お葬式に参列

2022年3月11日(金)・快晴/最高気温10度

7時起床。

ブリギッテの親戚の女性が70歳で膵臓癌で亡くなって、今日はお葬式。

セレモニが行われた Waldfriedhof Neuerteil Aussegnungshalle の内部はかなり広いのだがコロナの影響で近親者36人しか入場できない。残りの80〜90人ほどは外で終わるのを待っていた。太陽が照っていたとは云えこの時間の気温は2度とかなり冷える。今回のセレモニーがまた長くて45分ほども立ちっぱなしで、わたしはこの時点でもう疲れ果ててしまった。

そこから埋葬される墓地までゆっくりと歩く。さすがに最後のお別れの前の神父の言葉は短くて済んだ。

そこから車で5分くらいのところにある Augustiner レストランへ。参列した人たちの4分の3くらいの人数で食事。ここではこれまで知り合うことのなかった人たちとお話しが出来るのが良い点だ。しかしこれも運不運があってたまたま隣席に座った人が静かな人だと場が持たない。今日は運が良かった方だろう。

食事が終わる頃にカローラから電話が入る。明日に予定していた Mia のお泊まりを今日にして欲しいという。彼女も予定していた用事が終わったらわが家に泊まると云うことで, Mia と彼女を迎えに行って4人で帰宅。

わたしは食事の時に Weißbier を2本飲んだせいか、帰宅すると爆睡モード。一時間ほどグッスリと眠った。それにしても2月12日のお葬式のような悪天候でなくて良かった。

20時過ぎに Mia を寝かせつけてようやくブリギッテも一息ついたようだ。ご苦労様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。