快晴が続く東京

水曜日・快晴 / 最高気温11度

7時起床。今日も朝から素晴らしい青空が拡がる快晴日和。ホテルの自室からはクッキリと富士山が見えているのに、今日ミュンヘンから送られてきた画像を見たらわが家のテラスは20cm余り雪が積もっていた。(-_-;) 昨夜は午前4時頃に眼が覚めてそれからウツラウツラしてはいたがグッスリ眠ったという意識がない。こういう時の午前中は頭の中がクリアーではないのが自分でもよくわかる。
11時に姉夫婦がホテルのロビーまで来てくれて,そこから一緒に泉岳寺まで行くことにしていた。学生時代に10年ほど東京で学んだのにその間泉岳寺には行ったことがない。考えてみると東京の中でも知らないところが沢山ある。住んでいたアパートと上野の芸大との間をひたすら往復していた模範的な音楽学生だったのか、ただ単に面倒くさがり屋だったのか。多分後者だ。(笑)

JR品川駅まで電車で行き、そこから10分ほど歩くともう泉岳寺だった。間もなく12月14日の「義士祭」があるためか境内の中はその準備に取りかかっているらしく人出が多かった。47士のお墓をざっと見て回りその帰り道、ひなびた風情のある蕎麦屋で「天ザル」を昼食に取る。これは昔ながらの味がしておいしかった。そこから品川駅まで戻りこれも懐かしい名前の喫茶店「ルノアール」でコーヒーを飲み、そのあと姉夫婦と別れる。彼女たちはそこから銀座に出るということだったが、わたしはホテルに戻って1時間ほどの昼寝をした。これでリセットされて夕方からはまた元気になる。

旅行カバンにはまだ余裕がありそうなので、わたし自身のシャツとズボンを買って帰ることにした。身に付けるものはやはり日本で買った方がわたしの身体にはぴったり合う。それにユニクロで買えばドイツで買うよりもかなり安いし品質も文句なし。そのあとは「散髪」に出掛けてかなり短く切って貰った。いちどホテルに戻ってから夕方6時過ぎにもう一度外出し、今度は女性が使う化粧水を購入。これはブリギッテに頼まれたもの。このホテルのまわりには各種の店があり夜9時頃までは開いているのでこんな時にはとても便利だ。

夜はまたスーパー銭湯「おふろの王様」で各種の風呂を楽しみ1時間半ほどリラックス。今夜はよく眠れそうだ。

4 thoughts on “快晴が続く東京

  1. いや~、日本を満喫されていますね。
    まさか、九州の後に東北往復されたとは。

    もう、そろそろご帰国でしょうか。残りの日本滞在を楽しまれますとともに、無事のご帰還を。

    • 今回は大いに日本の冬を満喫しました。少し寒い時もありましたが、それでも連日30度を超える夏の日々よりはいいですね。次はいつ来ることが出来るか分かりませんが,来られる時にいつでも腰を上げられるよう健康でいたいです。(^_^) そちらも現在は超多忙でしょうけれど、どうぞお身体にはお気をつけ下さい。

  2. 当地は大したことありませんが、ドイツや東欧は結構な寒さと雪のようですよ。
    デッラ=カーザとヴィシネフスカヤが相次いでそれぞれボーデン湖畔とモスクワ郊外で亡くなってしまいましたが、寒さのせいもあったのかなと思ったり。

    東京の冬は寒くてもとにかく晴れの多いのがいいですね。
    福島の冬はその点どうなんでしょう?

    多摩丘陵の上の私の実家近くからでも、冬の夕刻には壮麗なほんとに「赤富士」に近い後景が見れるので、幸せかつ摩訶不思議な気持ちになります。

    泉岳寺、大学の比較的側だったので、私も学生時代、一度思い付いて歩いて出掛けてみたことがありました。
    突然次元の違う時空に入り込むようで、楽しいですね。

    「ルノワール」、まだあるんですか。「おじさんが行くダサイイメージが定着してしまい」などと経営者自身が経済誌で語っているのを読んだもので、どうなったのかなと思っていました。
    私の頃も「見合いの後ルノワールに行くとツブれる」なんて言われてましたね(笑)。

    化粧水って日本の方がいいものがあるんですか?

    • 体力の落ちてきた老人にとっては寒い冬を超えるのが大変でしょうね。江戸時代の昔から冬は凍死者が多かったようですよ。

      福島県は太平洋岸と山沿いでは天と地ほども違います。太平洋岸は昨年の震災さえなかったら台風の襲来も殆ど無く明るい光が溢れて本当に住みやすいところでした。

      今回の滞在では新幹線の中からも素晴らしい富士を眺めることが出来ましたし、今朝も見ることが出来ています。この時期に帰国出来た幸運を味わっています。(^_^)

      泉岳寺でお墓に刻まれた俗名を読んでいくと殆どの名を知っていました。わたしたちの年代の日本人がどれほど忠臣蔵を観たり読んだりしていたのかということを改めて確認。(笑)

      わたしも姉夫婦も「昔風に落ち着ける喫茶店が無くなったね〜」と言いながら歩いていてふと目に入ったのが「ルノアール」でした。わたし自身が入ったのは多分今回が初めてだと思います。見合いの話は面白いですね!

      これまでにも何度か日本から買って帰ったのですが、妻は気に入って使っています。それで今回も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です