老眼鏡を作ることにする

2022年2月7日(月)・曇り/最高気温3度

8時起床

朝食のあとブリギッテは外出。医者と銀行の用事があるという。わたしは老眼鏡を作ろうと思っていたのでお天気はあまり良くなかったけれど出掛けることにする。

しばらく前から右眼と左目の像の結び方がかなり違うので,本を読んだり iPad のディスプレーを見たりすると疲れるようになっている。

眼鏡店 Fielmann を出たあと日本食料品店の「美門」に立ち寄り細々としたものを買い、帰宅。4000歩ほどしか歩かなかったけれどちょっと疲れた。帰宅してすぐに昼寝。

午後は 「美門」 の店頭にあった日本に関する小冊子を拾い読みしたり、電子書籍「母の待つ里」(浅田次郎著)を読み始める。

ブリギッテは街中でカローラとミアに会うためにまた出掛けて行った。

17時過ぎからアンチョビを肴に Weißbier タイム。夕食はやっと残り物の 「水炊き」 を完食。その後も電子書籍を読み続ける。

ミュンヘンで眼鏡を作ると必ず最後に 「出来上がるまで10日ぐらい掛かります」 と言われる。東京の Zoff や Jins などでは検眼のあと1〜2時間ほど買い物をしてくる間に出来上がっているのだが。この差は何なのだろうと考えてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。