クリスマス・パーティ

土曜日・曇りときどき小雨

7時半起床。ジェットラグのためか昨夜は午前4時頃に眼が覚めて5時半頃までは眠れなかった。しかしそれから2時間ぐらいは眠ったようで、眼が覚めて起きた時には頭もスッキリしていた。久しぶりにブリギッテと2人での朝食。そのあと、彼女は美容院に予約が入れてあるとかで出掛けて行った。今夜は彼女の勤め先のクリスマス・パーティがあるのだ。わたしがきのう日本から戻ったのもこれがあるからだった。

わたしは彼女が戻ってくるまで旅の後始末をする。姉から貰ってきた文庫本を並べたり、クレジットカードを使って買い物をした領収書をまとめたり、昨日のブログを書いたりしているうちに時間がどんどん過ぎていった。外はまだ雪がしっかりと残っていて,わたしの散歩道もきっとぬかるんでいることだろう。ウォーキングははなから諦めていた。それに今夜はクリスマス・パーティに参加するのでその時に時差ボケで眠くなっているわけにもいかない。

ブリギッテは午後になって戻ってきた。もちろん美容院だけで済むわけはなく,そのあと街の中心部に出てクリスマス用の買い物をしっかりしてきたらしい。気に入った買い物が出来たらしく上機嫌。(笑) そのあとで軽く昼食を一緒に食べてわたしは午後2時半頃にベッドに潜り込んだ。最初の10分ほどはあまり眠くなかったので昼寝は無理かなと思っていたらいつの間にか寝入ってしまったらしく起きた時には夕方の5時近かった。外は既に暗くなりかけていて、一瞬自分がどこにいるのか分からなかった。

今夜のパーティはミュンヘンの北にある BMW WELT (BMW のショールーム)を見下ろすフロアーを借りきってのもの。ブリギッテの勤め先のクリスマスパーティは毎年異なる趣向をこらしたもので,従業員のパートナーも招待される。わたしはここ2年ほど夜の公演と重なって出席出来なかったから今回は久しぶりの参加。形式としては立食パーティだが、出てくる料理はアペリチーフから始まるコースになっていて,そのどれもが洗練されていておいしいかった。

もちろん立食だから大きなお皿ではなくティーカップの受け皿より少し大きめのものが数人の若い女性によって供される。スープも3種類ほどコーヒーカップ大の器に入って何度も回ってくるから、その中の好きなものを選べるし全部試しても良い。もちろん何度お代わりしてもかまわない。スープのあとは白身の魚料理、そしてそのあとに肉料理がまた3種類ほど。わたしはそのどれもをまんべんなく試したが、程よく焼かれた鹿肉のソテーがおいしくてを3回もお代わりしてしまった。デザートも2種類出たのでその両方を試してみた。

お腹の方が落ち着いたそのあとはダンスロアーでのディスコダンス。わたしも女主人に引っ張り出されのをきっかけにブリギッテともかなりの時間おどった。汗をかいたあとはフロアーの横にしつらえられたバーで好みの飲み物をバーテンダーに作って貰う。わたしはアルコール抜きでレモン汁とペパーミントの葉を入れた爽やかな飲み物を頼んでダンスの合間に3度ほど飲んだ。

そうして楽しく踊っているうちに時計を見たらなんと既に午前1時を過ぎている。ボチボチと帰り支度をしている人たちもいたのでわれわれも出席者達にお別れの挨拶をしたあと1時半頃にそこを出た。家に着いたら既に午前2時。それからシャワーを浴びて汗を流し、ベッドに入ったのは午前2時半を過ぎていた。ブリギッテもわたしが介添え役をしっかりと務めたので機嫌がよい。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です