラダ。あっさりしていておいしかった。こんな静かな日曜日も良いものである。

今夜はわが家で食事会

2018年6月9日(土)・晴れときどき曇り/最高気温27度

6時半起床。

朝8時頃の気候はヒンヤリとした空気と爽やかな風が吹いていて、今日は過ごしやすい一日なるだろうと思ったが、案に相違して日中は蒸し暑かった。でも日本の6月を思えば涼しい方である。

午前中は軽いめまいを感じてベッドに横になった。どうもこれは左右の視力の差から来ているのではないかと自分では疑っているのだが。

今日は夕方からまた来客があるのでブリギッテはデザートにするイチゴを摘みに出掛けた。今回で3回目のイチゴ摘みである。畑にはまだまだイチゴがたくさん成っていて今年は当たり年らしい。帰宅してからわたしも一粒食べてみたが、その甘いこと!その帰りに買い物もしてきたようだ。

昼食は軽めにハムとチーズ、それに使い残しのバナナを挟んだサンドイッチでこれを上下から挟んで焼いた。そのあと昼寝。わたしは今度も眠れなかったけれど目をつぶっていただけでも疲れが取れた。

午後はまずリビングキッチンの拭き掃除から始めてテーブルセッティングをする。そのあと「大根」「人参」「キュウリ」「白菜」を一口大に切り「浅漬けの素」を振りかけて冷蔵庫に入れる。今日のお客の1人が菜食主義者だというのでいつもとはちょっと違う神経を使わなくてはならない。前菜は「つけ蕎麦」、メインは「タイ風カレー」で鶏肉入りと肉なしを分けて作った。あとは「空豆の塩茹で」、「野菜4種類の浅漬け」を並べておいて自由にとって貰う。デザートは「イチゴのクリーム掛け」

菜食主義者のお客はまだ若いのでアンナも同席して話し相手になって貰った。トントンと食事も進み、若い2人のおかげで話題も豊富に、楽しい夕べとなった。今夜も0時過ぎのお開き。

読書を楽しむ

2018年6月8日(金)・晴れときどき曇り/ 最高気温27度

7時半起床。

このところ良い天気だけれどわたしには蒸し暑いと感じる日が続いている。

今日は来週の金曜日に独日協会主催で上映される映画「復讐するは我にあり」の切符を取得するために9時過ぎに家を出た。

ここ数日ウォーキングが出来ていないので、イザール河畔を途中まで歩き、適当なところで Tram に乗ることにしていた。早足で歩き始めると午前9時頃でもかなり汗ばむ。

Kurzstr. で Tram に乗り換え GASTEIG のチケット売り場に着いたのはちょうど10時5分過ぎ。首尾よくチケットを入手したあとアジアショップに立ち寄り「黒酢」「トンカツソース」「昆布つゆ」を購入して帰宅する。

明晩はまた客を食事に招いていてその中の1人が菜食主義者だというのでなにを出したらよいのか悩む。

帰宅すると急に疲れを感じたのでベッドに入り45分の昼寝。昨夜は明け方5時頃に眼が覚めてしまったので眠り足りなかった。

午後3時頃までかかって読みかけの本「巡査長 真行寺弘道」 (中公文庫)を読了。初めて読む作家だけれどとても面白かった。

この作家の著作を検索してみると2冊ほどKindleで見つかったので「エアー2.0」をダウンロードして読み始める。気に入った作家の本はこうして続けざまに読む癖がある。それにしても便利な世の中になったものである。

午後5時頃に一時空が暗くなり、時雨があったけれど、そのあとは空も明るくなり、シットリとした静かな6月の夕べ。

久しぶりに旧職場を訪れた

2018年6月7日(木)。晴れのち曇り/最高気温24度

7時起床。

気温はそう高くはなかったのだが蒸し暑かった。朝食を済ませたあとブリギッテと一緒に街へ出掛ける。義母の持ち物を整理していて出てきた記念硬貨が現在どれくらいの価値があるものかを鑑定して貰うため。まあ、たいしたことはあるまいと予想していたがその通りになった。これらを3人で分配することになる。面倒なことだ。

義母はしっかりと遺言を残していってくれたけれど、こういう細かいことまでは無理だったから残された子供達が相談して決めることになる。こういうのが想像していた以上に不快で厄介。早くスッキリしたいものだ。

そのあと別れてわたしは Nationaltheater へ。わたしの楽屋係だったコスチューム担当の男性にタキシードのズボンを直して貰うため。ちょっとキツイくらいの胴回りなのだが、長く座っていたりすると辛いと思うので頼んだ。彼もあと1年でリタイアだとか。現在の職場での愚痴をずいぶん聞いてあげた。^^;

彼は煙草を吸うので Maximillianstr,に面した楽屋口で最後に立ち話になったのだが、ちょうど音楽稽古に来た旧同僚達と次々に会って挨拶を交わした。やはり女性も男性も皆、それぞれに年をとっている。(笑)

そのあと Theatinerstr. をぶら付き久しぶりに本屋にも入ってみた。やはりお客が少ない。この本屋は Marienplatz のビルに店を構えていたのだが去年か一昨年頃に退去してしまっている。このままだとここも持ちこたえられるのかと心配になる。

しばらく振りに無印商品の店 MUJI も覗いて見たが欲しいと思うものは無かった。お腹が空くのを待って昼食は久しぶりに Opatja で食べるが、相変わらずのボリュームで、お肉だけを平らげてお終い。わたしの胃袋も小さくなったものだ。(-_-;)

夕方5時近くに帰宅。買い物から戻ったブリギッテはお腹が空いていたらしいが、わたしがパスしたので自分の食べたいアボカドと野菜を食べて夕食としていた。お互いに満足しているのだからこれで良し。

