6月最初の週末は爽快に始まった

土曜日・晴れ / 最高気温22度

7時起床。少し早く目が覚めてしまったのでそのまま起きてしまった。昨夜はトイレにも起きずグッスリと朝まで眠ることが出来た。やはり21時以後には水分をとらない方が良いようだ。それと朝まで通して眠れたのはやはり昼寝をしなかったからだろう。こうして徐々に歳をとってからの生活のリズムを掴んでいかなくては。

今日は久しぶりにプローベがあった。 初めての “Götterdämmerung” 舞台稽古である。ただ11時50分からという遅い時間だったので11時前まで家に居て、友人に出すメールをまとめていた。

今日の天気は実に清々しくとても気持ちが良かった。歩くのには絶好のコンディションである。11時50分から始まった舞台稽古は特別な問題もなく進んで少し早めに解放された。演出には「なんだかなあ」と思うこともあったけれど、知人がこのオペラを観に7月に来るのでその内容を書くとネタバレになってしまうから止めておく。(^_^;)

帰宅途中にいつものケバブ屋さんに立ち寄って昼食を済ませた。このケバブ屋さんはときどき作る人が交替することがある。片方の人はとても親切で量も多くて肉以外のトッピングもサービスしてくれるのだが、もう1人の人は味も素っ気もなくてサービス不足。今日は良い方の人だったので嬉しかった。(笑)

わたしが帰宅するのと同事にブリギッテも週末の買い物から戻ってきて、車から家の中に買ってきたものを運び込むのを手伝わされた。そのあと1時間の昼寝。午後から夕方にかけてはテラスに座り6月の陽光を楽しむ。ブリギッテはまたまた園芸店から数種類の鉢植えを買ってきて、それをせっせと庭の花壇に移し替えていた。

夕食は昨日わたしが作った「豚の生姜焼き」の残りと庭の大きな鉢に栽培しているサラダ菜とで軽く食べる。その間わたしは Weißbier を2本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です