“Götterdämmerung” のゲネラル・プローベ

水曜日・晴れ / 最高気温25度

今日は “Götterdämmerung” のゲネラル・プローベなので午前中のプローベは無し。ちょっとした計算違いで最後まで1日のリズムがうまく回らなかった。こういうのは妙に疲れる。

計算違いというのはわたしの失策なのだが、今夜ブリギッテがゲネラル・プローベに来るということをすっかり忘れていた。彼女はあまりワーグナーの作品が好きではないので、てっきり来ないと思い込んでいたのだが、彼女にしてみれば、わたしが出る最後の新演出オペラだということで観に来るつもりにしていたらしい。

わたしの思い込みでは、犬の “PABLO” の早朝散歩をわたしがしてあげればそれだけ彼女の負担が減ると思ったのだ。今日のわたしは午後3時頃まではタップリと時間があるのだから。で、6時過ぎに起きて6時半から散歩に出掛けたのだが、そのあと猛烈な眠気に襲われてしまった。慣れないことはするべきではない。(^_^;)

“PABLO” は義母のところに預ける約束になっていたらしく、それならわたしはゆっくりの起床で良かったことになる。朝食のあと 9時半頃からまたベッドに入って20分ほど眠ったので少し元気になった。

お昼近くになって今度はスエーデン版の「ドラゴン・タトゥーの女」をダウンロードして観た。昨日観たハリウッド版は小説を読んだあとではなんだかシックリ来なかったのだ。

そしてスエーデン版の方は原作にほぼ忠実なツボを押さえた作りでとても楽しめた。俳優もこちらの方がピッタリはまっているという気がする。

午後3時前に家を出て “PABLO” を義母に預け劇場へ。この時間帯はかなり暑くて体調にこたえた。午後4時から始まったゲネラル・プローベはほぼ6時間後の22時10分過ぎに終了。さすがに疲れた。

帰途、義母のところに立ち寄り “PABLO” を引き取って家に着いたときがちょうど EM 2012 の準決勝 スペイン 対 ポルトガル のPK 合戦の始まるとき。靴も脱がずにテレビをつけて観入ってしまった。結果はスペインの決勝進出。

2 thoughts on ““Götterdämmerung” のゲネラル・プローベ

  1. いよいよ、神々の黄昏ですね。
    ドイツはサッカー残念でしたね。もっとも私はイタリア応援でしたが。

    • 今回の演出は2幕の歌う部分だけでなく、1幕の Rheinfahrt そして3幕もエキストラ役で乗らなくてはならないので、このオペラの長大さを身を持って味わっております。本当に長い!
      サッカーは今夜まで楽しい夢を見させて貰いました。 “Götterdämmerung” を歌い通すソリスト陣も凄いけれど、サッカーのプロにも圧倒されますね。(^_^;)
      イタリアの優勝を期待しましょう。

ガーター亭亭主 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です