雪の復活祭ー夏時間の開始ー “Parsifal”

日曜日・雪 / 最高気温2度

9時起床。今日からドイツは夏時間。夜中の2時頃に1時間時計が進んだ。明日から会社勤めの人はこれまでよりも1時間早く起きなくてはならないからなんだか損をしたような気分になる。

ベッドを出てシャッターを開けた途端にシンシンと降る雪が眼に飛び込んできた。まったくなんという天気だろう。夏時間が始まる日に雪が降ったというのはここ数年記憶にはない。

午前11時頃から義母、長女、末娘の夫をまじえた5人でブランチが始まる。終わってしばらくしてからわたしはベッドに入り1時間ほど昼寝。気持ちよく眠れた。

4時過ぎに雪の降る中を家を出て劇場へ。今日は2回目の “Parsifal” 。劇場に着くと同僚達が “Frohe Ostern” と挨拶を交わすのだが、中には今日の雪にひっかけて “Frohe Weihnachten” と返答してくる仲間も数人いた。皆、もうこの冬の長さにウンザリしているのだ。

配役は木曜日と同じだったが,カーテンコールの時に韓国人のバスがトムリンソンと一緒に出てきて拍手を受けていた。トムリンソンが不調だったかで芝居をしただけで歌ったのは韓国人バスだったのかもしれない。

Besetzung

Musikalische Leitung: Kent Nagano
Inszenierung: Peter Konwitschny
Bühne und Kostüme: Johannes Leiacker
Licht: Peter Halbsgut
Produktionsdramaturgie: Werner Hintze
Chor: Sören Eckhoff

Amfortas: Michael Volle
Titurel: Goran Jurić
Gurnemanz: John Tomlinson
Parsifal: Michael Weinius
Klingsor: John Wegner
Kundry / Stimme aus der Höhe: Petra Lang
Erster Gralsritter: Kevin Conners
Zweiter Gralsritter: Tareq Nazmi
Erster Knappe / Zweiter Knappe: Tölzer Knabenchor
Dritter Knappe: Dean Power
Vierter Knappe: Kenneth Roberson
Klingsors Zaubermädchen: Sofia Fomina
Laura Tatulescu
Regina Richter
Eri Nakamura
Angela Brower
Okka von der Damerau

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です