バレエ「Für die Kinder von gestern,heute und morgen」を観た

久しぶりのバレエ公演を観る。昨日4月3日が Premiere だったらしい。現在はミュンヘンオペラはバレエ週間ということで連日バレエ作品が上演されている。

日本でも公演をしたという Pina Bausch (1940 – 2009) の作品。
これまでわたしが観てきた数少ないバレエとはかなり違う世界。

Für die Kinder von gestern,heute und morgen

Choreographie und Inszenierung: Pina Bausch
Bühne: Peter Pabst
Kostüme: Marion Cito
Leitung Einstudierung: Ruth Amarante, Daphnis Kokkinos,Azusa Seyama

Tänzerinnen: Alexa Tuzil, Séverine Ferrolier,Daria Sukhorukova, Marta Navarrete Villalba, Zuzana Zahradníková, Joana Andrade

Tänzer: Gianmarco Romano, Nicola Strada, Nicholas Losada, Jonah Cook, Robin Strona, Léonard Engel, Matej Urban, Matteo Dilaghi, Shawn Throop

Solisten und Ensemble des Bayerischen Staatsballetts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です