そのあと、彼女は車を繰ってカローラの住まいへ。わたしがカローラから預かった郵便受けの鍵を届けるというのが名目だが、新しい職場をカローラがどのように感じているのかを聞きたいのだろう。

帰ってきたブリギッテに話を聞くと、カローラも彼女の訪問を嬉しがっていたそうだ。

わたしは今日もそんなに遅くない時間にベッドに入れそう。

年金生活者の出番

2018年6月6日(水)・晴れ、夕立あり/最高気温28度

7時起床。

今日は水曜日ということで、ブリギッテは Regensburg へ。わたしは午前中にまた少し溜まっている洗濯物にアイロン掛けをしたあと各部屋に掃除機をかける。夏になるとテラスや庭に出る機会が増えるので、どうしても外から持ち込まれる汚れが目立つようになる。

カローラの住まいの地下室を通っている配管が水漏れしているので、今日はそれを点検に来るという。カローラもゲオルクも仕事で留守なのでわたしの出番。用事はなんの問題もなく終わった。

いったん帰宅してから街中へ出掛ける。ブリギッテのミュンヘン着は19時30分頃だという知らせが入ったので、夕食に間に合うように帰宅する。家を出る前にお米を洗って電気釜にセットしておいたから楽だった。

鮭の厚い切り身をオーブンでおいしそうに焼いて、付け合わせはブロッコリーを茹でてマヨネーズ掛け。おいしかった。

IMG 7973

今日はなんだか疲れを感じるので早寝しよう。

スーツを買ったのは何十年ぶりだろう

2018年6月5日(火)・快晴/最高気温27度

7時起床。

ブリギッテは朝食のあと、昨夕とは違う体操教室へ出掛けた。彼女もようやくいつものペースが戻ってきたようだ。

彼女の帰りを待って予定していたアウトレットの店に出掛ける。ユリアの結婚式が契機となったのだが、わたしは身体に合うスーツを持っていないことに気がついた。現役で働いていたときにはスーツを着るという機会がほとんどなかったのだ。

しかしこれからはきちんとした格好をすることがあるだろうからと買うことにする。しかしたまに着るスーツに5万円も10万円も出すつもりはない。そこでアウトレット。

幸いにも気に入って、身体に合ったスーツがすぐに見つかったので即決。腕の長さとズボン丈の直しもそこで注文した。出来上がりは来週。

そのあとブリギッテが自分のものも買いたいというので、その間わたしはカフェに座って待つ。彼女も買い物を楽しんだようで上機嫌。

家に戻ってきたのはもう午後4時近く。わたしは疲れていたので30分のタイマーを掛けてベッドに潜り込む。眼が覚めてから17時18分の Tram で街へ。

今夕は DJG(Deutsch-Japanische Gesellschaft in Bayern e.V.) の総会が18時からシュヴァービングであった。会員になったのがついこの間だったから、1度は出ておいた方が良いかと思いブリギッテと2人で出席。

内容はちょっと退屈だったが、そのあとで、そこに出席していた日本人数人と歓談できたのが嬉しかった。帰宅は23時頃。

健康的な一日だった

2018年6月4日(月)・晴れ/最高気温28度

7時半起床。

昨晩から泊まっているカローラが浴室を使う音で眼が覚めた。彼女は10時に医者の予約が入っているとかで、われわれも付き合って普通の時間に朝食。

カローラが帰っていったあと、ブリギッテはまたイチゴ畑へイチゴ摘みに出掛ける。今日も頑張って小さな瓶50個分のジャムを作る計画だ。

わたしはその間に溜まりに溜まっていた洗濯物のアイロン掛け。「山のような」という表現がピッタリ。途中で地下室の水漏れを直す工事人の人が来たりして中断された。アイロン掛けが終わったのは午後2時半頃。頭の芯がボーッとしていた。

炎天下でイチゴ摘みをし、顔を真っ赤にして帰宅したブリギッテと遅い昼食。

IMG 7965

IMG 7967

その後わたしは40分の昼寝。寝起きのコーヒーを飲んだあと17時頃からウォーキングに出掛ける。今日も快調に歩いて今日一日の歩数は一万三千歩ほど。

シャワーで汗を流したあとテラスで夕食。21時を過ぎてもまだ明るく、小鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえてくる。きっと今がミュンヘンのいちばん美しい瞬間なのかもしれない。

快適な日々が続く

2018年6月3日(日)・晴れ/最高気温26度

7時半起床。

相変わらず素晴らしいお天気が続いている。テラスでの朝食のあと4日前から読み始めて終盤にさしかかっている文庫本「小澤征爾さんと、音楽について話をする」を読み続けてお昼頃に読了。

久しぶりに読んだ面白い本だった。共感を得る部分が多く小澤征爾という人のなまの人格が素直に感じられる。対談相手の村上春樹もこの場合これ以上の適役はないだろうと思われる

51IfCvyuM9L SX349 BO1 204 203 200

しかし文庫本を読むのは老眼鏡をかけていても辛くなっている。そろそろ眼科医を訪れて検眼して貰うべきかな。

昼寝をしているあいだにアンナとカローラが来ていた。ブリギッテが焼いた Waffel とイチゴで午後のお茶をいただいたあとウォーキングへ。

今日も楽しく歩いて一万歩を達成。夕食も四人でトリ肉のオーブン焼きとフライドポテト、生野菜サラダでおいしく食べた。

時の流れが速い

2018年6月2日(土)・晴れときどき曇り/最高気温25度

6時半起床。

少し曇りがかっていたが概ね晴れ。気がつけば6月2日である。ここ数日の時の流れの速いこと!

