夕食に招かれた

9月28日(土)・曇り/最高気温14度

6時半起床。8時半頃にわが家を出発するという友人夫婦のためにいつもより早く起床。ブリギッテは6時に起きて朝食の準備を始めていた。7時に届けて貰うはずの朝食のパンが時間通りに届かずにちょっとやきもきしたけれどなんとか食事時間に間に合って結果オーライ。

土曜日はブリギッテが買い出しに行く日なので方向も一緒ということで Rosenheimerplatz まで重い荷物を持った友人夫婦を送っていく。彼たちを見送ったあとわたしも付き合わされて久し振りの週末の買い物。いったん帰宅してからブリギッテはすぐに義母を連れてまた買い物へ。

わたしは彼女が帰ってくるまでお客の使ったベッドをソファーに戻したり、家の各部屋に掃除機を掛けたり、台所の汚れ物を食洗機で洗ったりと忙しくしていた。

ブリギッテはお昼近くに帰宅。2人で簡単な昼食をとったあと並んで昼寝。彼女も昨夜は午前1時半まで付き合ったので今日は疲れているようだった。わたしはグッスリと1時間ほど眠る。

眼が覚めてからブリギッテは庭仕事を始めた。わたしはウォーキングに出ようかどうか迷った末に今日は休むことにした。ここ2日ほど就寝時間の遅い日が続いてもう一つ体調がピリッと締まらない。今夜は上の階に住む夫婦に夕食に招かれているのでその時にはシャキッとしていたい。

18時からと普通の夕食会よりは1時間ほど早い招きだったが、昼食をごく軽いものにしていたのでお腹が空いていた。出してくれたのはお手製の Schweinebraten 。奥さんがチロル出身の人なので手慣れた料理なのだろう。飲み物はもちろん Weißbier 。おいしいお肉だったのでわたしはお代わりをしてしまった。

そのあとも話題が弾んでお開きは23時過ぎ。同じアパートなので帰宅に車を運転する必要もないから、自分の家のような感覚でゆったりと楽しむことが出来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です