祝日

6月9日(月)・快晴/最高気温32度

6時起床。今日も暑い1日になるとわかっていたので6時起床。できるだけ涼しい時間を楽しもうと思った。なんだか小学生時代の夏休みを思い出してしまう。「朝の涼しいうちにー夏休みの友ーを片付けちゃいなさい」とよく言われたものだ。

今日は祝日なのでブリギッテは早朝にしっかりと庭の水まき。そのあと当然のように朝食はテラスで済ませる。そのあとはそれぞれの自由な時間。この暑さだからわたしは今日もウォーキングは自重して無理はしないことにする。

午前10時を過ぎる頃から暑くなり始めてお昼頃にはとてもじゃないが直射日光には当たれない。わたしはダイニングキッチンの陽が射し込む窓のシャッターを下ろして家の中に籠もる。ブリギッテは普段が日光不足だからと日陰ではあるけれど暑いテラスに座って外気を楽しんでいる。熱中症にならなければいいがとちょっと心配だった。

12時過ぎにわたしは1時間の昼寝。気持ちが良かった。そのあとも文庫本を読み進めて今野敏『朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕―』|新潮社「を読了。内容の充実した後味のよい警察小説。この作家のほかの小説も是非読んでみたい。

夕食はまだ暑さの残るテラスで作り置きのスパゲッティ・ボロネーズを食べる。生野菜サラダは庭で収穫したもの。少し食べ過ぎてお腹が苦しい。(^_^;)

食事のあとブリギッテは涼しくなった庭の水まき。わたしはその間に台所を片付けて20時時は全てが終了。暗くなる21時過ぎまで再びテラスに座って、これも友人から回ってきた文庫本、志水辰夫『行きずりの街』|新潮社を読み始めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です