この週末は街へ出掛ける用事もないので、ゆっくりしようと思う。ブリギッテは朝食のあとイチゴ摘みへと出掛けた。

ユリアが7月に教会で結婚式を挙げる。市役所への届けはすでに済んでいるし、ヨハナも産まれているのだが、やはり女心として教会で式を挙げたいらしい。

披露宴の席順を表示するデコレーションにイチゴジャムの入った小瓶を使うという計画で約100個用意するという。それをブリギッテが引き受けて今日は半分ほどの45個を作った。

IMG 7942

午後、1時間の昼寝から覚めたあと、久しぶりに森へのウォーキング。土曜日のわりには歩いている人も少なくて快適。やはり街中を歩くのとは疲れ方が違う。これで今日は一万歩をクリアー

夕食をテラスで食べたあと、そのまま座って日没近くまで夏の宵の空気を楽しむ。

街の中を歩き回った

2018年6月1日(金)・晴れ/最高気温24度

6時40分起床。

昨夜から明け方まで降った雨は8時近くまで降り続いた。ブリギッテは8時半に家を出て Dingolfing へ向かう。そこでユリアの用事がありヨハナのお守りをするため。

わたしは街へ出て用事を済ませる。蒸し暑い一日となったけれど昨日、一昨日と少し身体を休ませたので歩き回っても意外と元気。

17時近くの帰宅。ブリギッテも少し前に帰宅したらしい。

カローラは今日が新しい仕事場の試用期間(6ヶ月)初日。普通なら午後3時か4時に終わるはずが6時まで連絡がなかったのでわたしもブリギッテも心配になってしまった。6時を過ぎた頃に電話連絡がありホッとする。身体に負担がかかりすぎるようだったら、また別の仕事場を考えないといけないだろう。

夕食は白アスパラガス。お腹が空いていなかったので食べられるかなと思ったけれど、スッと入っていった。今日は昼寝をしないで結構街の中を歩いたので身体が疲れているかと思いきや、23時過ぎの就寝。

五月に感謝

2018年5月31日(木)・晴れ/最高気温28度

6時起床。

昨夜は残念ながらよく眠れなかった。ユリアが夜遅くにかけてきた電話相談でブリギッテが神経質になったのか、夜中にも隣で眠れない様子が伺えた。それに引っ張られるようにしてわたしも深い睡眠はとれなかった。

10時からカローラとゲオルク、そしてアンナも加わって5人での朝食をテラスで取る。カローラは昨年マイスターの資格を取得して日本に3ヶ月ほど行っていたのだが、その帰路に空港で意識が無くなるというアクシデントがあった。

それが初めてではなかったので、帰国後精密検査を受け、12月まで様子を観ると言うことになっていた。本来なら小さくてもすぐに自分のお店を持ちたいということだったのだが、それには健康でなくてはならない。設備投資などをしたあとで健康に問題があったというのは困ってしまう。

そこでまずはマイスターとして雇ってくれるケーキ屋を捜していた。それが昨日ほぼ決まったということで、皆で集まっての朝食になった。ユリアは急な話だったので不参加。

素晴らしいお天気だったのでテラスでの朝食となった。12時過ぎにはそれぞれ予定があるらしく帰っていった。わたしは昨夜よく眠れなかったのと早起きだったのでそのあと昼寝を1時間。

午後に先日のワインの試飲旅行のメンバーから軽いお誘いがあってまたまた友人宅へ。18時過ぎから始まった会は途中で小雨が降ったりしたけれど、五月最後の美しい夕べを楽しんで帰宅。

今日は休肝日(笑)

2018年5月30日(水)・快晴/最高気温27度

8時起床。

快適な目覚め。このところ素晴らしいお天気が続く。

朝食のあとブリギッテに頼まれて Deroystr. にある Finanzamt へ。税金申告書作りが期日までに間に合いそうもないので、延期願いを届けるため。彼女は午前中に隣家の主婦となにか込み入った話があるらしい。

Finanzamt に到着したのは11時過ぎ。もうこの時間にはかなり暑くて、気がつくと自然に日陰になっている側の歩道を歩いていた。用事を済ませたあと街に出て店を見て回る。13半時頃の帰宅。

ドイツは明日がまた祝日でお店が閉まってしまうので、食料品を買いにブリギッテは自転車で外出。しばらく乗っていなかった彼女の自転車は黄色い花粉でかなり汚れていた。その洗浄を手伝う。

彼女のいない間に、借りてきた本「小澤征爾さんと、音楽について話をする」小澤征爾・村上春樹 著 を読み始める。対談形式なのだが、これが面白い。夕方までに115ページを読み進めた。

夕食はテラスでのカルテス・エッセン。写真のように火が通っていないものを並べて食べるという質素な食事。

IMG 7898

IMG 7899

IMG 7900

今夕などは絶好のビアガルテン日和なのだが、静かなわが家のテラスでの食事もいいものである。ここ数日、連日ビールとワインを飲んでいるので、今日はアルコールを飲みたくないのもその理由のひとつだった。(笑)

ちょっと飲みすぎ?

