„Facetten einer Freundschaft“ が終わった

2021年12月3日(金)・晴れときどき曇り/最高気温1度

7時半起床。

今日は一歩も外へ出ずに過ごした。

昨日から Deutsch-Japanische Gesellschaft in Bayern e.V. のオンラインイベントが続いている。昨日は運営、特にオンライン配信の技術的な面がダメダメでそれに腹を立てていた。

もう今日は観ないと決めていたのだが、登壇していろいろなテーマを話してくれる人たちに罪はないわけで、とにかく聴いてみようと思い直す。

結局、間に昼食と昼寝の休憩は入れたが最後まで聴くことになった。その中でも次の2つの講演は面白かった。

1.
1931-1940: Essen
Deutsches Essen in Japan/ Japanisches Essen in Deutschland Susanna Wellenberg

2.
1981-1990: Seifenblasenwirtschaft
Japan als wirtschaftliches Ideal – Seifenblasenwirtschaft
Lüder Paysen, ehemaliger Leiter von BMW Japan, Ehrenpräsident der DJG Bayern

普段から You Tube などを見ていて眼が肥えているせいか明らかな技術的な努力不足は許せないような気になってしまう。本番前のプローベはしたのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。