初めて野牛のステーキを食べた

2018年3月3日(土)・曇り/最高気温4度

7時起床。

やっと最高気温がプラスに転じた。このまま春になって欲しい。

10時過ぎに街へ出る。来週から「国際手工業見本市」(Die Messe | Internationale Handwerksmesse)がミュンヘンで始まる。そこに「和紙」が出品されるのだが、ちょっとした通訳を頼まれて引き受けた。そのスタッフの顔合わせと打ち合わせである。

わたしの他にも8人の日本人が駆り出されるのだが(ボランティア)、今日行ってみたら全員の配偶者がドイツ人だった。(笑)

13時に帰宅して昼食をとったあと昼寝を1時間。眼が覚めたあとは森へのウォーキングに出掛けた。数日ぶりなので短い距離(5.6Km) で済ませる。

義母の形見分けと住まいの整理のため、今日はまた Darmstadt から義妹が来訪。彼女はこれまでのわれわれ夫婦の労を労う意味でレストランでの夕食に招待してくれるという。

レストランはミュンヘン市の西にあるHotel Restaurant Weichandhof in Munich Obermenzing という所。

ここの売り物はバイソン(アメリカヤギュウ)のステーキ。わたしも初めて食べるので興味津々だったが、想像していた以上に美味しかった。満足してお腹一杯になり、22時過ぎの帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です