2018年5月29日(火)・晴れ/最高気温28度

9時10分起床。

昨日はやはり強行軍で疲れたのか、目覚めたのはなんと9時過ぎ。自分でも驚く。

友人との昼食を約束していたので11時頃に家を出る。行ったのはわたしも初めての店で SANSARO というお寿司の店。気持ちの良いお天気だったから中庭の席に座り昼食メニューの「ちらし寿司」を注文する。値段も高くないし内容も悪くなかった。

そこを出て近くの Englischergarten を散歩して Marienplatz へ。酢飯のせいかお天気のせいかわからないが喉が渇いたので、 Marienplatz 近くの店に入りビールを一杯。

そのあともいろいろと話をしているうちにワインを一杯。なんだかここ数日アルコールを飲み過ぎているような気がしている。^^; しかしカラッとした気候のなせる技か、飲んだアルコール分はスッと消えてしまうような気がする。

夕方に帰宅。19時15分ミュンヘン着のブリギッテと連絡し、彼女を迎えがてら夕食を Gartenstadt で取る。ここでも店の裏にあるビアガルテンに座り快適なお天気と料理を楽しんだ。21時の帰宅。

郊外へのドライブは楽しかった

2018年5月28日(月)・晴れ/最高気温28度

7時半起床。

蒸し暑い日となった。 しかし空には青空が拡がり贅沢なことは言えない。こんな日に外出しないのは勿体ないとミュンヘン市内に住む友人を誘い、久しぶりに車を運転して郊外にドライブすることにした。

まず、懐かしい思い出が残る Kloster Schäftlarn へ。ここでわたしは何回かミサ曲のソロを歌ったのだった。数年前に修復したと見えるその教会の内部を見学。ずいぶん明るくなっていた。

そこから Deininger Weier へ。途中道を間違えて遠回りをしてしまった。そこで昼食をしたあと沼を一回りして帰宅。

しばらく休憩してから、今度はトラムで街へ出る。

Max-Weber-Platz の Café で道路に面した外の席に座りワインを楽しむ。話が終わらないのでその後もう一軒の店で再びワイン。少し酔った。

帰宅は23時30分。

ブリギッテ、泊まり込みで Regensburg へ

2018年5月27日(日)・晴れ/最高気温26度

7時起床。

今日も良い天気。午前中、ブリギッテは Bogenhausen(Maria-Theresiastr.23) で行われている Ausstellung に出掛けて行った。なんでも彼女の家系の数世代前の1人の写真展らしい。

帰宅して彼女が途中で買ってきた大きめのクリームチーズケーキを昼食代わりに食べたあと、彼女は Regensburg へ。明日、明後日とユリアが出社しなくてはならず、現在は Pfingsten 休暇のために育児所が閉まっているのでヨハナのお守りである。

わたしは友人と夕食の約束をしていたので18時過ぎに家を出た。イタリア料理店でおいしく食べ、楽しく語り合い、遅めの帰宅となった。

“Aus einem Totenhaus”「死の家より」(ヤナチェック)を観た

今夜はヤナチェックのオペラ「死の家より」(Aus einem Totenhaus)を観た。このオペラはこれまで聴いたことも見たこともない。

スクリーンショット 2018 05 26 22 20 54スクリーンショット 2018 05 26 22 21 17スクリーンショット 2018 05 26 22 21 38

今日は開演前の説明会(Einführung )に参加して話を聞いた。その時にはドストエフスキーとの関連性、このオペラの概要などについて理解したような気になったのだが、いざ舞台の幕が開くとそんな知識はどこかへ飛んでしまった。(-_-;)

わたしを混乱させたのは演出である。音楽だけに心を集中させて聴いているとそれほどの違和感はないのだが、目を舞台に向けるととにかく情報量が多くて戸惑ってしまった。

自分の理解力不足を棚に上げていうのだが、この舞台で多用されていたカメラの使い回しにもう少し整理があっていいと思う。舞台上の歌手達の動きとカメラワークの整合が取れていないように思われて、演出家の独りよがりと感じる箇所が多かった。

この演出を理解するにはあと2回ほどは観ないといけないのではないか。でもそれだけの気力はわたしにはない。

素晴らしきかな五月。

2018年5月26日(土)・快晴/最高気温25度

7時半起床。

起床してすぐに昨夜の食事会で使ったワイングラス、ナイフやフォークなど食器の手洗い作業を始める。大事なグラスや食器は食洗機で洗うのがためらわれる。ちょっと間違えた設定で洗ったりするとグラスにミルクがかかったようになってしまって、そうなったが最後もう元には戻らない。

ワイングラスなどを翌朝に手洗いするのは、酔いが消えているから。若いときには食事会のあとにすぐ洗ってワイングラスを割ったことが何度かあった。車の運転と同じで、飲んだら洗うな、ということだ。

ブリギッテは日中カローラ夫妻の税金申告書作りで忙しそうにしていた。今日のように素晴らしいお天気の日にわが家の半地下の部屋で作業しているのはちょっとかわいそう。

夕方から Nationaltheater に出掛けた。またまたブリギッテの前の勤め先のご主人から切符が回ってきたのだ。有り難いことである。

今日はヤナチェックのオペラ「死の家より」(Aus einem Totenhaus) だった。このオペラは聴いたことも見たこともない。それで開演1時間前の18時から始まる説明会(Einfürung)に出掛けた。

約40分間の話だったが、これで作品の輪郭とヤナチェクの作曲動機、ドストエフスキー作品への傾斜などに触れることが出来、とても貴重な体験だった。

そのあと公演に臨んだのだが、正直に言って不可解だった。一緒に行ったブリギッテはヤナチェクの音楽が気に入ったようだったけれど、今日のわたしはめまぐるしく変化する舞台に心を奪われて、音楽を楽しむまで行き着かなかった。

