日本からのお客様

8月15日(土)・曇り/最高気温24度

7時45分起床。今日はウォーキングを休んだ。少し疲れが溜まっているような気がしたのと、日本からのお客があるのでその準備のため。

朝食のあとでブリギッテと一緒に住まいのかたづけと掃除に取りかかる。数日前からわたし1人で大体のお掃除は終わっていたのでそれほど大変ではなかった。ただ、どうしてもわたしの目の届かないところもあって2人でやったのは効果的。

12時にミュンヘン中央駅に到着するご夫婦を迎えに家を出たのは11時半頃だったのだが、土曜日のせいか道が空いていて12時20分ほど前に駅に着いてしまった。

車を停めて車内から中央駅の様子を観察していたが、昼間でもあまり安全そうな気がしない。夜にはあまり来たくない場所だ。

ご夫妻から旅行ケースを預かって帰宅。彼達はミュンヘン市内の知人宅でお茶におよばれしていた。12時頃の気候は太陽が照っていてこのぶんなら夕方はビアガルテンへ行けるかもという期待を抱く。

ビアガルテンが雨で行けないときのために、帰宅後カレーを作り始める。ご夫妻は日本を発ってから10日あまりになるから、そろそろ日本の食べ物が欲しい頃だろう。カレーだけではなんだからと、「キュウリとロースハムの酢の物」「冷や奴」を作った。

かすかに期待はしていたのだが、残念ながら天気予報のとおりキッチリ5時過ぎに小雨となり、ビアガルテン行きは中止。小雨はじきに止んだのだが風が少し出てきてどう頑張ってもビアガルテンは無理なようだった。

わたしの狙い通り、日本風の食事をお二人とも喜んでくれた。日本色溢れるお土産の数々を頂いて恐縮。「一汁山菜」・野崎洋光 著という料理本も頂いて中をザッと見てみたが作ってみたいものがいくつか見つかった。

お二人とも疲れているだろうからと22時過ぎのお開き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です