嵯峨野・嵐山を歩いた

11月28日(木)・晴れときどき曇り/最高気温10度

7時半起床。わたしが目を覚まして起き上がった時間にはもう友人夫婦は仕事で出掛けてしまっていた。そのことは昨夜寝る時に打ち合わせてあったから問題はないのだが、やはりちょっと申し訳ないような気になる。

9時半少し前に友人夫婦の家を出発して京都に向かった。ここ、野洲から京都駅まではほぼ30分ほどの距離。今日は嵯峨野・嵐山に行くことにしていた。友人が嵐山にある大河内伝次郎が作った庭を勧めてくれたのだ。京都のめぼしい観光地は殆ど経験しているのだがここはまだだった。

IMG 7451

IMG 7452

京都駅からJRに乗っていけるのでパスが使えた。11月も末で紅葉が美しい時だから電車の中は観光客で一杯。嵯峨・嵐山駅で下車してからも渡月橋までの道は行列だった。

しかし、大河内伝次郎の作った庭のあたりまで行くと混雑も解消されて自分の思うとおりに写真を撮ったりすることが出来た。

IMG 7523

少々風が強くて体感温度は低かったけれどそれほどひどいものではない。この見応えのある庭プラス抹茶一服で¥1000なのは納得。

一杯写真を撮ったあとはそこから続く嵯峨野の地に散在する「落柿社」「祇王寺」「化野・念仏寺」などを廻った。

IMG 7582

この中で拝観料を払って中に入ったのは「化野・念仏寺」だけ。(¥500)というのはこのお寺の記憶がかなりあやふやだったから。やはり記憶とはずいぶん違っていて、その点を再確認出来て良かった。午後⒋時過ぎに嵯峨野をあとにして京都に戻る。この時点で歩数はすでに10,000歩を超えていた。

京都駅に着いてから今度は街歩き。まずは三十三間堂まで歩きそこから京都美術館へ。その角を左に曲がって清水寺への坂を右手に見て河原町方向へ向かう。京都の町は碁盤の目のように道が整備されているので迷う心配がないのが嬉しい。

南座の向かいにあるお店に入り「にしん蕎麦プラスチリメンジャコ飯」をおいしく食べた。京都の出し汁は関東とは違って薄い色だが、わたしはどちらも好きだ。そこから京都タワーを目標に歩いて京都駅にたどり着いた時には歩数計も20,000歩を超えていた。さすがにちょっと疲れた。

友人宅には19時少し過ぎの到着。今夜も話が弾んだけれど彼たちはまた明日が早いというので22時過ぎのお開き。

3 thoughts on “嵯峨野・嵐山を歩いた

    • 昨日からまた東京に戻っています。東京はやはり暖かくて明るいですね。
      今回は本当に美しい紅葉を見せて貰いました。良い想い出になります。(^_^)

  1. さすがに紅葉素晴らしいですね。
    嵯峨野に行ったのはもう30年近く前で、何を訪ねたのかさえ思い出せません(笑)。

    生臭拝観料500円・1000円は高いと思いましたが、円安・ユーロ高の今、3.8ユーロ・茶付きで7ユーロと換算すれば値ごろ感がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です