帰宅したのは21時半頃。それからチーズとサラミソーセージのおつまみで Weißbier を楽しむ。素晴らしきかな五月

またまた同じメンバーでの食事会

2018年5月25日(金)・快晴のち晴れ/最高気温26度

7時15分起床。

気持ちの良い目覚めだった。そして今日も素晴らしいお天気。
朝食のあとブリギッテは今夜の食事会のために買い物とデザートに使うイチゴを摘みにイチゴ畑に出向いた。

わたしはその間に庭の芝刈り、今シーズン2回目である。それほど伸びてはいなかったけれど、お客を迎えるとなるとそれなりの体裁を考えてしまう。これは30分ほどで終了。

午後、昼寝をしようとベッドに横になったけれど眠れなかった。

お客の来る19時までにはまだ時間があったので、16時頃から溜まっている洗濯物のアイロン掛けを済ませてしまう。これがけっこうな量だった。

今日の食事は前菜が「アボカドとレンズ豆のサラダ」メインが「Rinderrouladen」– キュウリのピクルスとタマネギの薄切り、ベーコンを薄切りの牛肉で巻いて煮込んだもの-、そしてデザートは午前中に自分で摘んできた新鮮なイチゴに生クリームをかけたもの。

先週の金曜日に集まったメンバーなのでそれほどの話題もないと思いきや、今回もお開きになったのは午前0時半だった。皆さん、よく食べ、よく飲み、よくしゃべる!

「時雨の記」二度目の読了

2018年5月24日(木)・曇りときどき晴れ/最高気温21度

6時起床。

眼が醒めたときには「まだ6時か、もう一眠りするかな」と思ったが昨夜就寝したのが22時過ぎだったから充分に睡眠時間は足りている。そのまま起きて身支度を調えた。

ブリギッテは昨夜遅くまで起きていたようで、今朝はゆっくりと朝寝を楽しんでいた。朝食のあと彼女は買い物へ。わたしは読みかけの本「時雨の記」を読み続ける。

この本は書棚に保ってあったのだが、今のわたしには字が小さくて読むのが辛い。そこでアマゾンで電子書籍版をダウンロードし、iPad Proで読んでいる。テクノロジーの発達した今の時代に生きていて良かった!

ブリギッテが買い物から帰宅するのと入れ違いにわたしはウォーキングに出掛ける。ちょうど読むのに疲れていたときだった。曇って少し蒸し暑い空気だったけれど 10521歩/8.22km を歩いて帰宅。

昼食には昨日作ったカレーを食べて満足。そのあと1時間の昼寝。

午後になって少し太陽が出てきた。「時雨の記」を読了。1度読んだ本の筈なのに全く新鮮だった。

51tCIiTGpeL

今回は終盤に出て来る次の詩が心に残った。

花もすみれも在りし日や
爪くれないに鶯の
まだ笹鳴きも恋の夢
都忘れの池水に、みだるる葦の葉ずれさえ
亀 沈みゆく秋愁い
あらざらむ 萩の葉かげのうたたねの
かえらぬ旅にたたんとは
今ひとたびの逢うことも
なくてぞもみじ散りにける
時雨ぞもみじ散りにける

夕食は2人とも余りお腹が空いていなかったからチーズとパン、赤ワインで済ませる。

今日もちょっと蒸し暑い

2018年5月23日(水)・晴れのち曇り、夜に雨/最高気温23度

7時半起床。

水曜日は定例になっているブリギッテの Regensburg 往復。その前にいろいろな雑用を片づけたいという彼女の希望で運転手役を務める。

用事を済ませたブリギッテを Kolumbusplatz で下ろしてから帰宅。途中スーパに立ち寄りグーラッシュ用の牛肉を購入。今日はカレーを作ることに決めていた。

使ったルーは昨年日本から買って来たもの。お昼前から作り始めて出来たカレーを昼食に食べる。いつもの癖でカレーだと食べ過ぎる。満腹になったところで1時間の昼寝。

夕方から外出。予定していた用件もちょっとしたアクシデントはあったが良い方に転んで、19時過ぎの帰宅。ブリギッテは19時25分にミュンヘン中央駅着で帰宅は20時を過ぎていた。

空腹だったらしくカレーが用意されているのを見て喜んでいた。(^_^)

22時過ぎの就寝。

街中は蒸し暑かった

2018年5月22日(火)・晴のち曇り/最高気温23度

7時半起床。

午前中はまたまた素晴らしい五月の陽気。しかし午後から蒸し暑くなり崩れだした。

ブリギッテは朝食のあと久しぶりに体操教室へ。手首の手術あとの不安がなくなってきたらしい。帰宅してから旧仕事場の友人たちと昼食の約束があるというので街へ出掛けた。

わたしは車でホームセンターに出向き義母から譲り受けた椅子の交換車輪を買う。これまで付いていた車輪は金属製だったのでフローリングの床に傷を付けてしまう。今度はプラスチック製のものでこれなら安心。4個で17.16€と安いものである。交換の仕方は You Tube を見て知る。便利な世の中になった。

そのあと天気も良いことだしちょっとした買い物もあったので街へ出掛ける。 Rosenheimerplatz から Isartor まで歩く途中でイザール河に架かる橋の上から写真を写す。「水ぬるむ春」という表現がピッタリくる水の色だ。

IMG 7858

ついでに Mac の販売店 GRAVIS に立ち寄ったら Key to go という携帯キーボードが目に止まった。49.99€という値段だったので衝動買い。しかし家に戻って見直してみたら69.9€になっている。そこで返品するためにもう一度街へ。

店員は最初のうち、購入品に不備がないときには返品を受け入れられないと言っていたのだが、その店員を商品棚まで連れて行って 49.99€となっているのを示してようやく納得してくれた。

そんなことで2度の街中往復になってしまったけれど、自分の意志を通したことで満足。(^_^)

夕方から近所に住むわれわれの友人である女性といっしょの夕食。われわれが用意したのは盛り合わせのチーズとイチゴのデザートで、彼女がメインの燻製の魚を買ってきた。このままビアガルテンに出掛けてちょうど良いような内容である。

