成田 → ミュンヘン

日曜日・小雨

6時起床。眼が覚めると窓の外は雨。ホテルの窓から見下ろすと歩いている人たちは皆、傘を差している。しかし、この程度の雨なら駅のすぐ前に立つこのホテルは全く問題ない。振り返れば3週間あまりの日本滞在では雨らしい雨に遭わなかった。幸運だったと思う。

わたしの乗る飛行機は LH7203 というミュンヘン直行便。少し早めにホテルを出て成田空港には出発2時間ほど前に到着した。昨夜のうちにオンライン・チェックインをしておいたので受け付けカウンターでもスムーズに事が運ぶ。パス・コントロールも済んで待合室に向かい途中にある免税店で最後の買い物をした。自分用に「山形の清酒・東光」を、ブリギッテと義母に「文明堂のカステラ」を、そして知人の娘に「折り紙」を購入。

飛行機は定時に出発。途中で気流のために機体がかなり揺れたが、これほど大きな揺れはわたしには殆ど初体験だった。客室乗務員はすべてが日本人の女性で全日空(ANA)のユニフォームを身につけていた。ルフトハンザと全日空は相互協定が出来ているのだ。往路はドイツ人の客室乗務員だったのだが、それと比較してみると圧倒的に全日空の方が客に対して笑顔を絶やさず親密な応対をしてくれている。全日空で飛んでもマイルはルフトハンザと同じように加算されるそうなので、次回は全日空で飛ぼうと思った。(笑)

今回のフライトでは日本にいる間に購入したノイズ・リダクション機能の付いた BOSE のヘッドホン QuietComfort15 を試すのが楽しみだった。まず装着感だが、長時間着けていても耳が痛くなるようなことはなく快適。ただ、この手のヘッドホンは頭髪がペチャンコに押しつぶされるのがちょっと嫌だ。

そしてノイズ・リダクションの効果は全く素晴らしかった。飛行機特有の「ゴーッ」という音が殆ど不快に感じないまでのレベルまでカットされる。これは機内で睡眠を取るときにもかなり効果的だ。一方、家庭内で普段に使うかといえば、わたしは昨年購入したコンデンサー型ヘッドホンのスタックス SRS-4170 の方を使うことになるだろう。しかし空の旅専用と考えても、よい買い物だったと思う。

ミュンヘンには予定通りの時間に着陸。外気温は17度ぐらいと、暑い日本の気候に慣れた身体にはかなり冷たく感じる。S-Bahn に乗ってみるとミュンヘン市内に近づくにつれてバイエルンの民族衣装を着けた人々が目立ってきた。忘れていたが、今日からオクトーバーフェストが始まっているのだった。

ブリギッテが Ostbahnhof まで迎えに来てくれていて、家に着いたのは夕方7時少し前。まずは Weißbier を飲んでミュンヘンに戻ってきた感覚を味わう。飛行機内でしっかり食べてお腹が空いていないので、夕食は抜き。テレビで8時のニュースを見たあとは急に眠くなってきた。

10 thoughts on “成田 → ミュンヘン

  1. ご無事にお戻りでなによりでございます。

    お会いできずに残念でした。

    これから寒くなるかと存じますが、どうぞご自愛下さいませ(^_^(_ _)。

    • ちょうどお仕事の予定が入っていたとのことで、また次の機会をお待ちします。
      それにしても暑い日本の9月ですね。今日あたりから涼しくなるのでしょうが、これまでの疲れが一度に出るときかもしれません。 Cello さんの方こそどうぞお身体大切に。

  2. >客室乗務員はすべてが日本人の女性で全日空(ANA)のユニフォームを
    >圧倒的に全日空の方が客に対して笑顔を絶やさず親密な応対

    ということは、このフライトは便名だけLHで機体と乗務員は全部ANAの実質的ANA便ですね。
    先日の当方のミュンヘン往復もLHでしたが、客室乗務員の応対はごく普通、不満も特別な満足もありませんでした。10年ほど前はLHのほうが悪名高いエールフランスよりもいつもはるかに親切だったような記憶があるのですが。
    日本やアジア系キャリアの接客が傑出してるのは、欧州人も認めることですね。

    ネットの口コミランキングを見ると、アエロフロートが上位、LHはエールフランスより低く、ANAはそれより低いのには首を傾げてしまいますが、他の同種サイトではまるで違う結果が出ているので、冷やかし半分で見るべきなんでしょう。
    コメントでもLHはコキ降ろされており、特にLH所属の日本人客室乗務員に怒りが集中してるのには「ありうるかなぁ」などとも思ったり。
    http://www.nandemo-best10.com/f_unyu-airline/

    • 機内アナウンスでは1人だけヨーロッパ系乗客向けに英語とドイツ語を話す男性の声を聞きましたが姿は見えませんでした。殆ど日本人クルーでの運行だったようです。

      往路のLH客室乗務員に特に不快感を持ったということではありません。ANAの接客態度に非常に好感を持ったということです。 時にはLHの適度に突き放した態度が好ましいと思うこともあります。そのときどきで異なる人間の感情というのは面白いものですね。(笑)

      >特にLH所属の日本人客室乗務員に怒りが集中してる—
      これがどういうことなのか、ちょっと理解出来ませんでした。不親切だったということなのでしょうね。

  3. お疲れ様でした!
    充実した日本滞在だったようですね!!
    愛子さんが、よろしくお伝えください と仰ってましたよ~

  4. 日本への束の間のお里帰り、おつかれさまでしたー!
    またこちらでお会いできて嬉しかったです。
    佐渡や山形など、ずいぶん密度の濃いお時間を過ごされていたのですね。
    またミュンヘン、あるいは東京でお会いできることを楽しみにしております。(^_-)

    • 最近はJapan Rail Pass を使って歩き回るのがわたしの旅の定番になっています。日本の国土って意外と狭いな、というのが実感です。次は四国にも渡ってみたいです。(笑)

  5. いつもiPod touch の Byline というブログ自動巡回ソフトでダウンロードし,通勤電車の中で拝見しているのですが,23日には,ドドドッと20日分ぐらい掲出されて,読み終わらないうちに下車駅に着いてしまいました。充実した日本滞在だったようで何よりです。私は28日~29日は箱根の休日,彫刻の森へも行きました。

    • 旅の間、毎日書いてはいるのですが、ホテルによる通信環境の違いなどでアップロードに時間が取られてしまうのです。それで旅が終わって帰宅したときにまとめてアップすることにしています。ご面倒をおかけしまして済みません。(^_^;)
      箱根の「彫刻の森美術館」ですが、最後の方は駆け足になってしまって残念でした。でも、そのせいでまた訪れる口実が出来たので結果オーライです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です