独日協会新年会に出席

2019年1月26日(土)・曇り/最高気温5度

7時20分起床。

わたしが目を覚ました時にはブリギッテはすでに週末の買い物に出掛けたあと。明晩はまた二組の夫婦を夕食に招いているのでその準備だろう。

わたしは午後2時から「ドイツで送る老後」に関する講演を聴きに行く。半分ほどはすでに知っている内容だったが為になった。

そのあと30分ほど休憩してから次は18時からの独日協会の新年会へ。会場は Maximilanstr.42 にある Museu Fünf Kontinent 。これにはブリギッテも参加。

新年会そのものの内容は先日の「ミュンヘン日本人会」の新年会とそれほどの違いはない。今回はドイツ人の数が圧倒的に多かった。

会員の誰かが日本旅行した時の動画を30分ほど披露したけれど、危惧していたほど退屈ではなかったのが救い。

最後に日本風のビュフェーで立食パーティとなった。ちょっとしたお寿司の他に焼き鳥、鶏の唐揚げ、ミニ春巻き、枝豆などが用意されていた。お酒は赤と白のワイン。

そこで行き会った日本人の数人との会話もこなして22時過ぎの帰宅。連チャンの催し事に出席して流石にバテた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です