姉を訪問

11月15日(金)・曇り/最高気温14度(仙台)

7時半起床。泊まったビジネスホテルはこれまでの中で最低クラスだった。古くて狭く、お風呂に入ったあと栓を抜いたら配管が詰まっているのか水が排水溝から溢れてきたのには驚いた。それにしては料金が高い。ただひとつ良かったのはインターネットのスピードが速かったこと。最も今の日本ではこれが普通なのかもしれない。チェックアウトタイムの11時ギリギリまで MacBook Pro 15 を使ってから出発した。

今日は仙台駅から東北本線で30分ほど走った小さな街に住む姉(81歳)を訊ねた。この姉とは今年の4月に来た時一緒に伊藤 若冲展を観ている。外出中に階段で滑って転び腰を打ち⒉ヶ月ほど入院したというので心配していた。

これまでは駅からタクシーを使っていたのだが、ここ数日は歩いていないので10kgほどのリュックを背負って手には手提げ袋を提げてだったがかまわず歩き出した。途中でおいしそうな臭いのするラーメン屋があって客も一杯入っているのを見て食べたくなった。「こく旨ラーメン+餃子」というのを食べて再び歩き出す。

姉の住む家について最初に顔を見た印象は意外に元気そうで安心した。しかし彼女の歩く様子を見ているとやはり腰をかばってそろそろと動いている。半年ぶりの再開なのでそれほど話すこともないのだが、お互いの近況などを話したあと MacBook Pro 15 に入っていた写真の数々を見せてわが家の様子なども見て貰った。

姉は今晩わたしが泊まるものだと思っていたらしいが、明日の予定もあるので⒋時半頃に失礼した。帰り道もまた歩く。いつものことだが往路よりも短いと感じる。まあ、お土産を手渡して荷物が軽くなったこともあるのだが。

今晩泊まるホテルも駅からほど近いところにあるビジネスホテル。チェックインしてみると今回は満足する部屋の広さと清潔さだった。もちろんインターネットも完備していて速度も不満なし。

仙台まで戻ってくる車中で気がついたのだが仙台にも Apple Store はあるのだった。情報を集めてみると iPad mini Retina は店頭では買えずオンラインで申し込まなくてはならないようだ。しかし買えなくても実機を見てみたいと思って荷物を部屋に入れたあとすぐに Apple Store に向かった。

そこには新しい iPad Air も並んで置いてあって両方を見比べることが出来た。 iPad Air は確かに薄く軽くなったけれど大きさは変わらない。買うなら iPad mini Retina だなと思って店を出てきた。

ホテルに戻る前に簡単な夕食をとり、コンビニでビールを買う。ゆったりとお風呂に浸かったあとのビールはおいしかった。

2 thoughts on “姉を訪問

  1. >栓を抜いたら配管が詰まっているのか水が排水溝から溢れてきたのには驚いた。

    日本ではありえない仏の特技だと確信してました(笑)。

    • 東京オリンピックの頃に建てられたビジネスホテルはこんな感じだった記憶があります。
      いろいろなところに泊まってみて、現在のビジネスホテルは部屋の広さはそれほど変わらなくても浴室はずいぶん良くなっています。
      このホテルは例外だと思いたいです。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です