“Götterdämmerung” の2回目

前回の公演もそうだったが今日もカラリと晴れた暑い1日となった。この演出は照明を多く使うのか大いに汗をかいてしまうので、出来るなら涼しい気候であって欲しいのだが。(笑)

今日はまたまた Hagen 役に変更があってアジア人の Attila Jun が歌った。巨大な体躯の人で声もそれに見合ったもの。やはりこの役はこれくらいの声でないと面白くない。その他のソリスト陣も堅調で Nina Stemme の出来も Premiere よりは良かった。ただ、全体を通して Kent Nagano のテンポがかなりゆっくりなので歌手達は歌いにくそうだ。

Besetzung

Musikalische Leitung: Kent Nagano
Inszenierung: Andreas Kriegenburg
Bühne: Harald B. Thor
Kostüme: Andrea Schraad
Licht: Stefan Bolliger
Choreographie: Zenta Haerter
Dramaturgie: Marion Tiedtke
Olaf A. Schmitt.
Chor: Sören Eckhoff

Siegfried: Stephen Gould
Gunther: Iain Paterson
Hagen: Attila Jun
Alberich: Wolfgang Koch
Brünnhilde: Nina Stemme
Gutrune: Anna Gabler
Waltraute: Michaela Schuster
Woglinde: Eri Nakamura
Wellgunde: Angela Brower
Floßhilde: Okka von der Damerau
1. Norn: Jill Grove
2. Norn: Jamie Barton
3. Norn: Irmgard Vilsmaier

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です