“Simon Boccanegra” を観た

切符が回ってきたのでブリギッテと二人で観てきた。新演出で今日は2回目の公演。

演出が退屈だという噂を聞いていたのであまり期待はしていなかったが、歌手たちの粒が揃っていて穴が無く楽しめた一夜となった。タイトルロールを歌った Zeljko Lucic は Macbeth を歌ったときとは違ってとても安定した歌唱。声の色も多彩でこの歌手の本来の姿はこれかと納得。

このオペラ唯一の女性歌手 Kristine Opolais もメリハリのある歌唱で健闘。

なによりも全員音程がしっかりしていて聞いていて気持ちが良かった。演出は想像していたほど退屈なものではない。映像を要所要所にうまく使っていたと思う。

Donnerstag, 6. Juni 2013
Nationaltheater

19.00 – ca. 22.00 Uhr
Dauer: 3 Stunden (1 Pause)
18.00 Uhr: Einführung

Preise L: 163 / 142 / 117 / 91 / 64 / 39 / 15 / 11
Freier Verkauf und Serie 45
Preise L € 163 / 142 / – / – / – / – / – / 11
k-a-r-t-e-n

Besetzung

Musikalische Leitung: Bertrand de Billy
Inszenierung und Bühne: Dmitri Tcherniakov
Kostüme: Elena Zaytseva
Licht: Gleb Filshtinsky
Chöre: Sören Eckhoff

Simon Boccanegra: Zeljko Lucic
Amelia Grimaldi: Kristine Opolais
Jacopo Fiesco: Vitalij Kowaljow
Gabriele Adorno: Stefano Secco
Paolo Albiani: Levente Molnár
Pietro: Goran Jurić
Capitano: Joshua Stewart
Dienerin der Amelia: Iulia Maria Dan

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です