22時過ぎまで楽しく過ごしてお開きとなった。

快晴で気持ちの良い祝日だった

2018年5月21日(月)・晴れのち曇り/最高気温22度

7時15分起床。

昨夜は午前1時過ぎの就寝だったが、夜中に1度も起きることなく快適な目覚めだった。これほど気持ちの良い睡眠は久しぶり。

ゆっくりの朝食をとったあと、ブリギッテは娘たちの税金申告書作りがあるというので、わたしはウォーキングに出掛けた。

なんだか身体が軽くて1年以上も歩いていなかったコースを歩いてみる気になる。途中で、用心して2回の休憩を入れた。今日のドイツは祝日(Pfingsten) なので歩いている人、サイクリングしている人にもけっこう出会う。下の写真は1回目の休憩の時に写したもの。

IMG 7854

約12000歩を歩いて帰宅。シャワーを浴び洗髪をしてじつに気持ちが良い。遅い朝食をタップリと食べたので今日の昼食は抜き。午後2時頃にテラスに座ってクッキーとお茶。いつもだと昼寝をするのだけれど、こんな気持ちの良い日に勿体ないのでそのまま起きていた。

2人とも午後4時を過ぎた頃に猛烈にお腹が空いたので、いかリングを揚げて、ご飯を炊き今回もテラスでいただく。18時頃から少し雨が降ってきたがそれもすぐに止む。

ブリギッテは、20時半近くまでPCに向かっていたが、さすがに疲れて終了。わたしも昼寝をしなかったから眠くなってきたので今日は早寝。

夜は食事会に招かれた

2018年5月20日(日)・曇りときどき晴れ/最高気温15度

7時起床

今日も肌寒い日だったけれど時々太陽が出たときには気持ちが良かった。

ユリア一家はお昼近くに帰っていった。そのあとはドッと疲れが出てわたしもブリギッテも1時間の昼寝。

午後から今度はアンナが来訪。なんでも2週間の試験期間を設けて犬を預かったという。彼女も1人で寂しいときがあるのはわかるけれど、動物を飼うというのは時間的にも肉体的にもどうかなと思う。その辺はもう30歳過ぎの女性なんだから自分で判断するしかない。わたしは面倒みないよとハッキリ言っておいた。

夕方18時半から友人夫妻宅に招待される。先週ワインの旅に一緒に招かれた友人夫婦で、招待してくれた夫婦への返礼として開いた食事会にわれわれも招いてくれた。

白アスパラガスの前菜から始まって Königsberger Klopse 、チーズの盛り合わせ、イチゴとアイスクリームのデザートと続く本格的なものだった。

明日は Pfingsten の祝日なので全員しっかり腰を落ち着けて食べて飲んだから、お開きは0時半頃になってしまった。午前1時の帰宅。

夕食はバーベキュー

2018年5月19日(土)・曇り/最高気温15度

7時半起床。

また曇り空の肌寒い日に戻ってしまった。特別な用事もないので一日が緊張感なく過ぎていった。

午前中は、どうも体調がピリッとしなくてブリギッテが買い物に出掛けている間、ベッドに戻り少し眠った。彼女の帰宅と入れ替わりに今度はわたしが切れていたビールを買いに行く。

今夜はまたユリア一家が来て泊まる。友人の子供の洗礼式に参列したついでのようだ。それならとカローラ夫妻も来て夕食は6人で BBQ になった。焼き方はフローリアンが引き受けてくれたのでわたしは飲んで食べるだけ。^^;

夕方から本格的に雨が降り出したので、焼くのはテラスの屋根の下、食べるのは室内でという形になった。カローラたちは明日の午前中に予定があるとかで22時過ぎにお開きとなる。

快適な気候だった

2018年5月18日(金)・薄曇り/最高気温19度

7時半起床。

2週間振りにブリギッテはイタリア語教室へ。わたしもその1時間ほどあとに街へ出た。来週の土曜日にヤナーチェクの最後のオペラ作品である『死の家より』の2回目の公演があるのだが、その切符を受け取るため。

シャツだけだとちょっと涼しすぎるかなと思うほどの外気温だった。切符を受け取ってから Marienplatz を通り抜けて SendlingerTor に向かう。途中でお腹が空いたらどこかで昼食を食べようと思っていたが、空腹を感じないまま帰宅。

家に着いてトーストを食べているときにブリギッテも帰宅。午後は「オペラへの招待」(黒田恭一著)を再読する。内容はすっかり忘れていたのだが、今読んでも面白い。調べてみたらわたしは14年前に読んでいた。こういうのを読むと記録はしておくべきだなぁと思う。オペラへの招待 / 黒田恭一著(朝日文庫) 

午後3時頃から昼寝。

夕方はカローラが来てブリギッテと二人で税金申告書作り。7時近くにゲオルクも来て4人で夕食。鮭の切り身を焼いてサラダとサツマイモの付け合わせ。サツマイモはフレンチフライド・ポテト風にしたのだが、甘みが強すぎてどうかなと思う。カローラたちは9時半頃に帰っていった。

IMG 7848

肌寒い1日

2018年5月17日(木)・曇りのち雨/最高気温16度

7時半起床。

肌寒い1日だった。
昨夜の睡眠は足の痙攣に見舞われて久しぶりに良くなかった。今朝は9時前に済ませなくてはならない用事があったので仕方なく起きたが、本当はそのまま眠っていたかった。

用事はすべて問題なく終了し、ブリギッテはそのあと外出。義母宅を長年にわたって掃除してくれていた女性をレストランでの昼食に招いたらしい。カローラも同席。わたしは欠席。この掃除婦さんは最後の数年間、義母の良い話し相手でもあったらしい。

