備えあれば憂いなし

2022年3月9日(水)・快晴/最高気温12度

7時45分起床。

10時20分から Physiotherapie 。来週で終了である。今日はかなり強めのマッサージで「ウッ」と声が出そうになる。終わったときにはホッとした。

Klapfen とクロワッサンを2つずつ買って帰宅。ブリギッテは午前中から買い物に出掛けている。

数日前の SZ の記事で「万が一ドイツに戦火が及ぶことになった場合に備えて、今から準備しておく日用品」を読んで、買い出しに出掛けた。

停電になるとインターネット・Wi-Fiには繋がらないし、iPhoneなどの携帯電話も充電が出来ないから数日で使えなくなる。そうなるとやはり乾電池、ロウソクなどが頼りだ。

まずはなにはともあれ「水」、そして懐中電灯、ロウソク、乾燥食品、缶詰類、電池で動くラジオ、等々。先日購入したイワタニのガスコンロも役に立つかもしれない。

ブリギッテの報告では赤ちゃん用のオムツは棚に残っていた最後のひとつを買えたそうだ。オムツなどは現在ウクライナに送られているという。

わたしは午後から街中へ出掛ける。キャンプ用の炊事道具などを見るためだったが、こちらは趣味性が高いもので値段も張る。そこから Conrad に向かいLEDの小さい懐中電灯を購入する。

近いので立ち寄った「美門」の棚に久しぶりに「亀田の柿ピー」を見つけて4袋購入した。嬉しい。

夕方からブリギッテが買ってきたものを家に運び込む。水は地下室に運んだ。しかし、水は重い!終わったときには足も両腕もガクガク。これで最悪の場合でも2週間は持つだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。