暑い1日だった

7月10日(木)・晴れ/最高気温30度

7時起床。今日もホテルの部屋で目覚め、朝食を済ませてから一日が始まった。まず、車をブリギッテの両親の家に駐車して、そこからバスに乗ってオルデンブルグ市の中心に向かう。

昨日の経験で義父の入院している病院には駐車場が無くてそのまわりもほとんど駐車できないことがわかっていた。街中の商店街がシャッター通りになるのと同じ理由でこれからの病院は郊外に移転せざるを得ないのかもしれない、とそんなことを考えていた。

バスを降りてからブリギッテは義父の病室へ見舞いに。わたしはそこからオルデンブルグ市の中心を見て回った。わたしがこの街を訪れたのはもう20年以上も前になる。手始めにオペラ劇場を外から見て回った。この劇場はニーダーザクセン州の州立劇場である。掛かっているオペラはスタンダードな演目だった。

IMG 8284

劇場をぐるりと一回りしてから店の建ち並ぶ目抜き通りを歩いてみた。この通りで面白いと思ったのはとにかく自転車が多い。それも昔ながらの Holländer (オランダの自転車)と呼ばれているハンドルが高く車輪も大口径の自転車。ハンドルが高いせいか皆背筋が垂直に伸びたよい姿勢で運転している。車輪の径も大きいので思ったよりスピードも出るようだ。ブリギッテに聞くとここはほとんど坂の無い土地なので自転車が普及したのだとか。

意外と早く義父の見舞いを済ませたブリギッテからわたしの携帯に連絡があり、落ち合って Café に座る。わたしもちょっと疲れ気味だったからコーヒーがおいしかった。次に行ったのは週に2回開かれる広場でのマーケット。そこで夕食用にと魚と小さなエビを買って、再びバスで義父母宅へ戻る。

簡単な昼食を取ったあとは夕方7時頃までわたしには退屈な時間が待っていた。午後3時頃に再びブリギッテは義母を伴って義父の病室へ。ブリギッテは義母を病室に送り届けて帰宅。義母は2時間ほど後にタクシーで帰宅した。

ブリギッテはそのあいだ昨日に続いて義父の住まいの大掃除。これは次から次に掃除をする箇所が出てきて終わることがない。7時過ぎに適当なところで切り上げ昼間買ってきた魚で3人で夕食。われわれはそのあとかたづけをしてからホテルに戻った。

ホテルに戻ってみると泊まり客達が庭で食事を取ったり飲んだりしている。それがとても快適そうだったから、われわれもワインを飲んで22時過ぎまで気持ちよく過ごした。

ここはかなり緯度が高いので22時を過ぎても明るい空を満喫できる。ミュンヘンよりも1時間ほど暗くなるのが遅いのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です