12時を過ぎた頃にわたしは曇り空の下、ウォーキングに出掛ける。今日は足が軽かったので7.2kmを歩いた。

ブリギッテの帰宅を待って3時頃から昼寝を1時間する。この頃から雨が降り始めたので、その前にウォーキング出来たのは幸運だった。

夕食のあと、ダウンロード購入した内田康夫の浅見光彦シリーズ「歌わない笛」を読み始める。

こんな天気の日もある

2018年5月16日(水)・雨/最高気温13度

7時起床。

ミュンヘンでは珍しいことだが今日は朝から一日中雨が降り続いた。しかしショボショボとした雨でなんとも締まらない。ウォーキングも出来ないから午後から車で買い物に出掛けた以外は一日中家の中で過ごした。

ブリギッテは水曜日恒例の Regensburg 行き。わたしは彼女が出発していってからひたすら DVD を観る。振り返ってみると現役で働いていた頃には落ち着いてビデオや DVD を観ていたことはなかったような気がする。年金生活者となり娘たちがそれぞれ独立していったから出来ることなのかもしれない。

今日は Der Rosenkavalier 、Die Fledermaus、そして最後にOO7/Dr.No を観て終わった。三本立て!(笑)

夕食には久しぶりにカレーを作ろうかと思ったが、それは来週に回して、鶏肉のしょうが焼きとキュウリの酢の物に変更。ブリギッテは義母の死以来、体重がガクンと減ってしまったが、これ幸いとそれを7月までは維持したいというので食事を作る方は結構考えてしまう。

わたしは歳をとった今でも油を使った料理が好きだし、揚げ物は大好物である。大体、わたしが自分の好物を作るとそれはカロリーが高すぎるとクレームがつくのだ。(-_-;)

それで今日は鶏の胸肉を使ったしょうが焼きにした。わたしは先に食事を済ませて、ブリギッテの21時過ぎの帰宅時間に合わせてチャチャッと作る。

「椿姫」三昧の1日

2018年5月15日(火)・曇りときどき雨/最高気温16度

7時起床。

どうやら旅行中のリズムからまた自宅でのリズムに戻ったようだ。

朝食のあとブリギッテは税務署へ。亡くなった母の昨年中の税金申告書類を届けるため。今回はその書類がかなりの大部になったために郵送ではなく直接手渡すことにしたらしい。

義母の税金はあと今年の分と来年の2月までのものを申告しなくてはならない。死んで、ハイ、お終いというわけにはいかないようだ。

今日は午前中に1度、午後に1度、夕方に1度と土砂降りの雨に見舞われた。外出する理由も特にないので気に掛かっていたことを片づけることにする。

今週の金曜日に独日協会主催映画で山田洋次・脚本の「椿姫」(1988年)が上演されるのだがこの切符は旅行中だったので入手できていない。しかし姉がこの映画のテレビ放送を録画して送ってくれたことを思い出した。それを探したのだが見つからない。

捜しているうちに2011年・エク・サン・プロバンス フェスティバルの La Traviata  の DVD 録画を見つけた。これは録画したものの観た記憶がない。

そこでこれを観始めたのだが、次第に引き込まれていった。ナタリー・デッセイの演技が素晴らしい。ヴィオレッタ、アルフレード、父親のジェルモンの歌唱が一級品。オペラの全曲をテレビで観たり聴いたりするのは何年振りだろう!

DVD を見終わったあとどうしても山田洋次監督の「椿姫」を観たくなってもう一度探し始める。そして見つかったのはなんと VHS のビデオテープだった。 DVD だという先入観があったので眼に入らなかったようだ。^^; これは一度観たことがあったが改めて観始める。

午後5時近くになって外が明るくなったので、このチャンスを逃さずにウォーキングに出る。7時頃からまた強い雨が降り始めたので良い選択だった。下の写真は今年も楽しませてくれているアパート入り口の「金の雨」(Goldregen)。18時15分頃の撮影。

IMG 7830

夕食はカローラが来てスーパーで買ってきたピザをオーブンで焼いて食べる。

ウォーキング再開

2018年5月14日(月)・晴れときどき曇り/最高気温22度

7時40分起床。

3泊4日の旅で睡眠のリズムが少し狂ってしまって起床時間が遅め。まあ、すぐに元に戻るだろうけれど。

朝食のあと、溜まっていた4日分のブログを整理してアップする。今回は MacBook Pro 15 を持たずに iPad Pro12.9インチ だけで旅をする実験をしてみた。

毎夜、就寝前にその日の出来事を書きとめておいたのだが、12.9インチの大きい画面でもソフトキーボードで文章を打つのはかなりストレスだった。次回の旅にはやはり MacBook Pro 15 を持っていった方が良さそうだ。

夕方4時過ぎにウォーキングに出掛ける。暑くなく寒くなく良い天気だと思ったのだが、10分ほど歩いたところで急に雷を伴った夕立に見舞われた。すぐに近くの森に入り大きな木の下で雨宿り。10分ほどしたら空が明るくなってきたのでまた歩き出す。

8kmほどを歩いて帰宅。久しぶりに気持ちが良い。そういえば昨日から大相撲が始まっていたのでビールを飲みながら You Tube で見る。なんと、稀勢の里も高安も休場しているようで上位陣がスカスカの感じ。残念。

Niederhorbach ⇒ München

2018年5月13日(日)・曇りときどき雨/最高気温16度⇒24度

8時起床。

今日は Niederhorbach での3泊の旅を終わってミュンヘンに帰る。9時からの朝食をゆったり食べたあと、荷物をまとめて車で駅まで送って貰う。

そこから Karlsruhe までは今回招いてくれた夫妻と一緒。彼達はそこから ICE で、われわれは普通列車でミュンヘンに向かう。乗り換えは来たときと同じく4回。列車の中では撮りだめておいたポッドキャストを聴きながら、ミュンヘンに定時の18時22分着。

