講演会を聴いた

2017年10月20日(金)・快晴/最高気温23度

6時半起床。

朝食のあと、今日のブリギッテはイタリア語コースへ。その前に義母の家庭医のところに立ち寄りたいというのでそこまで車で送っていく。

帰宅してわたしはすぐに身支度を整えウォーキングへ。今日もサングラスをしないとちょっとまぶしい素晴らしい天気。いつもの6Kmちょっとのコースを歩いて帰宅。

快調に歩いて帰宅し、シャワーを浴びる。そのあとちょっと早い昼食。今日はうどんを作って食べた。そして30分のタイマーを掛けて昼寝。

午後2時過ぎに家を出て Hauptbahnhof からほど近い講演会会場へ。講師は日本人ジャーナリストで27年もミュンヘンに住んで活躍している 熊谷 徹 氏。

20冊以上の本を書き上げていて最近は毎日新聞、日本経済新聞などにも寄稿していらっしゃる方。今日の講演会はミュンヘンに駐在している日本の会社員向けのものだったが、わたしは一般参加ということで聴かせていただいた。

今日のテーマは 「欧州の地政学的変化をどう見るか」というもので面白かった。

1.大波乱!ドイツ連邦議会選挙
2.フランス大統領選が浮き彫りにした社会の亀裂
3.ハードBREXITは不可避か
4.難民危機は終わっていない

内容はこれまで彼が日本の新聞に寄稿している記事をまとめたものだったが、まとまって話が聞けたのでとても良く内容が理解できた。

終わって外へ出たらもう6時過ぎで薄暗い。まっすぐ帰宅し、冷蔵庫の中のあり合わせのもので夕食。気分的に充実した一日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です