まだ陽のあるうちにわが家に到着。家ではカローラとアンナが来ていて、夕食を作っていてくれた。

まずはビールを一杯飲んで、4人での食事。旅先ではワインの産地ということで全くビールを飲まず、ワインばかり飲んでいたから久しぶりに飲むビールは美味しかった。

ここ数日はミュンヘンも良いお天気が続いていたようで、庭のアヤメの花(?)も咲き誇っている。

IMG 7802

食後、シャワーを浴び洗髪をして旅の埃を落とす。車の旅と違って列車の旅は、なんとなく身体全体が汚れているような気がしていたのでスッキリ。

アンナとカローラは21時過ぎにそれぞれの住まいに帰っていった。

ワイン畑の案内と試飲

2018年5月12日(土)・晴れ/最高気温25度

7時半起床。

昨日と同じように9時から朝食をとる。そのあと車で15分ほど離れた Rhodt (ドイツ領)にあるお城を見に行く。しかし途中で道を間違えたらしくたどり着けないままその町でコーヒーを飲んだだけで帰って来た。^^;

メンバーの一人がコルセットつけていて歩行が大変そうだったので、それ以上の強行は諦めたのだ。わたしもすっかり疲れてしまい、ホテルに戻ってから昼食を食べずに昼寝。目が覚めてから今回の旅のイヴェントの一つ「ワイン畑の案内と試飲」が始まる。

参加者はわれわれ8人のグループと他のグループ7人の総勢15人。まずはワイン倉の中で一応の説明を聞き、そのあとこのホテルの裏山にある自前のワイン畑で説明を聞く。

ここは地下のワイン倉が無く温度管理された地下室にワインが貯蔵されている。

Ae8c2448 5010 4d33 b35c 1eff8567f642

そこから裏山にあたるワイン畑へ向かう。下の写真はワイン畑の入り口に立っていた案内板。

IMG 7738

ここから始まるワイン畑のところどころで立ち止まり、説明を受けたあとそこで収穫された種類のワインをクールボックスから取り出して試飲するということを繰り返す。

IMG 7730

ワインの生育には天候は勿論だが、土壌というのも大切なんだと彼は強調していた。

IMG 7725

試飲だから飲んだのはグラスに少しずつだったが、数種類重ねたワインがけっこう効いたのか、ホテルに戻りまたまたベッドに倒れて今日二度目の昼寝。^^;

夕方7時から夕食。今夜はイノシシの肉のラグーを選んだ。ピリッと辛みがきいていて美味。

食事がほぼ終了した頃、21時からのテレビ放送を見たいと招待主の女性が言うので男性4人と女性一人は残ってレストランの庭で談笑。

このテレビ放送とは全ヨーロッパに生中継されるポップス選手権でヨーロッパ各国からの歌手が競い視聴者が直接投票して順位が決まるらしい。あとで聞いたところ、今回はイスラエルの歌手が優勝したとか。(イスラエルもヨーロッパ?)

22時半ごろにテレビ観戦組も戻って来た。内容が期待したほどではなかったらしい。しばらくお話ししたあと23時前にお開き。

近くの街 (Wissembourg と Altenstadt) の観光

2018年5月11日(金)・晴れ / 最高気温24度

7時起床。

気持ちの良い眠りだったけれど、枕がいまいちフィットしなくて、やはり自分の慣れた枕を持ってくるべきだったか。しかし列車での旅だから荷物がかさばってしまうのでそれは無理。^^;

朝食前にホテルの周りを散歩する。9時頃からの朝食はバイキング方式で、これも悪くなかった。朝食から発泡ワインを飲んですっかり旅行気分。

そのあとこのホテルから 7.6km ほど離れた Wissembourg (ドイツ名だと Weißenburg ) という小さな町の観光。そこはもうフランス領。きっとこれまでにはドイツ領になったこともある国境近くの町である。

IMG 7627

素晴らしいお天気のもと街の散策を楽しむ。しかしメンバーの一人が脊椎骨折をしてまだコルセットをつけている状態だったから、彼に歩調を合わせてゆっくりしか歩けなかった。この感覚は美術館の中を作品を見ながらゆったり歩く感じに似ていて普通に歩くよりも疲れるのだ。(-_-;)

カフェでコーヒーとケーキを食べた後そこを後にして次はそこからほど近い Altenstadt の古い教会へ。そこで面白い石碑を見つけた。

IMG 7643

どうやら戦没者の慰霊碑らしいが、一番下の年号の羅列でしばらく考えてしまった。ダン・ブラウンの小説にでてくるように謎めいて見える。

1914-1918 が第一次世界大戦、1939-1945 というのが第二次世界大戦、まではわかった。次の1946-1956 と 1954-1962 というのが分からないでいたら同行していた弁護士男性が前者はベトナム戦争、もう一つはアルジェリア戦争であると教えてくれた。

アルジェリア戦争というのは確かド・ゴール体制のフランスの時だからわたしはうっすらと憶えている。そうだった、われわれの立っているここはフランス領なんだと再確認。

そのあとはぐったり疲れてホテルに戻り1時間以上の昼寝。
眼が醒めてから夕食までの時間を、夕日の沈むまで斜め上からの柔らかい光を浴びながらアベリティーフを楽しむ。

IMG 7698

日没のあとは屋内のレストランに入る。各人が昨夜とは異なる料理とワインを注文して楽しみ、昨夜以上に座が楽しく盛り上がる。22:00過ぎのお開き。

今夜は疲れた身体にバスタブが欲しいと想った。